ホンダF1 チャンピオン争いなるか!? 高まる期待と頂点への課題


 ついにF1開幕!! 昨シーズン3勝をあげたホンダF1が、ついに王者メルセデスAMGの背中を捉える!? チャンピオン争いへの期待と課題とは。

 2020年のF1開幕戦オーストラリアグランプリが、いよいよ今週末の13日に開幕(予選=14日、決勝=15日)。昨季からレッドブルにパワーユニットを供給し、シーズン3勝をあげたホンダF1は、2015年の復帰後6シーズン目を迎える。

 引き続き「レッドブル」と「アルファタウリ」の2チーム、計4台にパワーユニットを供給するホンダF1は、さらなる飛躍を遂げることができるのか。元F1メカニックでジャーナリストの津川哲夫氏が解説する。

文:津川哲夫
写真:Getty Images / Red Bull Content Pool

【画像ギャラリー】第四期ホンダF1 復帰後の全参戦マシンをチェック!!


ホンダF1にとって今季は「大きな山場」

ともにホンダエンジンを搭載するニューマシン、レッドブル「RB16」(上)とアルファタウリ「AP01」(下)

 いよいよ2020年F1シーズンの開幕だ。今シーズンは現行F1規則の最終年、2021年からはこれまでのF1史を覆す過激な規則変更が施行され、F1はその姿を大きく変えてしまう。したがって各チーム、何が何でも今シーズンに結果を出したいところだ。

◆3月15日(日)まで限定!! ホンダF1見るなら『DAZN』 今だけ2か月無料キャンペーン実施中!!

 これはレッドブル軍団にパワーユニット(PU)を供給するホンダも然り。2021年のPU規則は現行のままだが、それに加えて開発制限が強化されるので、本格的なPU開発戦争は今シーズンが最後の山場、ここで結果を出さねば後がない。

 ホンダはレッドブルグループと共闘して、レッドブルとアルファタウリ(編注:昨季までトロロッソとして参戦、今季よりチーム名変更)チームにパワーユニットを供給している。

 このホンダ連合軍は今シーズンかなり戦力を上げている。それは2019年と今シーズンの間に規則変更が全くなく、昨年からの開発がそのまま継続されているからだ。「それは他チームも同じじゃないか!?」と文句を言われそうだが、ホンダ連合軍は少し様子が違う。

弟分のアルファタウリ・ホンダは昨季優勝車で戦闘力向上へ!

トロロッソの青系から白を基調としたカラーリングに一新されたアルファタウリ・ホンダの新車。ボディサイドの「HONDA」デカールも映える

 レッドブル・ホンダはもちろん最新型マシンの「RB16」を投入するが、アルファタウリ・ホンダは今シーズン車として昨年のレッドブル「RB15」を投入する。

 つまり、昨年の優勝車(編注:レッドブル・ホンダは昨季3勝を記録)を、そのまま今シーズン用に更なる開発を加えて送り込んでいるのだ。その戦闘力の高さをあえて説明する必要はないだろう。

 (今季は)規則変更がなかったため、各チーム昨年型からの継続開発・アップデートという手法を取っている。

 そのため昨シーズン終了時の勢力図に極端な変化は少なく、そうしたなかで「RB15」をアップデートするなら間違いない戦闘力が保証されているわけだ。

 また、本体のレッドブルは「RB16」という今シーズンに特化した新車を投入。チャンピオン争いへの強力なチャレンジャーだが、テストは冬季テストのみで開幕戦を迎える。

 一方、アルファタウリは昨年1年間走り切って充分なデータも信頼性も確立しているマシンだから、レッドブルのバックアップには実に強力な存在となる。

 実際、昨年のトロロッソ・ホンダも複数の表彰台をゲットしているのだから、AT01(=レッドブル譲りの新マシン)を得れば更なる好成績はほぼ確実と言っていいだろう。

次ページは : 昨季は3勝!! ホンダF1 タイトル争いへの「期待と課題」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ