クルマが動かなくなるのが嬉しい!! もはや手遅れ 「輸入中古車の沼」上級編 世界各国のディープすぎる7台

クルマが動かなくなるのが嬉しい!! もはや手遅れ 「輸入中古車の沼」上級編 世界各国のディープすぎる7台

 輸入中古車沼での溺れ方も板についてきたことだろう。こうなればさらにディープな各国中古車と暮らし、パンピーから心配されるほどのカーライフを構築すべし!

 今回はすべての困難が快楽に思えてしまう道、輸入中古車沼の上級編をお届け。はたしてそこにはどんな苦難と快楽が待つのか???(※ほんとにハマっちゃってもどうか事故だけは起こされませんよう! ご安全に!!!)

※本稿は2022年5月のものです。中古車相場は執筆当時のものです
文/伊達軍曹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】沼だけにディープ!(上手い)壊れやすいクルマ続々登場! 「輸入中古車の沼」上級編7台をギャラリーでチェック!(7枚)画像ギャラリー

■このレベルまで溺れきればすべての困難は快楽に変わる!

 初級、中級の段階をひとつずつクリアしていった頃には、貴殿も輸入中古車沼における立派な先人というか“達人”の域に達しているはず。

 そうなったならば、さらにディープでハードコアな輸入中古車を人生の相棒として選び、さらに沼の奥底へと向かっていこう。

 あくまで例えばだが、車種的には「ややこしいハイドロニューマチックシステムを採用した往年のシトロエン」や、「ちゃんとメンテしないとすぐぶっ壊れるが、フィーリング的には珠玉すぎるV12エンジンを搭載したデイムラー ダブルシックス」などが、沼の上級者にふさわしい一台と言えるはずだ。

 しかし、ここで沼の住人ではない国産車愛好家は言うかもしれない。「そ、そんなクルマを買ってしまって大丈夫なのか? いくら上級レベルに達したとはいえ、自分で全部のメンテナンスができるわけでもなかろうに……」と。

 ご心配いただけるのはありがたいが、これが意外と大丈夫だったりするのだ。

 輸入中古車沼を泳ぎきるうえでの(あるいは溺れきるうえでの)上級者になった頃には、まずは自然と“目利き”ができるようになっている。

 ヤバい中古車販売店はその半径50m以内に入っただけで、なぜか判別できるようになる。そして中古車のコンディションも、試乗せずともなぜかわかるようになるのだ。

 それと同時に「沼の内部の人的ネットワーク」も構築されているだろう。

マニアック車の極致といえるシトロエンDS。だがこれで通勤してる猛者を筆者は知ってるぞ!
マニアック車の極致といえるシトロエンDS。だがこれで通勤してる猛者を筆者は知ってるぞ!

 あの車種を買うのであれば、Aというショップに話をすればナイスな個体を探してくれて、この箇所の修理を行いたいなら、Bという専門工場に頼めば必ずなんとかしてくれる。

 そして海外から部品を個人輸入したいなら、Cさんに相談すればいろいろ教えてくれる─といったネットワークが、あなたのまわりにほぼ完成されているのだ。

 経験によって培った“目利き力”と、歳月と己の努力によって構築された“ネットワーク力”のWパワーにより、上級レベルの輸入中古車沼ライフというのは「意外とラクで快適」だったりもする。

 それゆえさほど心配する必要はないというか、何事も「案ずるより産むが易し」の精神であたれば、道は自ずと開けるものなのだ。

 とはいえ上級レベルの沼落ちを果たすまでにはそれなりの時間はかかり、そしてもちろん、途中で「ハイドロのLMHが下血した」「空冷911のオイル漏れでマンション住民から苦情が出た」「ランチア デルタインテグラーレがいつまでたっても工場から退院しない」などの艱難辛苦は、いろいろと経験することになるだろう。

 しかし沼に溺れきった人間は、それさえも快楽の一種と感じられるほどの“悟り”を得ているはず。それゆえ、何の心配もいらないのだ。

次ページは : ■MGB/MGミジェット

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ