【類似点多数】関西人気チェーン『ラーメン横綱』と岡山の『ラーメン大統領』の「チャーラー」はどっちが「うまい」のか? さらには2店の関係に迫る!!

■『横綱』と徹底比較!

『ラーメン横綱』の「ラーメン」(並盛690円)。今でこそ味玉や野菜、彩りなど種類が豊富だが、ひと昔前はこれと「チャーシューメン」しかなかった
『ラーメン横綱』の「ラーメン」(並盛690円)。今でこそ味玉や野菜、彩りなど種類が豊富だが、ひと昔前はこれと「チャーシューメン」しかなかった

 こちらが『横綱』の「ラーメン」(並盛690円)。店内の照明の加減もあるだろうが、こちらの方がスープの色が濃い。スープの表面には油が層になっているが、『大統領』の「とんこつしょうゆ」のスープは乳化している。クリーミーに感じるのはそのためかもしれない。

『ラーメン大統領』の「チャーハン」。作り置きしたものを炒め直しているかもしれない
『ラーメン大統領』の「チャーハン」。作り置きしたものを炒め直しているかもしれない

 次に「チャーハン」を見てみよう。具材は刻みチャーシューとネギ、卵。味にこれといった特徴はなく、冷凍チャーハンのような万人受けする味。しかし、セルフスタイルのチャーハンよりも旨いのは間違いない。

 シンプルなので、「とんこつしょうゆ」のスープやチャーシューと「チャーハン」を交互に食べると、だんだんと『大統領』の味になっていく。

にんにくとうがらしをトッピング。これが旨い!
にんにくとうがらしをトッピング。これが旨い!

 「とんこつしょうゆ」ににんにくとうがらしをトッピングして食す。クリーミーでマイルドな味わいのスープがギュッと締まって、じんわりと辛さが広がっていく。うん、なかなか旨い。

 『横綱』と辛みやパンチはほぼ同じだが、こちらは粘度が低く、スープにスッと溶けていく。まるで『一蘭』の「赤い秘伝のたれ」のようだ。

ネギのシャキシャキ食感がチャーハンをおいしく変身させる
ネギのシャキシャキ食感がチャーハンをおいしく変身させる

 一方、「チャーハン」にはネギをトッピング。チャーハンとたっぷりのネギを頬張ると、味や食感が変わって、よりおいしくなる。やはり、『大統領』も『横綱』もこの味変こそが人気の秘密なのだ。

 『横綱』と『大統領』の関係を調べてみると、両店はまったくの無関係らしい。『横綱』は1970年創業なので『大統領』が後発となるが、いわゆる“インスパイア系”ということか。

『おとなの週末』Web/2024年2月14日公開記事より転載
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

おとなの週末 2024年 5月号 [雑誌]

おとなの週末 2024年 5月号 [雑誌]

600円(06/21 23:13時点)
発売日: 2024/04/15
Amazonの情報を掲載しています
【画像ギャラリー】黄色地に赤文字の看板が「激似」!! 『横綱』と『大統領』のラーメンとチャーハンを徹底比較(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します