「エコ」なんか知るか!! わが道を突き進む世界の超極悪ハイパーカーたち


アストンマーティン ヴァンテージF1エディション

 アストンマーティンのF1復帰を記念し、F1の公式セーフティカーとしても登場するのが、このヴァンテージF1エディションだ。

 重量配分は50:50、アルミニウム製のボディ構造で、乾燥重量(ガソリンやオイルを抜いた機械の重さ)は1570kg。車重はちょっぴり重たいが、4.0リッターのV8ツインターボエンジンの猛烈なパワーで軽々と走らせる。

 このエンジンは、ベースのヴァンテージに対して最高出力は25ps増の527ps、最大トルク685Nmを発生。ZF製 8速オートマチックトランスミッションの組み合わせで、最高速度は314km/h、0-100km/h加速は3.6秒を誇る。F1チームからインスピレーションを得たという、独自のエアロダイナミックボディキットを備えている。

 車両価格は14万2000ポンド(約2200万円)。F1の公式セーフティカーとしても登場するというから、わりと目にする機会のあるスーパーマシンかもしれない。

最高出力527ps/最大トルクは685Nmを発生する、4.0リッターのV8ツインターボエンジンを搭載。アストンマーティンのF1復帰を記念したマシンで、F1の公式セーフティカーとしても登場する

ブガッティ ラ・ヴォワチュール・ノワール

 1100万ユーロ(約14億円)という、もはや異次元の価格で登場したのが、ブガッティの「ラ・ヴォワチュール・ノワール」だ。ブガッティ設立110周年を記念し、同社のシロン(約3億円)をベースに、ワンオフモデルとして製造される。ちなみに、「La Voiture Noire」とは、フランス語で「黒いクルマ」という意味だ。

 排気量8.0リットルW16気筒4ターボエンジンをミッドシップする。最高出力は1500ps(1103kW)、最大トルク1600Nm(163kgm)もの数値をたたき出す。宙を舞うモンスタートラックと同じようなパワーだ。

 ブガッティによると、このクルマをいよいよ顧客へむけて出荷するという。世界には、クルマへ14億円も出せる顧客がいるということだ。

最高出力1500ps(1103kW)、最大トルク1600Nm(163kgm)、8.0リットルW16気筒4ターボエンジンをミッドシップする。0-100km/h加速は2.5秒、最高速は420km/hでリミッターが働くという

次ページは : マクラーレン アルトゥーラ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ