【評価大逆転!!】発売当初の人気が低かったのに大ヒットしたクルマ5選


 21世紀に入ってからは技術の進歩もあり「ひどく出来の悪いクルマ」というのを目にすることはなくなった。

 しかし1990年代まではそれほど出来のよくないクルマというのもしばしばあり、その割りに大ヒットしたクルマが時たまあった。

 当記事ではそんなクルマとしての評価、前評判は決して高くなかったものの、ユーザーから受け入れられたクルマたち集め、大ヒットした理由も交えながら振り返る。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、MAZDA、MERCEDES-BENZ、BMW、VW

【画像ギャラリー】現代版カリーナEDがドイツで大流行!?


初代日産キューブ

販売期間:1998~2002年
評価が低い理由:内外装、走りとも質感が低く乗車定員が4人

初代キューブのデザインは背が高い以外特徴はなし。搭載していたCVTの出来もイマイチだったが、使い勝手がよくユーティリティに優れ安かったのが勝因

 日産が本当に厳しい状況にあった1998年に登場した初代キューブは、当時の2代目マーチをベースにした今でいうスズキソリオのようなプチバンで、ジャンルこそやや違うものの初代デミオに似た部分も持つモデルである。

 クルマ自体はベースとなった2代目マーチが登場から6年が経っていたのに加え、全高を上げた割に着座位置は上がっていなかったこともありミニバン的なコンセプトにしては見晴らしのよさに欠けるなど、特に評価できる部分はなかった。

 しかし広さやバックドアのガラス部分が開くことによる使い勝手のよさや初代デミオ同様に安かったことを理由に大人気車となり、苦しかった日産には孝行息子となった(結局翌年にルノーと資本提携を結ぶのだが)。

 同時期に鳴り物入りでデビューしたホンダキャパのほうが評価は高かったが、ユーザーから支持されたのはキューブだった。キャパの敗因は価格設定で、キューブよりも高めだったことで、ユーザーがキューブに流れてしまって失敗。

内外装、走りの質感はキューブよりも高かったキャパだが、キューブより高い価格設定により割高感が出て販売面で苦戦。出来がよくても売れないこともある典型例

初代マツダデミオ

販売期間:1996~2002年
評価が低い理由:安っぽい

デミオ→マツダ2となった現行モデルと比べるととてもチープな初代デミオ。それは当時のライバルと比べてもそうだったが、実用性をシンプルに追求して大勝利

 マツダがどん底にあった1996年に登場した初代デミオは、既存のプラットホームなどを使ったタワーパーキングにも入るコンパクトワゴンである。

 クルマ自体は大きな問題こそなかったが、特に初期モデルは今思うとペナペナで安っぽさも目立った。

 しかし初代デミオのコンセプトはキャビン、ラゲッジスペースともに広く、シートもフルフラットになり仮眠もできるなど実用的で、かつ安価だったこともあり、不景気だった日本では大ヒットを飛ばし、当時の苦しかったマツダには救世主的な存在となった。

全高をたっぷりとったおかげで小さいボディながら広い室内と自転車も搭載できるラゲッジを実現し、派手さはないが質実剛健を地でいった

次ページは : 初代トヨタカリーナED

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ