大迫力のビッグスケールモデルの最新作!!「西部警察RS-1」がデビュー


 昭和の時代に「史上最強のスカイライン」といわれていたモデルを覚えているだろうか。

 1983年2月に登場した、スカイライン2000RSターボだ。1990ccの直4 DOHCエンジン「FJ20型」にターボを追加し、最高出力は190ps/6400rpm、最大トルクは23.0kgm/4800rpm。昭和の名車として、強く記憶に残っている方は多いだろう。

 その史上最強のスカイラインを、さらに高度にチューンアップした、(とされる)モデルが、当時大人気だったアクション刑事ドラマ「西部警察」に登場した、「RS-1」だ。

 そしてなんと、2021年2月、そのRS-1の8分の1スケールモデルがアシェットの定期購読シリーズに登場、当時を知る40代以上のファンの胸を熱くしている。

 石原プロモーションおよび日産自動車の監修のもとで手掛けられ、劇中で活躍した多彩なギミックを再現、西部警察ファンにとってはたまらない仕上がりとなっているようだ。

 筆者も、この手の8分の1スケールモデル制作をコンプリートした経験があり、今回のRS-1についても、興味をもっていたところ、本稿執筆の依頼を受けた。

 アシェット・コレクションズ・ジャパンより刊行の週刊「西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる」の魅力を、余すところなくご紹介する。

文/吉川賢一、写真/アシェット・コレクションズ・ジャパン

【画像ギャラリー】団長!! これはすごいマシンです!! 亜鉛ダイキャストの重量感も嬉しい西部署装備のRS-1を詳しく見る


■「史上最強のスカイライン」を、高度にチューニングした「RS-1」

アシェットの定期購読シリーズとして登場した「西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる」。8分の1スケールダイキャストモデルは今にも動き出しそうな存在感だ

 西部警察の見どころのひとつとなっていた、数々のカスタムカーたち。

 なかでも、西部警察パートIIIに、RS-2、RS-3とともに登場した、特別機動車両の「RS-1」は、テールからアフターバーナーを噴いて急加速し、敵車を追走、ルーフに搭載した2連装機銃で敵車を駆逐していくシーンなどが印象的で、注目度の高かったクルマだ。

 「RS-1」では、この「史上最強のスカイライン」を、さらに高度にチューンアップ。最高出力280ps、最高速は250km。ゼロヨン(0-400m加速)は13.5秒という高性能を誇っていた(という設定だった)。

 ベストカーがかつて実施していたゼロヨンテストによると、1980年当時、国産車最速だったフェアレディ280Zの記録は16秒43。その3年後、サバンナRX-7が14秒台に入り、1992年にはR32のVスペックが12秒58を記録している。1983年の時点で13秒台は、「めちゃくちゃ速かった」のだ。

■各種ライト点灯のほか、転舵も可能!!

もちろんドアやボンネットなどは開閉可能。赤色灯やヘッドライトはRS-1を忠実に再現している。またステアリングホイールと前輪は繋がっており、転舵が可能だ

 当のスケールモデルだが、ボディサイズは575×208×170(全長×全幅×全高)mmとかなりデカい。

 素材は、亜鉛ダイキャストがメインであるため、出来上がったときの重量感もハンパない。筆者が取り組んだスケールモデルの完成品は、約10kg。だが、この重量感は「満足感」にもつながっており、重要な要素のひとつである。

 前述したように、RS-1はギミックの数が多い。具体的には、ヘッドライト、フロントグリル内ライト、丸型赤色灯、方向指示器&ハザードランプの点灯ができる。また、ステアリングホイールと連動してフロントタイヤが転舵し、ボンネットとトランクフードも開閉可能だ。

 インテリアでは、助手席位置の各種ボタンや計器類が点灯、点滅する。また、無線機の受話器までもが再現されているのは見逃せない。

 さらには、専用リモコンによる操作で、エンジン音が鳴り響き、アフターバーナーが点灯したり、パトランプの光とサイレンが鳴り、極めつけは、ルーフから単装20ミリの機関砲2門が自動でせりあがる。ファンにとってはたまらない演出だ。

次ページは : ■組み立てはやや難しいが、それだけに醍醐味がある

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ