ホンダN-BOXばかりがなぜ売れる?驚異的な販売台数をマーク!

 日本では200車種近いクルマが売られているが、ホンダN-BOXに勝る人気車はない。2011年12月に発売された先代(初代)N-BOXがヒット作になり、2017年9月に発売された2代目の現行型も絶好調だ。

 軽自動車の販売ナンバーワンはもちろん、2017年と2018年には、小型/普通車まで含めた国内販売の総合1位になった(少数のN-BOXスラッシュを含む)。

 N-BOXの人気を最もわかりやすく示したのは、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の販売台数で、23万9706台を届け出した。

 国内販売総合2位のスズキスペーシアは15万8397台だから、N-BOXが圧倒的に多い。3位はダイハツタントで14万2550台だ。小型/普通車の1位は日産ノートだが、13万1760台にとどまる。

 N-BOXが驚異的に売れている理由を渡辺陽一郎氏が検証する。

文:渡辺陽一郎/写真:HONDA、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ