フィッシングメディア関係者が「マジ、これはいい!!」と実感! 本当にお薦めの「釣り車」 とは?

フィッシングメディア関係者が「マジ、これはいい!!」と実感! 本当にお薦めの「釣り車」 とは?

 長引くコロナ禍の中、アウトドアレジャーが大人気。そのなかでも、老若男女楽しめる趣味として人気なのが釣りだ。そして釣りに出かけるうえで欠かせない相棒がクルマだ。

 しかし、一言で「釣り」と言っても、川や湖での釣りと海釣りでは、持ち物や目的地周辺の環境がまったく違う。狙う魚やフィールドによってクルマに求められる性能や装備が異なってくるので、簡単に「釣りに最適」と一括りにすることはできない。

 そこで今回は、さまざまな釣りを経験してきたフィッシングメディア関係者の意見を踏まえた、釣りのシチュエーションごとにお薦めのクルマを紹介する。もちろん、ここで紹介したクルマ以外でも釣りを楽しむことはできるが、釣りの業界でも実際に使用されているため信頼性が高く、釣り人に特にお薦めできるクルマとなっているので参考にしてほしい。

文/入江 凱、写真/トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、ダイハツ、ステランティスジャパン、写真AC

【画像ギャラリー】ベテラン釣り師たちが推す「釣り車」 をチェック!(21枚)画像ギャラリー

渓流での釣りは小回りが利き、悪路走破性の高いコンパクトSUVや軽バン

 山の中を流れる渓流での釣りは、細く曲がりくねった山道や未舗装路を走ることになり、駐車できるスペースも限られているので小回りのよさと、悪路走破性の高さが求められる。釣れる場所を求めて上流に向かい、クルマを置いたまま山の中を歩き回るようなシーンも多く、荷物は持ち歩けるだけの最低限にする傾向があるため、他の釣りほどの積載力は求められない。

 一方で、魚が活動的になる早朝に釣りをするために日の出とともに山中に入るという人も多く、ボディサイズは控えめながらも車中泊や仮眠はしやすいというのも大事な要素となる。

■渓流での釣りには「スズキ ジムニー」が一押し

フィッシングメディア関係者が「マジ、これはいい!!」と実感! 本当にお薦めの「釣り車」 とは?
本格的なオフロード性能と軽自動車のボディサイズを持つジムニーは、渓流をメインフィールドにする釣り人に人気だ

 渓流での釣りにマッチするクルマとしてお薦めできるのがスズキ ジムニーだ。ラダーフレーム構造によるオフロード性能の高さはもちろん、リアシートの背面と荷室は汚れや傷に強い樹脂の防汚タイプラゲッジフロアを採用している。

 あくまで軽自動車サイズなので快適とはいかないまでも、フロントシートを倒せばフルフラットにもなり車中泊も可能だ。

 さらにロッドホルダーだけでなく、フルフラット時のシートの凹凸を軽減するリラックスマットといった釣りや車中泊で重宝する純正アクセサリーも用意されている点もお薦めしたい理由だ。

湖や野池、ダム湖でのブラックバスフィッシングでは悪路走破性に優れ、トルクのある大型SUV

 スポーツフィッシングとして人気を博しているブラックバスフィッシングでは竿を数本持ち歩くユーザーも多い。これは数多くのルアー(疑似餌)と呼ばれる仕掛けをそれぞれの竿にセットしておき、その時の魚の状況に応じて竿を瞬時に持ち替えるためだ。

 また、ワンピースロッドという分割して小さくすることのできない竿を使用する釣り人が多いため、ロッドホルダーと呼ばれるクルマの天井に竿を収納するための器具を設置することが推奨される。

 こういった理由から竿の本数に比例して道具が増えてしまうので、他の淡水での釣りに比べると荷物が多くなりがちで積載性の高さも求められる。仲間と一緒に野池やその周辺の未舗装路を回るといった遊び方をする人も多いのでボディサイズは大きくそれなりの悪路走破性が求められる。

 いつかは自前のボートを牽引して釣りをしたいと憧れている釣り人には高トルクを持つ大型SUVなどがお薦めだ。

■湖や野池、ダム湖でのバス釣りには、「トヨタ ランドクルーザー」が一押し

フィッシングメディア関係者が「マジ、これはいい!!」と実感! 本当にお薦めの「釣り車」 とは?
悪路走破性は折り紙付きのランドクルーザーは車体が大きいため積載力にも優れ、馬力も十分。国産車のなかでは珍しくトレーラーを牽引するためのヒッチメンバーもオプションで用意されているところが人気の理由だ

 バス釣りを嗜む人にお薦めなのがランドクルーザーだ。ラリーで磨き上げた悪路走破性と耐久性は世界でもトップクラスで申し分ない。都市部では少々持て余し気味となる大きなボディサイズもバス釣りでは郊外がメインとなるため問題になることは少ない。

 何よりもバス釣りをする人にとって魅力的なのが、ボートを載せたトレーラーを牽引するために必要なヒッチメンバーがメーカーオプションで用意されていること。実際にボートを載せたトレーラーを牽引するにはトレーラーヒッチなど、さらに他のパーツも必要になるが、こちらも販売店装着オプションとして用意されており、「いつかは自分のボートでバスを釣りたい」と憧れを抱く人にはお薦めの一台だ。

次ページは : 堤防や磯など、岸からの海釣りにはSUVやステーションワゴン、ミニバン

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ