【フォード、クライスラー…】アメリカ車が送った日本への刺客の悲しい結末


安さを売りにするも日本車の敵ではなかった

ポンティアックグランダム(4代目)
日本での販売期間:1991〜1996年
全長4785×全幅1740×全高1375mm
直4気筒DOHC 2392cc 152ps/ 20.7kgm
価格:230万円(SEセダン)

押し出しの強い昆虫系のフロントマスクが印象的なグランダム。乗り心地のよさなどセダンとしての快適性は備えていたが日本車に対抗できる品質はなかった

 グランダムは1990年代中盤のマークⅡ三兄弟やディアマンテのようなボディサイズを持ち、250万円から300万円の価格でエンジンは2.4L、4気筒と3.1L、V6を積み、排気量を考慮してアメ車=外車として見れば一見安いというクルマである。

 しかしクルマ自体はエンジンの振動が大きい、ハンドリングが不自然、クオリティはライバルとして想像するマークⅡ三兄弟やディアマンテに到底及ばないなど、ボディは大きくても実質的な車格はカローラやサニー相当だった。

 グランダムも「この金額出すならば日本車のほうがずっといい」という結論になるのは順当で、こちらも失敗に終わった。

欧州生産車でもあまりに地味すぎ

フォードモンデオセダン(初代)
日本での販売期間:1994〜2001年
全長4490×全幅1750×全高1435mm
直列4気筒DOHC 1795cc 115ps/ 15.5kgm
価格:172万8000円(L)

欧州フォードが開発生産したモデルということでアメ車ではないが、フォードが日本に刺客として投入。モンデオは出来も悪くなく、価格も安かったが決定的な魅力に欠けた

 モンデオはヨーロッパフォードが生産、開発を行った日本車だとエンジン排気量ではコロナやブルーバードに相当するモデルだが、ボディサイズはもっと大きかった。

 日本では1994年から初代モデルがセダンとステーションワゴンのバリエーションで販売が始まった。

 初代モンデオは当時フォードが日本で力を入れ始めたのに加え、この頃日本で価格破壊という言葉がよく聞かれたほどのデフレが始まったのに呼応し、価格は約200万円からと日本車並みだった。

 モンデオは動力性能こそ平均的だが、ヨーロッパ製らしいシッカリした走りを備えており、純粋なアメ車とは違ったキャラクターを持っていた。

 ならば売れたかというと当初はディーラーがそれなりにあったのもありなかなか売れたのだが、長期的には成功しなかった。

 成功しなかった理由としては、モンデオはキャラクターはあったもののヨーロッパ車としては薄く、外車に触れたいならもう少し払ってでもゴルフやプジョー306などに流れるユーザーが少なくなかった。

 日本車にも日産プリメーラのようなヨーロッパ的なクルマもあり、ならば何度も書いた「日本車のほうが安心」というユーザー心理が挙げられる。

次ページは : トヨタの販売力をもってしてもお手上げ