日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?

日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?

 セダン離れが進み、猫も杓子もSUVという時代だが、今こんなセダンがあったらいいのにな……という、クルマがある。1990年2月に日本および欧州で販売されたP10プリメーラである。なぜ、P10プリメーラのようなコンパクトでスポーティなセダンがもう生まれないのだろうか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカー、日産自動車

■欧州車を超えたハンドリングと使い勝手のいいパッケージング

前輪マルチリンクサスペンションを備えた欧州仕込みの4ドア&5ドアセダンとして1990年2月に誕生した(写真は2.0Te)。2Lモデルは車重1200㎏で150psだった
前輪マルチリンクサスペンションを備えた欧州仕込みの4ドア&5ドアセダンとして1990年2月に誕生した(写真は2.0Te)。2Lモデルは車重1200㎏で150psだった

 日産が最も輝いていた時代に作られたFFスポーティセダン、初代プリメーラ。当時日産は、1990年までに技術世界一を目指すという「901運動」を展開していた。

 開発当初から、欧州市場へ投入することからスタイリング、動的性能、実用性、パッケージングなど、すべての面で欧州車を意識しており、901運動で生まれた、前輪マルチリンクサスペンションを採用した。

 フロント/マルチリンク、リア/パラレルリンクストラットの組み合わせにより、操安性と乗り心地の両立が図られ、特にハンドリングは欧州車を超えたと、当時のモータージャーナリストや自動車雑誌では高く評価された。

 一般的には、実用を重視すればするほどスポーティさは薄れがちだがプリメーラは違う。実用的な乗り心地と、スポーツカーにも勝るハンドリングを手に入れた。高いコーナリング性能を持ち、それでいてしなやかなフットワークを持っていた。

P10プリメーラのコクピット
P10プリメーラのコクピット

 ボディサイズは全長4400×全幅1695×全高1385mm。ホイールベースは2550mmと可能な限り室内空間を広く取ろうとした機能的なパッケージング。コンパクトな車体ながら室内は当時のクラス最大級の広さを誇るもので、スタイリングも居住性と空力性能をバランスよく両立させ、車両のパッケージングのよさを直接訴求した「プリメーラ・パッケージ」のキャッチコピーも話題になった。

初代プリメーラのパッケージング
初代プリメーラのパッケージング

 エンジンは110ps、1.8L、直4のSR18DE型と150ps、2L、直4のSR20DE型を搭載。1991年10月には英国製の5ドアハッチバックの2.0eGTを追加設定。当時としては長い約5年半のモデルライフだった。

 筆者は5ドアのSR20DEの5速MTや5ドアの2.0eGTの走りはいまだに忘れられない。当時としてはステアリングは重かったが路面からのステアリングインフォメーションはよく伝わってきて、箱根ターンパイクのコーナリングは実に楽しかった。

搭載されたエンジンは1.8L&2Lの直4で、4速ATと5速MTが設定された(写真はSR20DEエンジン)
搭載されたエンジンは1.8L&2Lの直4で、4速ATと5速MTが設定された(写真はSR20DEエンジン)

 ただし、乗り心地に関しては、首都高や都内の一般道では少々硬すぎかなという印象。このあたりは欧州車テイストなのだが、当時、ベンツ190Eや丸みを帯びたアウディ80、オペルベクトラなど、高く評価されていた欧州車と比べても、ようやく追いついたと評されたことは感慨深いものがあり、誇らしかったのを覚えている。

 今、P10プリメーラのような、コンパクトな5ナンバーサイズの取り回しがよく、ハンドリングがいい5速MT車のセダンがあったら、いいのにと思ってしまったのは私だけだろうか。

■中古車市場では16台流通。オーテックバージョンが5台も!

1994年の全日本GT選手権のエントリーを記念して1994年1月に発売されたプリメーラオーテックバージョン
1994年の全日本GT選手権のエントリーを記念して1994年1月に発売されたプリメーラオーテックバージョン

 さて、今P10プリメーラはいくらで買えるのか? 中古車流通台数は16台ほどで、中古車価格帯は約26万~219万円。なかには1993年式の2.0Tmのワンオーナー/9万km/90万円という個体もあった。程度によって価格に幅があるが、特に暴騰しているわけもなく、高い個体はそれなりに手が入れられている。

 そして、なんとプリメーラオーテックバージョンが5台も流通しているのには驚いた。JTCC(全日本ツーリングカー選手権)参戦記念として発売されたもので専用のフロントグリルやフロントスポイラー、大型リアスポイラーが装着されている。

 搭載されているエンジンは専用エキマニや専用セッティングとしたECUを装着することで180ps/19.6kgmまでパワーアップしたほか、トランスミッションはT4のクロスミッション、ビスカスLSDや専用チューンドサスペンションを装着するなど、スペシャルなモデルに仕上がっている。

 プリメーラオーテックバージョンの中古車価格は、192万円、218万円、225万円、235万円、239万円。興味ある方はぜひ見てほしい。

プリメーラの中古車情報はこちら!


■日産プリメーラ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4400mm×1695mm×1385mm
●ホイールベース:2550mm
●車重:1200kg
●エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc 
●最高出力:150ps/6400rpm
●最大トルク:19.0kgm/4800rpm
●燃費:11.4km/L(10・15モード)
●価格:206万5000円(1990年式2.0Tms 5速MT)

【画像ギャラリー】日本が誇るスポーツセダンのP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します