【名車だったが迷走!!】発売前は高評価だったのに売れなかったクルマ6選

スバルR1

販売期間:2004~2010年
苦戦した要因:理想と現実のギャップ

日本人は1台のクルマで日常生活、レジャーのすべてをこなすのが一般的。ほぼ2シーターの軽自動車は欲しいと思っても買える人は限定される

 2003年登場のR2をベースにした軽自動車であるR1はオーソドックスな5ドアのR2に対し全長を110mm小さくした2ドア車かつリアシートは+2とすることで、スペシャリティでより取り回しの優れるというコンセプトを持つモデルである。

 そのため2人乗りと4人乗りという違いはあるにせよ、スマートフォーツーに近い面も持つ。

 R1は全体的に質感が高く、コンセプトも面白いモデルだった。

 しかし取り回しは普通の軽自動車でも十分いいからアドバンテージはなく、+2となるリアシートが中途半端、プレミアムな面もあるにせよ客観的に見れば内容のわりに高いというのは否めず、R1も近いコンセプトを持つツインやiQと同じく初代限りで姿を消してしまった。

エクステリアに負けないくらい斬新なインテリア。これもすばらしい、と評価したとしても、理想と現実のギャップに悩み、実際に購入する人は少なかった

★    ★    ★

 クルマはいいだけでは売れない、という典型を集めてみたが、改めて日本マーケットの特殊性、難しさを痛感する。

 何しろ日本人は飽きやすく、好みもコロコロ変わる。しかも流行に敏感ときているため、いったん軌道に乗れば物凄い人気になったりすることがあるのはそのためだ。そしてその逆もしかり。

 ここで紹介したクルマは、多数派にはなれなかったものの、選んだ人はそれ相応の満足感を得ていたことを最後に加えておきたい。

【画像ギャラリー】いいクルマだったが苦戦し迷走した歴代日産レパード

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!