マジ欲しい!! ミニカーマニア大興奮!! ディーラーに並んでいるカラーサンプルは購入できるのか!?

マジ欲しい!! ミニカーマニア大興奮!! ディーラーに並んでいるカラーサンプルは購入できるのか!?

 自動車ディーラーに行くと、かわいらしいミニカーが飾ってあることが多い。その大部分はカラーサンプルとして使用されていて、ディーラーの商売道具の一つだ。クルマ好きにとっては、ちょっと欲しくなってしまうカラーサンプルのミニカーたち。彼らはいったいどこからきて、どこへ行くのか。そして、今後も残り続ける文化なのかを考える。

文/佐々木 亘、写真/佐々木 亘、Adobe Stock

■意外と大きいカラーサンプルの効果

筆者が所有するトヨタラクティスのカラーサンプル
筆者が所有するトヨタラクティスのカラーサンプル

 新車の商談時に、決めなければならないことは様々ある。クルマのグレードに始まり、オプションにも悩むことがあるだろう。その中で、家族会議が開かれるほど決定に苦労するのがボディカラーだ。

 クルマの色に関しては、クルマのことに無頓着だった家族も前のめりになって話を切り出す。筆者の体験では、価格も仕様も決まっているのに、ボディカラーだけが決まらず、商談が2度、3度とクルマの色の話だけで終わることもあった。

 お店にあるクルマ以外の色を見たいといって、本社の新車センターまで顧客を連れていき、希望の色が塗られたクルマを見てもらうということも数多くしている。

 こうしたボディカラーが決まらないというときに役立つのが、カラーサンプルだ。

 今では営業スタッフが使用する端末の中で、選んだオプションを付けたクルマをCGで作り出し、画面上でボディカラーを切り替えることができるのだが、どうにも昔から平面図ではイメージが沸かないというユーザーが多い。

 そこへ、立体として認知できるカラーサンプルのミニカーを持っていくと、「イメージしやすい」といって、すんなり色が決まるケースもある。

 ただし注意しなければならないのは、カラーサンプルの塗装と、実際に注文したクルマの塗装は若干異なるということ。ミニカーのボディはプラスチックでできており、実際のクルマは金属だ。塗料ののり方が異なり、プラスチックに塗った方が深みは出にくい。光の当たり具合による陰影もミニカーでは出にくくなる。

 とはいえ、カタログでもパソコンのCGを使ってもイメージが膨らまないというユーザーに対しては、ミニカーのカラーサンプルが威力を発揮する。

ただ、ディーラーにとっては置き場所の確保や、掃除の手間がかかるなど、ちょっとした仕事が増える厄介者の一面も持っているのだ。

次ページは : ■ディーラーはどうやって仕入れる?不要になったミニカーはどこへ行く?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!