いよいよ新型Z登場!!日産が宣言した全12車種を一気に振り返る!!

いよいよ新型Z登場!!日産が宣言した全12車種を一気に振り返る!!

 昨年2020年5月に行われた、「2019年度決算・事業構造改革計画発表記者会見」で明らかとなった、「(会見当時から数えて)今後18カ月以内に投入する12車種」の存在。

 実際に日本市場でも、キックス、新型となったノート、アリア、そしてノートの派生車として、オーラやオーラNISMOが登場もしくは発表となっている。

 今後も新型フェアレディZをはじめ、新型エクストレイル、そしてこの「12車種」のなかにはないが、先日軽EVの投入も発表されるなど、それまで何年も国内に新モデルを出してこなかった日産とは思えない勢いで、新モデルを登場させている。

 会見から15か月たったいま、その12車種「A、A、F、K、N、N、P、Q、R、T、X、Z」がどうなったのか振り返ってみよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】「NISSAN NEXT」で発表されていた12車種、それぞれの新モデル


A=アリア(2020年7月ニューモデル発表)

 前後に1基ずつ、高出力電動モーターを搭載するツインモーター四輪制御システム「e-4ORCE」が注目のクロスオーバーEV「アリア」。66kWhバッテリー搭載車(B6)と、91kWhバッテリー搭載車(B9)それぞれに、2WDとAWD(e-4ORCE)があり、計4グレード構成となる。

 それぞれのグレードに、日本専用予約注文限定車の「Limited」仕様が設定され、2021年6月、予約注文が開始となった。なお、日本市場が最速発売国であり、その後に、アメリカや中国で販売する予定だという。世界に先駆けて、日本で発売となったことは、喜ばしいことだ。

全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mmというボディサイズは、マツダCX-5に近いサイズ感。ホイールベースは2775mm。前後のオーバーハングが短く、クーペルックのSUVスタイルとなる

A=アルマーダ(2020年12月ビッグマイナーチェンジ)

 北米市場向けフルサイズSUVである「アルマーダ」。インフィニティの「QX80」や、中東地域で販売している日産パトロールと姉妹車であるアルマーダは、全長5305mm×全幅2030mm×全高1925mmで、5.6L V8 NAエンジンを搭載し、4WDと後輪駆動が用意されている。

 2020年12月のビッグマイナーチェンジで、フェイスチェンジがなされており、コの字型のヘッドライトになったことで精粋さが増した。リフレッシュしたエクステリアとタフな走りは、まさにアメリカ人好みだ。

アルマーダは、走破力と頑丈さがウリのフルサイズSUVだ。北米では、ライバルであるトヨタランドクルーザーと同価格帯で販売されている

次ページは : F=フロンティア(2021年2月モデルチェンジ)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ