ヤリスクロス レヴォーグ スイスポ…庶民のための「スーパーなカー」10選


 自動車専門メディアで「スーパーカー」といったら0.2秒でフェラーリやランボルギーニなどを思い浮かべるだろうけれど、ちょっと待ってほしい。「スーパーなクルマ」ということであれば、別の意味だってあるはず。もっとこう、ぐっと身近な感じな「スーパー」があるはずだ。

 そう、本稿で取り上げるのは、スーパーマーケットに似合うクルマである(なにが「そう」なのかは今は置いておいてほしい)。

 スーパーへの買い出しも多くなるコロナ禍だが、そう、せっかくだから1ランク上のスタイリッシュな買い物はどうだろう(なにが「そう」なのかは以下略)?

 これで駐車場へ乗りつければ注目を集めること間違いなし! のスーパー(な)クルマたち10台をご紹介!!!

※本稿は2021年1月のものです
文/岡本幸一郎、西川 淳 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】ヤリスクロス レヴォーグ タフト…毎日を1ステップレベルアップしてくれる10台+3台をギャラリーでチェック!!!


■コンパクトでもシャレた毎日になるスーパー(な)カー

 スーパーの狭い駐車場でも持て余さないコンパクトなサイズながら、見栄えもかなりいい感じで、老若男女を問わず絵になるクルマたちがコレらだ。

 ヤリスクロスは、ヤリスと言いながらも見た目も中身もぜんぜん違うクルマ。トランクはかなり広いし、このクラスで初めて電動テールゲートが付いたのもポイント。

トヨタ ヤリスクロス

 だからスーパーで買ったものを積む時、隣に電動テールゲートが普通に付いてる高級車が並んでいても引け目を感じることはない。逆に同程度のクラスで付いていないクルマに対しては、優越感にひたれるってもんだ。

 次なるMX-30は観音開きドアだ。あえてコッチ側を開けてリアシートに荷物を積むと、これまた注目の的! ついでにめっちゃオシャレなシートやコルクなど、新感覚素材を駆使した独特のインテリアも見せびらかしちゃおう。

マツダMX-30…下で紹介しているクラブマンともども、スーパーの駐車場でドアを観音開きして、視線を独り占めしましょう

 観音開きといえば、MINIのクラブマンのテールゲートもそうだ。MINIはどのモデルでも目にしたすべての人に「オッ、MINIだ」と思わせる力を持つ。その魅力のままに、クラブマンなら荷室がけっこう広く実用性も高いからスーパーでも心強い。

MINIクラブマン

 全高が低くて立体駐車場にも問題なく収まるのも強み。平置き駐車場が空くのを待つ必要がないので、やっぱり車高は低いにこしたことはない。改めて納得!

 そして、車高が低いスーパーカーで、今もっともホットなのがレヴォーグだ。ちょうどCOTYを受賞して間もないタイミングなので注目度も高いし、このちょっとイカツくなったデザインはけっこう目立つ。

スバル レヴォーグ…レヴォーグなら1週間分の食料の買い出しもOK

 荷室のフロアが低くて奥行きもタップリあるので大量に買い込んでもラクラク積める。スーパーで最強なのはやはり「ワゴン」だよね。

■隣町まで走りたくなるスーパーカー

 スイフトとフリード。どちらも実用車としてはよくできているけど、ノーマルのままではちょっと物足りない。

 ところがスペシャル版になると話はまったく別。小さくても存在感は大きくて、走りが楽しいので、つい隣町のスーパーまで買い出しに行きたくなるほど。

 ノーマルは街中で見かけてもスルーして印象に残らないけど、おすすめする2台は専用装備が与えられた外観で特別感が満点。この外観こそ、まさしく内に秘めた実力の表れ。スーパーの駐車場でも目立つことウケアイ。

 まずはスイスポ(スイフトスポーツ)。レスポンスがよくて低回転から力強いターボエンジンは、このクルマの持ち味。貴重なMTが選べるのも大きな特徴だ。

スズキ スイフトスポーツ…現行モデルになり、荷室がかなり広くなったスイスポ。走る楽しさはMTだが、スイスポにはATもある。奥様、お母さん、これでスーパーへ行きませんか?

 旧モデルではかなり狭かった荷室も、現行型は不便さを感じないほど広くなっている。広いからついスーパーで買いすぎる……だけはご用心ね。

 一方のフリードはスーパーの駐車場のような場所でこそ真価を発揮する、まさしく“ちょうどよい”手ごろなサイズ感と車内の広さが武器だ。

 ただしノーマル車はいささか華がない感じがするのは否めず。クロスターもなかなか面白いけど、フリードにはもっと目を向けるべき存在がある。

 モデューロXだ。実効空力デバイスや専用チューンの足まわりが効いて、ごく普通に街中を走るにも、正確なハンドリングが楽しめる。

ホンダ フリード モデューロX…隣町のスーパーどころか、少し離れた場所の産直野菜市場へも行きたくなるスタイルと走り

 ちょっと離れたお店に行くのもぜんぜん苦にならないどころか、走ることそのものが楽しいので、あえて遠いお店まで行きたくなってしまうほど。

次ページは : ■アンチまとめ買い派向けスーパーカー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ