総額1億円超え! 世界のスポーツカー9 台が音声収録のため JARIテストコースに大集結!!【MFゴースト アニメ化記念】VOL.5

総額1億円超え! 世界のスポーツカー9 台が音声収録のため JARIテストコースに大集結!!【MFゴースト アニメ化記念】VOL.5

 しげの秀一原作『MFゴースト』(講談社「ヤングマガジン」連載中)の2023年TVアニメ化が決定。2022年1月4日にはアニメ化を記念し、ティザービジュアルが公開された。

 さらに特報PVも待望の第二弾が公開された。本作のアニメ化にあたり、実車を使用した音声収録を実施しており、特報映像内に登場するそれぞれのクルマには生の収録音が反映されている。 今後アニメに登場するクルマにも実際の走行音や効果音が使用される予定だ。

 その実車の音声収録が2021年12月某日、JARI(日本自動車研究所)城里テストコースで行われるというので、ベストカーWebが同行取材!

 真冬の寒空の下、アニメ『MFゴースト』第2回目の音ロケが日本自動車研究所で実施された。早朝はマイナス3℃と、この時期らしい気温だったが、日中は8℃まで上昇してくれたことがありがたかった。

 今回のロケに持ち込まれた車両は9台。全車の収録をするためには効率よく進行しなくてはいけなくて、1台に費やせる時間はわずかだった。音収録のVol.5レポートでは、三菱 ランサーエボリューションIX、レクサス LC500、Audi R8の3台について語っていきたい。

文/プリウス武井
写真/森山良雄、中島仁菜
画像提供/音速movies
撮影協力/講談社、エイベックス・ピクチャーズ、BLITZ
車両協力/LEXUS、GT NET、鮎川 誠
©️しげの秀一・講談社/MFゴースト製作委員会

アニメ公式HP

アニメ公式Twitter

【画像ギャラリー】MFゴーストアニメ化記念 レクサスLC500、アウディR8などの秘蔵ショットが凄い!(18枚)画像ギャラリー

■三菱 ランサーエボリューションIX(撮影車 ランサーエボリューションX)/『MFゴースト』登場キャラクター・塚本壮太

劇中での出番は少ないが、国産ハイパワー四駆としての戦闘力はいまだ一線級。一瞬の登場でも「おっ、ランエボ!」と思わせる存在感がある
劇中での出番は少ないが、国産ハイパワー四駆としての戦闘力はいまだ一線級。一瞬の登場でも「おっ、ランエボ!」と思わせる存在感がある

 まずは三菱 ランサーエボリューション(以下EVO)IX。『MFゴースト』に登場するランサーのドライバーは、塚本壮太(つかもと そうた)。100台以上が出場する予選の描写でほんの少しだけ登場する正直、モブキャラ。

 ランサーはMFGシリーズの車両ラインアップではひと昔前のクルマという印象が強いが、『頭文字D』の流れを汲む作品だけあって、今も色あせていないということだろう。音ロケではGT NET埼玉さんからお借りしたランサーEVOシリーズの事実上のファイナルモデルのX(10)を用意。

EVO Xが搭載する4B11型 2L 直列4気筒MIVECターボエンジンは、ナトリウム封入エキゾーストバルブを採用し、最高出力を向上させ、中高速域で伸びのある出力特性を実現

 ご存じのとおりEVOはWRCのホモロゲを取得するために製造された特別なモデル。初代ランサーEVOは1992年から歴史が始まった。今回、収録したXは、2014年12月まで販売されたSSTミッション搭載の最終型。その後、EVOシリーズは2015年8月にXをベースにした限定1000台のファイナルエディションが登場するが消滅。三菱自動車は不正問題などもありモータースポーツから完全に撤退することになる。

 ランサーシリーズはラリーを始め、国内モータースポーツのスーパー耐久などでも活躍。ターボ車だったこともありCPUと吸排気を交換するだけで簡単にパワーアップできたからチューニング業界もこのランサーにはかなり儲けさせてもらったはず。GT-Rと比較されることも多かったが、首都高や峠でもEVOは一目置かれる存在だった。

 収録した車両はエキゾーストが社外品に変更されていてアクセル全開で走らせると『MFゴースト』の世界観にぴったり合致する車両だということが理解できる。

 280psを発生するエンジンは今でも健在。停止状態から加速すると18秒ほどでスピードリミッターが作動。残念ながら、どのくらいのトップスピードが記録できなか試すことはできなかったが、180km/hまでの到達スピードはひと昔前のクルマとは思えないほど俊敏だ。

EVO Xが搭載する4B11型 2L 直列4気筒MIVECターボエンジンは、ナトリウム封入エキゾーストバルブを採用し、最高出力を向上させ、中高速域で伸びのある出力特性を実現
EVO Xが搭載する4B11型 2L 直列4気筒MIVECターボエンジンは、ナトリウム封入エキゾーストバルブを採用し、最高出力を向上させ、中高速域で伸びのある出力特性を実現

 EVOシリーズの駆動方式はフルタイム4WDだけど、個人的な印象としてはコーナリングアプローチにおいてはFFぽい。コーナーの立ち上がりでアクセルをラフに扱うとアンダーステア傾向でサスペンションセッティングは重要だ。

 とはいえスタビリティは高くて、どんなラフに扱ってもスピンしないのではないかと思うほど。超高速スピード域でも車体が安定しているあたりは好印象。

 残念なのはトランスミッション。EVO Xに採用された6速DCT(SST)は三菱自慢の新世代ミッションだけど、シフトダウンの反応がイマイチなので本格的な走りを追求するならMTを選択したい。

次ページは : ■レクサス LC500/『MFゴースト』登場キャラクター・E・ハンニネン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!