『MFゴースト』アニメ化記念 総額2億円 世界のスポーツカー8台が音声収録のためJARIテストコースに大集結!【VOL.1】


 しげの秀一原作『MFゴースト』(講談社『ヤングマガジン』連載中)の2023年TVアニメ化が決定した。

 『MFゴースト』は『ヤングマガジン』にて1995年から2013年まで連載され“公道最速伝説”を描いた『頭文字D』の近未来の世界観を受け継ぎ、86を中心にGT-Rやポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニなど世界各国のスポーツカーが、実在する公道でのカーレースバトルを描いている。

 2022年1月4日には『MFゴースト』のアニメ化を記念し、ティザービジュアルが公開された。

 さらに特報PVも公開。この特報PVには本作のアニメ化にあたり、実車を使用した音声収録を実施。特報映像内に登場するそれぞれのクルマには生の収録音が反映されており、もちろん今後、アニメに登場するクルマにも実際の走行音や効果音が使用される予定。

『MFゴースト』アニメ公式HP

『MFゴースト』アニメ公式Twitter

 『MFゴースト』アニメ化にあたり、実車の音声収録が2021年12月某日、JARI(日本自動車研究所)城里テストコースで行われるというので、ベストカーwebが同行取材! 

 当日、音声収録のため、JARI城里テストコースに集められた国内外のスポーツカーは計8台、総額約2億円に達する。

 第1回は日産GT-R NISMOとポルシェ911GT3(991型)の2台について、テストドライバーを務めた武井寛史氏によるインプレッションをお届けしよう。

文/プリウス武井
写真/森山良雄 小林邦寿 
音声収録メイキング動画/音速ムービーズ
撮影協力/講談社、エイベックス・ピクチャーズ、BLITZ
車両協力/ポルシェ718ケイマンS:BEAVERS(ビーバーズ)、ロータスエキシージS:オーセンティックカーズ、フェラーリ488GTB:ロペライオ、 ランボルギーニウラカンSTO:ランボルギーニ・ジャパン
©️しげの秀一・講談社/MFゴースト製作委員会

【画像ギャラリー】『MFゴースト』2023年アニメ化決定 ティザービジュアルショットを見る!!(37枚)画像ギャラリー

■JARI城里テストコースにて本物の車両を使った音声収録が行われた

 音声収録当日は、『MFゴースト』に登場するクルマのドアの開閉音から、実車のエンジン音、エキゾーストノート、加速シーン、ブレーキングなど多岐にわたって、車外、車内から音声を収録した。

 こうした実車の走行音を使用することで、CGで描かれたクルマの迫力が増す臨場感溢れる映像となり、リアル感がビシビシ伝わってくるのでクルマファンとしては嬉しいかぎり。

 世界のスポーツカー計8台をドライブしたのは、レーシングドライバーの武井寛史氏。レーシングスーツに着替えて音声収録がスタートした。

2021年12月某日、茨城県にあるJARI(日本自動車研究所)城里テストコースに計8台のスポーツカーが、TVアニメ『MFゴースト』の音声収録のために集結
エンジンフード内側、エキゾースト付近、コクピットなど各所に音声収録のためのマイクやカメラが設置された
ランボルギーニウラカン走行シーンの音声収録風景
ベストカー本誌連載「スーパーカー劇場」でお馴じみのレーシングドライバー、武井寛史氏がテストドライバーを務めた

■日産GT-R NISMO/『MFゴースト』登場キャラクター・相葉瞬

JARIの名物、バンクを走る日産GT-R NISMO
NISMO専用チューニングによるVR38DETT型3.8L、V6ツインターボエンジンは600ps/66.5kgmを発生する

 最初に音声収録したのは日産GT-R NISMO。『MFゴースト』では重要なキャラクター・相葉瞬(あいばしゅん)。ライバルであるカナタを陰ながらサポートする兄貴的存在の相葉が駆るのはNISSAN GT-R NISMOだ。日本車で唯一、スーパーカーと互角に戦えるのがこのGT-R NISMOといえる。

 相葉がドライブするのは2017年式の限定モデル。GT-R NISMO専用のVR38DETT型3.8L、V6ツインターボエンジンは、最高出力600ps/6800rpm、最大トルク66.5kgm/3600~5600rpmを生みだす。

 そのポテンシャルは高く、停止状態からのフル加速はバカっ速! 約10秒で200㎞/hまで達するポテンシャルはまさにスーパーカー。デュアルクラッチのトランスミッションの完成度も高くシフトアップではタイムラグはほぼ感じることはない。

 アクセル全開で走らせたGT-Rの印象は、230km/hを超えたあたりからは空気抵抗が増えて加速が鈍る。

 前面投影面積が大きいから空気の抵抗をもろに受けるが300km/hオーバーで走行するポテンシャルは持っている。高いスピード域で空力が破綻することはなくて安心してバンクに飛び込んでいけるのは凄い。

GT-R NISMOのコクピット。ステアリングは専用のアルカンターラ製。トランスミッションはGR6型デュアルクラッチ。もちろん室内にも音声収録の機器が取り付けられた
フロントシートは、専用RECARO製カーボンバックバケットシート

 ちなみにドライビングシートはバケットタイプでホールド感は抜群だが、MFG車両のなかではドライバーズシートからの目線が最も高いことも付け加えておこう。

 相葉が駆るGT-R NISMOのサスペンションはビルシュタイン製のダンパーが装着さていて当時、最新技術とされた「ダンプトロニック」が採用されている。

 これは路面状況に合わせ減数力を最適にコントロールする優れモノ。サスペンションのポテンシャルと専用タイヤの効果でしっかりと路面を捉えている感覚がドライバーにも伝わってくるから危なげなく攻められる。

 2017年モデルのGT-R NISMOは熟成の域に達しているので、ネガティブなところは改善されていて、完成度は高いが、落とし穴があるとすればブレーキだ。

 一般道では多少攻めた走りであればキャパシティは十分にある。パワーがあるぶんトップスピードに達するまでは速いが、その反面、コーナーの進入では早めにブレーキを開始しないと停まらない。

 MFGではタイヤがコントロールされているので、コーナーの進入で十分に車速を落とす必要もある。そのため作中でもブレーキングでライトウェイトの車両に並ばれるという屈辱を味わう結果になる。

 GT-R NISMOのスペックは申しぶんないが、実重量は1800㎏を超える。車両重量が重いというのはかなりのハンディキャップだ。

 4WDシステムでトラクションを得て路面を捉え加速するのがGT-Rの真骨頂だが、コントロールタイヤを履くMFGのレギュレーションにどう対峙するか相葉の才能が重要となる。

 本来、イケイケのドライビングの相葉は終盤までタイヤを温存できるかが勝敗のカギを握る。

GT-R NISMO登場シーン、『MFゴースト』12巻22話より

次ページは : ■ポルシェ911GT3(991型)/『MFゴースト』キャラクター・石神風神