おじさんパニック!? プリウスはAピラーが前に伸びすぎていて スーパーカーより視界が悪い!

おじさんパニック!? プリウスはAピラーが前に伸びすぎていて スーパーカーより視界が悪い!

 最近のクルマは、車体剛性と安全性を確保するために、どんどんAピラーが太くなっている。新型プリウスもこの例に漏れないが、フロントウィンドウを寝かせた分だけピラーが前方に伸びて、右方向の視界が悪くなっているという。今回は極悪視界で知られる名車ランボルギーニカウンタックを所有する清水草一氏に、プリウスのピラー問題について解説してもらった!

文/清水草一、写真/清水草一、奥隅圭之

■プリウスはまるでスーパーカー!!

新型プリウスの長く前方に伸びたAピラーが視界を遮る
新型プリウスの長く前方に伸びたAピラーが視界を遮る

 新型プリウスの写真を初めて見たとき、「まるでスーパーカーじゃないか!」と感動した。ただその分、居住性や乗降性、そして視界はある程度犠牲になっているんだろうなぁと想像された。

 実物の新型プリウスは、居住性や乗降性に関しては、ほとんどデメリットを感じなかったが、視界に関しては「ええっ! こんなに見えないの!?」と衝撃を受けた。具体的には、長く前方に伸びたAピラーが邪魔をして、斜め前方がよく見えなかったのだ。

 いや、決して「見えない」わけではない。多少見えづらいだけなのだが、斜め前の視界がこれほど遮られるクルマは初めてだった。

 斜め前といってもいろいろあるが、プリウスで問題なのは、右斜め前の角度の浅い部分である。視線を正面から少し右に移しただけで、早くもAピラーが視界の一部を遮ってくる。視界が全部隠れるわけではなく、一部にかかるだけなのだが、視力全般が衰えてくる中高年は、これが結構に気なってしまう。

右折時に右側から横断歩道を渡ってくる人や自転車が見づらい
右折時に右側から横断歩道を渡ってくる人や自転車が見づらい

 たとえば交差点を右折しようとする時。対向車が途切れたのを見計らってハンドルを右に切り、発進した瞬間、右側の横断歩道を渡ってくる自転車が、いきなり視界に入ってくるように感じた。

 直進状態で信号待ちしている状態だと、そのあたりの角度にAピラーがかかるのが原因だった(決して全部隠れるわけではありませんが)。

 左側についても同様のことが言える。斜め左は、斜め右に比べればはるかに視界が開けているが、それでもプリウスの場合、他のクルマに比べれば、早めに視界を遮ってくる。左折時も、横断歩道を渡ってくる人や自転車に注意が必要だと感じた。

 これは、主に中高年に起きる現象のようだ。加齢とともに動体視力が低下し、視野も狭くなってくる。正確には、「視野の周辺部の物体に注意が行かない」と言ったほうが正確だろう。

 私は近年白内障の手術を受けたため、視野の検査も行ったが、まだ特に問題なしと判定された。視点の中心から外れた外型の部分も見えてはいるのだが、若い頃に比べると、はるかにぼんやしており、そこに歩行者が自転車がいても、脳が認識しづらくなっている。

 プリウスの場合、加えてAピラーが斜め前方の視界の一部を遮るので、見えづらさが倍加する感覚があった。

次ページは : ■カウンタックとプリウスの視界を比較

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!