セルシオがレクサスになった功罪 「トヨタ最高級車」はどこへ向かう!?


 セルシオとレクサス LS。両車は日本と北米で、絶大な評価を受けたクルマだ。

 しかし、2005年にセルシオが(国内で)LSへ統合されたのを境に、国内外の評価が大きく変わった。販売現場やユーザーからは、「なぜセルシオを無くしたのか」という声が今も聞こえてくる。

 セルシオがLSになり何が変わってしまったのか。元トヨタディーラー営業マンであり、元レクサスセールスコンサルタントの筆者が、この問題を紐解いていく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】トヨタ最高級車の歴史!! セルシオ&レクサスLS 全歴代モデルを見る


■輸入車への流出止めた! エース「セルシオショック」とトヨタの混乱

1989年登場の初代セルシオ。当時のバブル経済の後押しもあり、販売台数を順調に伸ばしていった

 セルシオは1989年にデビューした。当時のバブル経済が後押しし、好調に販売台数を伸ばす。1994年には円高により、LSが北米での競争力を下げたことに起因し、セルシオもモデルチェンジを迎える。

 2000年、北米起因だった2代目とは対照的に、日本市場を中心に考えた3代目を発表、再び人気に火を付けた。

 バブル初頭、トヨタ販売店ではクラウンユーザーの流出が止まらなかった。クラウン以上のドライバーズカーが見当たらず、BMWやメルセデスなどへクラウンオーナーが流出する。セルシオは、輸入車に流出したクラウンオーナーをトヨタへ引き戻す原動力となったのだ。

 トヨタ販売店の、セルシオに対する評価は高い。輸入車へ流出したオーナーを呼び戻したセルシオは、トヨタ店の救世主だったと、当時を知る営業マンは口々に語る。

 2005年、レクサスの国内開業が決まり、セルシオは姿を消した。同時に、トヨタラインナップの頂上は空席となる。当時はクラウンマジェスタが代わりにトップを担うが、その後マジェスタも廃止され、現在はクラウンが、再びその座に戻ることとなった。

 メルセデスやBMWにも負けないトヨタブランドを作ったセルシオだが、セルシオの力を信じ始めた矢先にドロップアウトし、トヨタ販売店は混乱している。その原因となったのが、レクサスの導入だっただけに、「トヨタの最上級」とは何なのだろうかという疑問が沸いてくる。

 クラウンなのか、LSなのか、それともセルシオだったのか、トヨタ販売店には明確な答えが届かないまま、気づけば16年の歳月が経過していた。

■現場で生まれた問い「レクサスLSは“どの国の”クルマなのか」

レクサス LSが日本に登場したのは2005年の4代目から。セルシオに変わって登場したという経緯が後々まで違和感を残す要因となった

 日本の上質なサービスと、静粛性という新たなクルマの価値を提案したレクサスは、北米で大成功を収めた。特に初代LSはレクサスブランドのフラッグシップとして、北米レクサスの基盤を作り上げた功労者だ。

 北米では飛ぶ鳥を落とす勢いのLSが、セルシオに変わって2005年から日本で販売された。4代目LSの登場から、レクサスとLSの雲行きが怪しくなっていく。気づけば国内では「セルシオと何が違うのか」と問われ続け、海外からも初代LSのような驚きの声が、上がらなくなっていた。

 筆者は、レクサスの営業マン時代、「LSはいったいどこの国のクルマなのだろうか」と、考えることがあった。常にライバルと言われるBMW・メルセデスに意識を置くLSは、日本ではなく、海外に合わせて改良を重ねているように感じた。

 これはLSのボディサイズの変遷が物語る。初代から3代目までは全長4995mm(3代目後期は全長5015mm)、全幅1830mmに収まっていたが、4代目には全長が5090mm(ロング5210mm)になる。極めつけの現行型では5235mmと先代のロングボディよりも全長が長くなった。

 5代目発表当時、筆者が既存のLSオーナーに新型への乗り換えを勧めに行くと、「駐車場に入らない」、「そこまで大きくなるならいらない」という言葉を多く耳にした。日本のLSオーナーは、こんなにも大きなLSを望んではいなかったように思う。

 セルシオがなくなった今、LSは北米や海外へ向けたモデルではない。日本のフラッグシップセダンなのだ。日本のユーザーは、きっと母国である日本で、セルシオのようなクルマになることを、LSに望んでいるはずだ。

 北米モデルLSの名を継承したことが原因なのか、現在も輸入車のような振る舞いを、LSから感じてしまう。

次ページは : ■「LSはセルシオだよね」ユーザーの声が示す方向性

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ