【庶民派価格に実力車大集結!】 今買いのSUV 価格帯別 ベスト3

 大衆車=セダンという時代も今は昔。庶民にも手が届く200万円台、300万円台という価格帯でいま最も選択肢豊富なカテゴリーはSUVだ。

 さらに、輸入車も2018年は史上2番目に多い年間30万台超を販売。その好調を後押したのがSUVで、国産・輸入問わず実力の高いSUVが次々に登場している。

 そこで、本企画では最大のボリュームゾーンともいえる200万円台、300万円台の各価格帯におけるSUVのベスト3車を選出。ここで挙げた計6台以外にも数多くの実力車がひしめいている!

文:松田秀士
写真:編集部
ベストカー 2019年3月10日号


ヴェゼルかC-HRか? 200万円台SUVの「ベスト3」

【1位】ホンダ ヴェゼル/全長4300mm、車重:1270kg、エンジン:1.5L直4(131ps/15.8kgm)、燃費:19.6km/L、価格帯:207万5000-292万6000円

 この価格帯だとグレードによっては安全装備などで、上級モデルには標準装備されているけれども廉価版にはない、なんてことがよくある。アウディQ2なんて、デザインも走りもかなりよくて、交差点での出合頭のクルマじゃんけんでも勝率が高く、相手が国産車なら譲ってくれる確率大だし、いいんですよ。

 しかし、アウディQ2「30 TFSI」だとACC(先行車追従型クルコン)が付いてない。残念! Q2「30 SPORT」なら0〜200㎞/hまで制御するACCが付いているんだけどね。まぁ、こういうところで価格調整をしている。

 このようなことを考慮すると、C-HRヴェゼルが俄然台頭してくる。走りの質感ではブランド系の欧州勢にやや劣るものの、燃費と安全装備はしっかり抑えている。

【2位】トヨタ C-HR/全長:4360mm、車重:1470kg、エンジン:1.2L直4ターボ(116ps/18.9kgm)、燃費:15.4km/L、価格帯:229万-292万9000円

 C-HRにはトヨタセーフティセンスが標準装備され、もちろん全車速対応のACCが含まれる。ヴェゼルもしかりなのだが、なぜヴェゼルを1位にしたかというと、安全装備のホンダセンシングにはLKA(車線維持支援システム)が装備されているから。

 C-HRの場合、車線から逸脱しそうになった時に制御を行うので、車線内の中央維持機能は装備されていない。それでいてヴェゼルはハイブリッドでも価格的にかなり手頃感があり、多少の乗り心地のもったり感には目を瞑ったとしても、疲労軽減で安全に寄与するLKAの装着を筆者は支持する。

【3位】スバル フォレスター/全長:4625mm、車重:1520kg、エンジン:2.5L水平対向4気筒(184ps/24.4kgm)、燃費:14.6km/L、該当価格帯:280万8000(Touring)-291万6000円(X-BREAK)

 3位のフォレスターはご存じ、先進安全装備のアイサイトを標準装着する。このなかの“ツーリングアシスト”にLKAに相当する制御が含まれている。ACCもあるので、高速道路の長距離移動では疲労を軽減することができる。

 では、なぜフォレスターを3位にしたかというと、燃費性能で上位2車に劣るから。ただし、2.5Lの水平対向4気筒DOHCエンジンとリニアトロニックCVTの加速力は魅力で、少々燃料代を覚悟しても味のある走り、室内静粛性の高さ、アイポイントが高く、視界がいいので運転がしやすいなど実力は高い。

 では、それ以外の車で注目なのはどれか?

 まず、ハリアーの2L「エレガンス」はハイブリッドではないからこの価格で手に入る。スペースユーティリティを含めてフォレスターといい勝負。このような視点で見ると、エクストレイル(ガソリン)、アウトランダー(ガソリン)も見逃せないモデルだ。

 特にアウトランダーはPHEVのマイナーチェンジによって、車の質感も含めて再認識すべきモデルだろう。もうひとつ、SUVというよりもミニバンというジャンルに入るCX-8のガソリンモデルがこの価格で手に入ることにも注目。この車は300万円台のトップに挙げるので、ここでは敢えて評価しなかった。

 ここまでは装備やコスパを重視して注目車を挙げてきたのだが、そういうところとまったく関係なく注目したのがジムニーシエラだ。

 この車のステアリングを握って走らせているだけで幸せになる。運転する自分が外から見られているだろう、その姿を想像する自分もまた楽しい。その意味ではルノー キャプチャーもいいね。

輸入車の選択肢も豊富な300万円台の「ベスト3」は?

【1位】マツダ CX-8/全長:4900mm、車重1880kg、エンジン:2・2L直4ディーゼル(190ps/45.9kgm)、燃費:15.8km/L、該当価格帯:325万6000(25S プロアクティブ)-392万6000円(XD プロアクティブ)

 300万円台のトップはマツダのCX-8だ。そのなかでもイチ押しのグレードはターボディーゼルエンジンを搭載する「XD プロアクティブ 4WD」。このモデルだとかぎりなく400万円台に近いがギリギリ300万円台。

 まず乗り心地がいい。サスペンションの初期の動きがとてもスムーズで、市街地から高速道路まで安定して乗り心地がしっかりしていて、ストロークするサスペンションながらコーナリングもライントレース性が高いので大きさを感じさせないなかなかスポーティなハンドリングなのだ。

 全車速のACCと車線内中央維持のLKAも装備されていて、LKAは制御介入のレベルを個人の好みに合わせて調整できるようになっている。また、室内の静粛性が高く、そんなに声を張り上げなくても3列目シートと運転席での会話ができる。特にディーゼルモデルは低速トルクが高く、燃料費も節約できる。

【2位】ホンダ CR-V/全長:4605mm、車重:1560kg、エンジン:1.5L直4ターボ(190㎰/24.5kgm)、燃費:15.4km/L、該当価格帯:323万(EX)-381万4560円(EX・Masterpiece)

 2位はホンダのCR-Vだ。ホンダセンシングを装備しているので、安全の運転支援システムではCX-8と同レベル。メーターパネル類に新鮮さは感じられないが、ハンドリングの気持ちよさと楽しさではこのクラス中でトップだろう。

 ステアリング操作に従順にサスペンションがストロークして、思いどおりのコーナリングが楽しめる。しかも直進安定性が高くLKAは必要ないと思えるほど。クルマとしての基本性能の高さが光る。

【3位】ボルボ XC40(T4)/全長:4425mm、車重1610kg、エンジン:2L直4ターボ(190ps/30.6kgm)、燃費13.6km/L、価格:389万円

 3位はボルボ XC40だ。エクステリアデザインは誰もがワクワクするようなお洒落。何を着てこのクルマに乗ろうか? と考えてしまうほどに、カッコよく嬉しいシルエット。それに加えてインテリアデザインも素晴らしい。

 ドアパネルからスピーカーを外してフロントの足元にウーハーを付けてセット。ドアポケットが大きく使いやすく、オーディオの音質もかなりいい。若干乗り心地はハードなのだが、スポーティなハンドリングを好むならこのくらいのほうが気に入るだろう。そしてボルボの安全運転支援システムはかなりレベルが高い。

 それ以外で注目なのはプジョー 3008とミニ クロスオーバーONE。3008の乗り心地はまさに高級なフランス車のイメージ。競合他車のどれにもない個性的な乗り心地は虜になるはず。

 同じようにどうしてもこの車でなくちゃ、というファンが多いのがミニ。ガソリンエンジンモデルなら「ONE」から「クーパー」まで300万円台だ。直3、1.5Lターボエンジンはクーパーなら136psとパワフル。それ以外のモデルも充分なトルクを発生し、しかも3気筒とは気づかないほど振動感が少ない。

 ほかにもランクルプラドなど、この価格でこのモデルが買えるのか! と驚かされる廉価グレードがこの価格帯にはある。探すのが楽しい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ