レクサスLF-ZはEVのSUV世界一か? 544馬力のEVのスーパーSUV発表


 シティクロスオーバー「UX300e」の投入で、EV市場に本格参入を開始したレクサス。2019年に発表した電動化戦略「Lexus Electrified(レクサスエレクトリファイド)」に続いて、その電動戦略を加速させるべく、2021年3月末に新しいEVコンセプト「LF-Z Electrified(LF-Zエレクトリファイド)」を発表した。

 あくまでコンセプトカーであるが、ゼロからEVの理想を追求したモデルであり、エンジン車にも劣らないどころか、それを上回る高性能なスペックが与えられているのが特徴だ。

 そこで、現在市販されているEV、もうすぐ登場が予告されている最新EVと比較し、「LF-Z Electrified」の実力に迫る!

文/大音安弘
写真/レクサス

【画像ギャラリー】レクサスのスーパーSUV、レクサスLF-Zエレクトリファイドはこんなに凄かった!


レクサスが発表したEVのスーパーSUV降臨

レクサスは2021年3月30日、EVコンセプト「LF-Z Electrified」を世界初公開した
クーペのような伸びやかなスタイリング。ボディサイズは全長4880mm×全幅1960mm×全高1600mm
近未来的でスポーティな印象のコクピット
最高出力は400kW(544ps)/700Nm(71.4kgm)、バッテリー容量は90kWh。航続距離は600km、0-100km/h加速は3.0秒とスーパーカー並みの高性能を発揮する

 2021年3月30日に世界初公開されたEVコンセプト「LF-Z Electrified」は、レクサスの電動化戦略の方向性を示すだけでなく、次世代のレクサスを象徴する存在として紹介された。

 見た目は、クーペSUVとして仕立てられ、かなりスポーティな装いをしている。その伸びやかなスタイリングは、全長4880mm×全幅1960mm×全高1600mmとミッドサイズに収まるもので、日本車としてはやや大きめだ。

 特筆すべきは、その性能で400kW(544ps)/700Nm(71.4kgm)の高出力モーターと90kWhの大容量バッテリーの搭載をしていること。これにより、エンジン車並みの航続距離600km(WLTP)、0~100km/h加速が3.0秒と、一級スポーツカーと競えるものが与えられるという。見た目はSUVだけど、その走りはスポーツカーというわけだ。

 そのスポーティな走りを支える新技術「DIRECT4」の採用も大きなトピックで、自在な制御を可能とするモーターの強みを活かし、人の感性に寄り添った車両制御を行うという。

 このため、走行状況に合わせて、駆動方式がFF、FR、AWDなど適切な駆動方式を選択される。またステアリングもバイワイヤーとすることで操作の質感やダイレクト感も強めるようだ。

 新たなEVの走りの魅力を提案すると思われる「LF-Z Electrified」の最大のライバルは、日産アリアだろう。スタンダードなSUVスタイルで、高性能バージョンのモーター性能でもLF-Z Electrifiedよりも低い290kW/600Nmに留まる。

 しかし、注目すべきは、日産が新開発したAWD「e-4ORCE」の存在だ。「e-4ORCE」は、日産の4WDシステム「アテーサE-TS」などの開発知見が活かされたEV専用システムだ。

 前後トルク配分が通常時は50:50だが、路面状況や走行シーンに応じて0:100~100:0まで自動的に最適な配分に変更。

 さらに減速時は、前後モーターによる回生ブレーキと4輪の油圧ブレーキを組合せて制御することで、コーナリング性能を向上させている。

 実際に、テスト車に同乗したことがあるが、加減速に影響されにくい安定した姿勢制御や鋭いコーナリングには驚かされた。レクサスの新しい4WDの同じような狙いがあると思われるが、より高い性能のモーターとバイワイヤーのステアリングという武器を加え、どのような味付けにしてくるのか、大いに期待だ。

世界のライバルとどう違うのか?

日産はEV専用AWDシステム「e-4ORCE」を開発し、2021年6月に発売予定の新型アリアに投入する。65kWh仕様の2WDは160kW(217ps)/300Nm(30.6kgm)、もっともハイパワーな90kWh仕様の4WDは290kW(394ps)/600Nm(61.2kgm)
2021年4月6日、アウディジャパンはeトロンGT クワトロ(Audi e-tron GT quattro)/RS eトロン GT(Audi RS e-tron GT)のオンライン発表会を開催し、2021年秋に国内市場で販売を開始することを明らかにした。車両価格はeトロン GT クワトロが1399万円、RS eトロン GT(写真)が1799万円

 開発中のものまで含めると、ここ数年間には、高性能なEVが続々と登場する予定だ。アウディは、ついにRSモデル「Audi RS e-tron GT」まで発表している。そこで代表的な高性能EV(発売予定を含む)とレクサスLF-Z Electrifiedを比較してみた。

LF-Zとライバル車のスペック比較表
鷹の翼のように開くファルコンウィングドアが目を引くモデルX。ボディサイズは全長5037×全幅2070×全高1680mm。3モーターAWD搭載の最速グレード「Plaid」の航続距離は547km、0-100km/h加速は驚異の2.6秒
ポルシェの電気自動車、タイカンの最上級モデルであるターボS。航続距離は412km、ブーストモード使用時の0-100km/h加速は2.8秒

 1000psを超えるテスラ モデルXはさておき、新たなスポーツEVの代表となるタイカンのトップグレード「ターボS」と比較しても、LF-Z Electrifiedは、なかなか高性能であることがわかる。

 特にSUVのなかでは、ズバ抜けた高性能車を目指しているようだ。これもレクサスでもマスタードライバーを務める豊田章男氏の示す「もっといいクルマ(楽しいクルマ)」を追求する志の表れなのだろう。

 しかも高い走行性能とロングレンジとなる航続距離を両立している点も見過ごせない。おもてなしを大切にするレクサスだけに、快適な移動環境を提供しながら、どれだけの航続距離をキープできるのかも気になるところだ。

 トータルバランスを見ても、まさにLF-Z Electrifiedは、そのスタイリッシュなデザインに偽りなく、性能能面でもSUVとスポーツカーのクロスオーバーを目指すことがスペックからも読み取れる。

 あくまでコンセプトEVなので、このまま実車投入されるわけではないが、これはレクサスがあらゆる面で諦めないEVを目指していることを世界に示すものといっても過言ではない。

レクサス初のEV「UX300e」。最大出力204ps、最大トルク30.6kgmを発生するモーターを搭載。パワフルなモーターにより、0~100kmh加速は7.5秒、最高速は160km/h

 レクサスの第一弾EV「UX300e」は、バランス重視の都市型モデルとしたのに対して、第2弾EVは、これぞレクサス!という高性能EVが発表されるだろう。

 それは、2019年の電動化戦略とともに発表された「LF-30 Electrified」が掲げたスペックとの比較でも、着実にEV技術が磨き上げられていることを証明している。

次ページは : 市販型の発表は2021年秋の東京モーターショー、発売は2023年か