男とクルマとアクションに酔いしれろ!! 映画『トランスポーター』を観る!!

男とクルマとアクションに酔いしれろ!! 映画『トランスポーター』を観る!!

 『グラン・ブルー』、『レオン』と数々のヒット作を監督したリュック・ベッソンだが、カーアクション好きとしても知られている。監督から製作に主眼を置くようになってから手掛けているのが、『TAXi』シリーズそして今回紹介する『トランスポーター』シリーズだ。

 リブート作品まで作られた人気シリーズをご紹介しよう。

文/渡辺麻紀、写真/TCエンタテインメント

【画像ギャラリー】ジェイソン・ステイサムの魅力たっぷり!! 映画『トランスポーター』を観る!!(8枚)画像ギャラリー

■運び屋の『最強』っぷりに説得力をもたせるジェイソン・ステイサム

シャープでスピード感溢れるアクションでお馴染みのジェイソン・ステイサム。彼の初シリーズ作となったのが『トランスポーター』だ

 『ワイルドスピード』シリーズ等、アクション映画で大活躍中の人気者、ジェイソン・ステイサム。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)で映画デビューを果たし、そのアクション能力を駆使して今でも第一線で大活躍している。

 今回ご紹介したいのは、そんな彼の初主演作&初シリーズ作となった『トランスポーター』(2002)。自らのルールに従い、どんなモノでも確実に、時間通りに運ぶことをモットーとしている最強の“トランスポーター(運び屋)”ことフランク・マーティンを演じている。

 その運ぶ手段は自分の愛車を自分で運転すること。本作でのフランクの愛車は黒のBMW735i(E38)で、駐車場に停められた同車を嘗め回すようなカメラで映し出すシーンから映画はスタートする。

 ちなみに、この車を愛でる描写は、シリーズ2作目『トランスポーター2』、ステイサムから『デッドプール』(2016)等のエド・スクレインにバトンタッチされたリブート版の1作目『トランスポーター イグニッション』(2015)にも継承されている。

 2作目から車はアウディになったが、どの作品でも車はピッカピカに磨かれて本当に美しい。

■意外と情に厚いフランクがちょっとかわいい!?

自身のルールにこだわり驚きの行動に出ることもあれば、わりとあっさりルールを破ってしまうお茶目さも持つフランク

 その愛車を使った最初の仕事は証券を強奪した一味3人を目的地まで運ぶことなのだが、その一味が4人になったことから、フランクのルールへのこだわりが明らかになる。3人のときの重量等を計算して時間を弾き出しているから、変更は絶対にNG。

 ルールその1は、最初に交わした契約を絶対に変更しない「契約厳守」。だからフランクは、一味が定員を3人に戻すまでテコでも動かない。たとえ警察が目の前に迫っても!

 結局は驚くべき手段で定員を3人に戻し、警察の追跡を交わしながらフランス、ニースの路地をフルスピードで駆け抜ける。

 ヨーロッパを舞台にしたカーアクションの場合はこんな路地のチェイスが多く、ハラハラドキドキが加速する仕組み。本作では、十台を超えるパトカーに追い詰められ、万事休す状態になったときフランクスが取る手段が最大の見せ場になっている。

 こうやってルールを守ることで仕事をパーフェクトにこなしてきたフランクが受けた次の依頼は50kg前後の謎の荷物の運搬。ところが、このブツで彼はルールを自ら破ることになる。

 ルール2の「依頼主の名前は聞かない」は守れたが、ルール3の「依頼品は絶対に開けない」を破ってしまうのだ。なぜなら、それが縛られ、さるぐつわをはめられたアジア系の若い女性(スー・チー)だったから。

 ルールを守らなかったためイヤな予感がしまくるフランクだが、それは大当たり。この女性を助けたせいで、次々と災難が降りかかるハメになる。

 一見、冷酷無比、冷静沈着にも見えるフランクだが、実は人情家でもあり、情に流されてしまうタイプ。この性格が彼のキャラクターを魅力的にし、ドラマを生む。ステイサムの初シリーズになった理由もその辺にあるのだと思う。

次ページは : ■スパイもビックリのギミック満載のBMWも見所

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ