昔は「白」だった!! パトカーの白黒パンダカラーはいつから始まった


 パトカーといえば、日本では白と黒の「パンダカラー」がお馴染みだ。白黒ツートンのクルマをみかけるだけで気が引き締まる条件反射は、日本のパトカーデザインの長い歴史があるからこそであろう。

 だが、実は日本のパトカーのカラーリングは、もともとは白色だったことをご存じだろうか。「パトカーのルーツ」についてご紹介していこう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:AdobeStock_jaraku
写真:有村拓真、ベストカー編集部、写真AC、AdobeStock

【画像ギャラリー】レクサスLC500から日産デイズまで!! 日本のいろいろなパトカーをギャラリーでチェック!!


原点は、米国のパトカー

 警視庁の広報資料によると、日本でパトカーのはじまりは、昭和24年(1949年)1月の浅草署でのこと。第二次世界大戦後で大混乱していた当時は、日本でも強盗やひったくり事件など治安が非常に悪かったそう。

 そこで、当時の自治体警察が、米軍の払い下げのクルマのボディに「移動警察」とペイントをして、試験的に導入したのが日本におけるパトカーのはじまりだそうだ。その後、昭和25年(1950年)6月に米軍からオープンカーを譲り受け、動く交番「パトカー」が登場した。

 しかし当時、日本で生産されていたクルマは、そのほとんどが白一色のボディだった。そこで、パトカーであることがすぐに分かるよう、米国のパトカーのカラーリングを参考にして、白と黒のツートンカラーとした。これが現在の「パンダカラー」の原点となった。

 その後、昭和30年(1955年)には、このツートンカラーが全国的に統一され、今のパトカーのカラーリングに定着したようだ。

1930年代の米国のパトカーのレプリカ。このクルマをベースにしたか否かは分からないが、なんとなく似ている (PHOTO:AdobeStock_ icholakov)

米国では、さまざまなカラーのパトカーが

 なお、連邦制の米国では、各州の警察、市警察、郡警察といったように、それぞれ自治体独自の組織を持っており、現在では、パトカーのカラーリングもさまざまある。西側のカリフォルニア州では、白と黒のツートンカラーのパトカーだが、東側のニューヨークでは、白地にブルーのラインとNYPDのロゴ入りパトカーなど、全く違う。車種もセダンからSUV、ピックアップトラックまで色々だ。

 もし1950年当時に日本が真似た米国のパトカーが、今とは異なるカラーリングだったら、日本のパトカーは違うものになっていただろう。

マイアミのパトカー。POLICEと書かれていなければ、タクシーのようにも見える(PHOTO:写真AC_ 丸岡ジョー)

次ページは : <余話>R35 GT-RやNSXのパトカーがあるのはなぜ!?

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ