ライアン・ゴズリング初のアクション映画は寡黙な逃し屋!! 映画『ドライヴ』を観る!!

ライアン・ゴズリング初のアクション映画は寡黙な逃し屋!! 映画『ドライヴ』を観る!!

 これまでも腕利きの「逃がし屋」ドライバーが登場する映画を紹介してきたが、クライムアクション映画の王道パターンとはいえ、それぞれに個性的なストーリーや出演者によって異なる魅力を放っている。

 今回ご紹介する『ドライヴ』で主人公を演ずるのは『ラ・ラ・ランド』や『ブレードランナー 2049』に出演したライアン・ゴズリング。1980年テイストのクライムムービーを楽しんでほしい!

文/渡辺麻紀、写真/バップ、Chevrolet、Chrysler

【画像ギャラリー】『ラ・ラ・ランド』前のライアン・ゴズリングに注目!! 「逃がし屋」が主人公のクライムムービー『ドライヴ』を観る!!(6枚)画像ギャラリー

■アクション映画の三要素は『クルマ・ドライバー・犯罪』!?

まずはオープニングで登場するのはシボレー・インパラ。セリフ無しでもグッと引き込まれるのは良いカーチェイスの証!?
まずはオープニングで登場するのはシボレー・インパラ。セリフ無しでもグッと引き込まれるのは良いカーチェイスの証!?

 車とドライバーと犯罪というのは、クライムアクションの人気コンビネーションのひとつ。ウォルター・ヒルによる『ザ・ドライバー』(1978/いつかこの作品も紹介したい!)という映画以降、何度も作られてきた。

 今回、ご紹介する『ドライヴ』(2011)もそんな1本。

 車の知識とドライビングテクニックを活かして車の整備工場で働きつつ、映画のカースタントをこなし、犯罪者の逃がし屋をしている寡黙な男。整備工場のボスの夢であるNASCARのストックカーレースでドライバーを務める予定にもなっている。

 「ドライバー」と呼ばれる彼の逃がし屋モードのときのモットーは、「銃は持たない。何が起きようが5分間は車で待つ。が、5分過ぎたら面倒はみない。逃走経路は俺に任せろ」

 その言葉を証明するかのように冒頭、緊張感にあふれた逃走シーンが用意されている。警察の無線を傍受しつつ車を走らせる男が、最初は静かに、そして存在がバレると猛スピードでロサンゼルスの夜を駆け抜けるのだ。

 聴こえてくるのは傍受した音声とラジオの実況中継と、まるで効果音のような音楽だけ。セリフは一切ない。この間、およそ5分間。これがめちゃくちゃかっこいい!

 このとき“ドライバー”が調達したのはシボレーインパラ。「カリフォルニアでは目立たない」にもかかわらず300馬力を誇る、逃がし屋にはぴったりの車だからだ。

 本作には“ドライバー”が、それぞれ違う車で“ドライヴ”するシーンが3回用意されている。その1回目が前記のオープニング。そして2回目が、彼の愛車73年型シボレー・シェベル・マリブSSを走らせるエピソード。

 同じアパートに住む母子と親しくなった彼が、ふたりを乗せてロサンゼルスリバーの河川敷を走り、今度は母親とふたりだけでネオン輝くL.A.の夜を静かに流す。寡黙で無表情なドライバーが幸せそうな表情をみせる、ほぼ唯一の温かいシーンだ。

次ページは : ■主人公が情に流されると事態は悪化する

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号