【評価大逆転!!】発売当初の人気が低かったのに大ヒットしたクルマ5選


ホンダ初代アコードインスパイア&3代目ビガー

販売期間:1989~1995年
評価が低い理由:FFなのに運転席の足元が狭い、トラクション不足

スッキリ端正なフロントマスク、ハードトップの採用により大ヒットモデルとなったアコードインスパイア。兄弟車のビガーは少数派だった

 平成に入るまでホンダはレジェンドこそあったものの、当時マークⅡ三兄弟が国民車的存在になるほど売れていた上級小型車といういかにも日本的なジャンルに参入することが悲願であった。

 そこにアコードの上級車として投入したのがアコードインスパイアと3代目ビガーである。

 このジャンルはFR車とするのが常套手段であるが、残念ながら当時のホンダにFR車を作るのは生産設備などの関係で実現できなかった。

 ではどうしたかというと、「FF車でFRのようなフロントオーバーハングの短いスタイルにしたい」という目的もあり、FFミッドシップと呼ばれる直列5気筒エンジンを縦に積んだ後方にトランスミッションを置き、動力はトランスミッション前方に移動したデファレンシャルを介して駆動するという構造が誕生した。

 FFミッドシップは前述したスタイルとFF車ながらタイヤの切れ角が大きくFR車のように小回りが利くというメリットはあった。

モケット、アルカンターラ、木目パネルなどを使ったインテリアは当時人気だったマークII系にはない高級感があり、ユーザーの満足度は高かった

 しかしそれ以外はエンジン搭載位置の関係でトラクション(駆動力)が弱い、FFなのに車内にトランスミッションが張り出し前席足元が狭いといったデメリットも目立った。

 そのため自動車メディアでは「素直にFRにすればいいのに」という評価も多く、お世辞にも正しいとか理論的とは言えない構造だった。

 しかしアコードインスパイア&ビガーは大成功を納めた。成功の最大の要因はスタイルと、木目パネルに革、モケット、当時出始めたアルカンターラ(人工スウェード)を巧みに組み合わせた魅力的なインテリアに尽き、クルマにとってカッコよさの大事さを痛感する。

★     ★     ★

 クルマも人と同じように総合力はそれほど高くなくとも、成功する場合がある。それだけに人もクルマも器用さも重要だが、飛び抜けた魅力を持つことで道が開けることがあるのもこういったクルマたちを見るとよくわかる。

【画像ギャラリー】現代版カリーナEDがドイツで大流行!?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ