「西部警察RS-1」がデビュー!! 8分の1スケールモデルの最新作に登場


■組み立てはやや難しいが、それだけに醍醐味がある

組み立てはやや難しいが、組立指示書は分かりやすいので戸惑うことはないだろう

 組み立てはもちろん、ユーザー自らが行うことになる。ボルトオン(ネジだけで完成)ではなく、接着剤も使うよう指示されているので多少難しいが、それでも、分かりやすいマニュアルが付いてくるので、迷うことはないだろう。

 2年近い年月をかけて、一か所ずつ組み立てていくのには根気が必要だが(筆者も途中で挫けそうになった)、だからこそ、完成したときの満足感はひときわだ。

 第1号は「ボンネット制作」。どこに使うのか分からないパーツの配布回は、若干、気分が萎えることもあるが、ボンネットのような、面積が大きなパーツは作っていて楽しい。また、定期購読の特典は、1.特製パーツボックス+マグカップ、2.キーホルダー+スペックプレートの2段階が予定されている。

■「オリジナルディスプレイケース」も是非!!

専用ディスプレイならではのジャストフィット感は満足度が高い

 また、この手のシリーズで必ず手に入れてほしいのが、ディスプレイケースだ。塗装がキレイすぎるため、静電気が発生しやすく、すぐに埃だらけになってしまうからだ。また、本体のサイズが半端なく大きいので、置き場所にも困る。

 専用のディスプレイケースがあれば、埃避けになる上に、ケースの上にも小物を置くことができ、陳列効率が上がる。

 4号以降で毎号の支払いに250円(税込み)ずつプラスする「プレミアム定期購読」を選ぶことが必要となるが、あとで困らないよう、必ず手に入れることをお勧めする。このサイズのクリアケースだと、別売で探すとかなり高い。

●付録もアツい!!

各号に付いてくる付録冊子も読み応えじゅうぶん。資料としての価値も高い

 魅力はまだまだある。毎号についてくるマガジンコンテンツには、「RS-1」や西部警察のスーパーマシン軍団を、多くの写真で解説する「スーパーマシン・メカニクス」が。

 さらに、大門軍団の活躍がすべてわかる「西部警察ストーリー」、制作秘話を知ることができる「スタッフインタビュー」など、西部警察ファンにはうれしいコンテンツが豊富に詰め込まれている。

 ぜひとも、この付録冊子もコレクションし、完読していただきたい。筆者もこの冊子の中身が毎号楽しみだった。これまで知らなかった情報が、きっと得られるはずだ。(ちなみに今後、特製バインダーも登場する)

 現在(2021年4月10時点)は、第9号まで登場しており、第100号の出るのは2023年1月4日だという。

 創刊号は税込299円、2号以降は通常税込1,999円。総額20万円弱になる見込みだ。これを「高い」と捉えるか、「安い」と捉えるかは人それぞれだが、あとで後悔しないようにはしてほしい。

 即時、購読を始めても良し。バックナンバーを集める手もあるが、在庫がなくなると販売を終了する号が出る可能性もあるので、始めるなら早めがいい。本稿を仕上げて、筆者も本格的に購読の検討を始めるべく、まずは陳列場所を確保のため、棚の整理から始めようと思う。

【画像ギャラリー】団長!! これはすごいマシンです!! 亜鉛ダイキャストの重量感も嬉しい西部署装備のRS-1を詳しく見る