「エコ」なんか知るか!! わが道を突き進む世界の超極悪ハイパーカーたち


 スーパースポーツカーは、いつの時代もクルマ好きの心をくすぐるもの。しかしながら、近年はBEV(=Battery Electric Vehicle=バッテリー動力のみで駆動するEV)やプラグインハイブリッドのようなエコカーでないと許されないような雰囲気になりつつあり、大排気量スポーツカーは、残念ながら徐々に減っています。

 しかし、世界には、いまでもハイパースポーツカーを出し続けているメーカーがあります。今回は、我が道を突き進むハイパースポーツカーたちを5台ご紹介。クルマ好きをときめかせるスーパースポーツカーばかりだ。

文:吉川賢一
写真:Lamborghini、Aston Martin、Bugatti、McLaren、Pagani

【画像ギャラリー】本稿未掲載写真あり!! 世界の極悪ハイパーカーたちを詳しくみる


ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオEVO2

 「ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVO2」は、ランボルギーニのモータースポーツに特化した部門「Squadra Corse(スクアドラ・コルセ)」が、2022年から世界3大陸で行う、ランボルギーニのワンメイクレース用レーシングカーの新バージョンとして、2021年5月26日に発表した最新のレーシングカーだ。

 排気量5.2リッターのV型10気筒NAエンジンを搭載し、620ps/570Nmを発生するモンスターマシンで、スーパートロフェオEVOに対し、フロント周りを大幅に変更。新たなヘッドライトや、オメガ形状のスポイラーなどが採用されている。

 ちなみに、今後数年のうちに登場する、ランボルギーニの市販車へ導入されるデザイン要素を先取りして取り入れている、とのことだ。車両価格は25万ユーロ(約3300万円)。

最高出力620 ps/570Nmを誇る5.2リッター V10自然吸気エンジンを搭載。6速シーケンシャル・トランスミッションと組み合わせている

パガーニ ウアイラR

 イタリア北部モデナに本拠地を置く、ハイパースポーツカー・メーカーであるパガーニ・アウトモビリ。そのパガーニが2021年3月に発表したのが、「Huayra(ウアイラ)」のハイパフォーマンス版「ウアイラR」だ。

 サーキット専用マシンとして登場したこのウアイラRは、世界限定30台の生産量で、価格は260万ユーロ(日本円でおよそ3億4000万円)とアナウンスされている。

 排気量6.0リッターのV12自然吸気エンジンは、最高出力850ps、最大トルク750Nmを発生。エアロダイナミクスも練りに練られており、大開口のフロントインテークや、ボンネットに空いたエアアウトレット、大型のサイドアウトレット、フラットにした床下とリアディフューザー、専用リアウィングなどによって、320km/h走行時にはなんと1000kgのダウンフォースを得るという。

 ボディ全体がカウルで覆われてはいるが、現代のF1並みの空力モンスターマシンだ。

最高出力850ps、最大トルク750Nmを発生する、6.0リッターV12自然吸気エンジンを搭載。車両は1050kgと超軽量だ

次ページは : アストンマーティン ヴァンテージF1エディション

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ