【トヨタ WRC復帰】 王者VW撤退で生じるトヨタへの思わぬ好影響

 11月27日、トヨタのモータースポーツイベントでヤリスWRCがついに国内初公開された。イベント内では走行も行うなど、2017年1月のWRC復帰に向けて、ますます注目度も上がってきている。

 さて、2017年のWRCは既報のとおり2016年王者のフォルクスワーゲン(VW)が撤退し、勢力図の激変が予想されている。チャンピオンチームの撤退によって、トヨタにはどんな影響がもたらされるのか? 

 WRC番組の解説も務める国沢光宏氏が、そのポイントを解説する。

 文:国沢光宏、Webベストカー編集部
ベストカー2016年12月26日号


最強VWはモチベーション低下を嫌い撤退発表を引き延ばし

 ヨーロッパのニュースを見ると、VWのWRC撤退はアウディのWEC撤退時よりはるかに大きな扱いである。WRCとWECでは観客動員数が圧倒的に違うので当然か。VWとしても大きな決断だったと思う。

 とはいえ撤退は今年の早い段階で決めていたことだろう。春あたりから2017年型マシンの開発テストのニュースも流れてこなくなっていた。

 発表を延ばした理由は簡単。その時点でチームもドライバーもやる気を失い、残るシーズンを棒に振るためである。VWとしちゃムダ遣いをしたくなかったのだろう。

 撤退の要因は一昨年のディーゼル不正問題。巨額の損失を出し、今後もしばらく影響を残すだろう。アメリカ市場の売れ行き回復だって時間がかかること間違いない。新しい経営陣がモータースポーツの費用対効果を認めなかった、ということか。

トヨタWRCはホンダF1の復帰初年より期待できる

WRC RALLYE MONTE CARLO 2015 - PHOTO : CITROEN RACING/AUSTRAL 12 Citroen Total Abu Dhabi WRT, Ostberg Mads, Andersson Jonas, DS 3 WRC, Action
2016年シーズンは、WTCC活動をメインとし、WRCではセミワークス的活動にとどまったシトロエン。2017年は、ニューマシンC3 WRCを投入し、王座奪回を目指す。トヨタ最大のライバルになるだろう  

 VWの撤退に関して、WRCの関係者の反応は案外冷めている感じ。引き留めようという動きも出なかった。「事情はわかりました。お疲れ様でした」って雰囲気。むしろ「VW抜けた穴をトヨタがカバーしてくれてよかった!」。

 トヨタのWRC復帰、すばらしいタイミングだと思う。シトロエンやヒュンダイからすれば、シリーズタイトルの可能性も出てきた。

 そんなこんなで2017年の勢力図は、シトロエンとヒュンダイのガチ勝負。それにフォード(M-スポーツ)が絡む展開になりそう。

 トヨタといえば、修行の年です。開発に時間をかけられなかったこともあり、ポディウム争いより磨き込みでしょう。ただ参戦1年目のホンダF1よりずっと期待していい。終盤に向かい面白い展開になっていく可能性だって大いにあります。

トヨタに好影響。VWの有力ドライバーがトヨタ加入か

 もう1つ「どうなる?」と大きな話題になっているのはドライバー。VWに所属していた優勝を狙えるトップクラスドライバーが突如3人もシートを失った。こんなこと初めてである!

Jari-Matti Latvala (FIN) Volkswagen Polo R WRC (2016) WRC Rally Italia Sardegna 2016
ヤリ=マティ・ラトバラ(VW)。2016年はメキシコで1勝を挙げ、WRC通算15勝目。これで、スバルで活躍したペター・ソルベルグの通算14勝を越えた。トヨタに加入すれば大きな戦力となり得る  

 ただヒュンダイは3人のドライバーを決めてしまっており万事休す。フォードも予算なく、高額なギャランティなど払えない。シトロエンといえば、やはり空きシートは1つ。そして、トヨタはシートを2つ決めていない。

 何と! トヨタにトップクラスのドライバー2人を獲得できるチャンスが巡ってきたのである。セバスチャン・オジェ(2013-2016年WRCチャンピオン)のようなドライバーを引っ張ってくるとなれば、相当の移籍金を覚悟しなければならない。

 ヤリ=マティ・ラトバラやアンドレアス・ミケルセンだって高額です。今なら移籍金なし! すでにシトロエンはフランス人のオジェを何としても欲しいと動き始めている。となるとトヨタはラトバラとミケルセンか? 最高ですね!

 (国沢光宏)


現状トヨタが発表したドライバーは1人のみ。オジェもヤリスWRCをテスト!

 現状のトヨタのドライバー事情を整理すると、12月2日現在トヨタが発表したドライバーはフィンランド人のユホ・ハンニネンのみ。ハンニネンは、ヨーロッパラリー選手権チャンピオンに輝いた経験を持つ実力派だが、WRCトップカテゴリーでの経験はない。

 そして、ここにきてWRCチャンピオンのオジェもヤリスWRCをテストしたことが明らかになった。彼のトヨタ入りの可能性は“ウルトラC”だが、国沢氏も指摘するように同じくVW所属のラトバラやミケルセンが加入する可能性は大いにある。

 しかも、2017年のWRC開幕は1月20日と迫っている。ドライバーラインアップの発表をそう長く先延ばしすることはできない。

 年内に発表があれば、それはトヨタにとって嬉しい“クリスマスプレゼント”になるかもしれない。

 (WEBベストカー編集部)

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ