ロータス・エキシージ・スポーツ350でLOTUS CUP JAPANに参戦!【SUGO全開アタック動画アリ】


 元ベストカー編集部員にしてプロフェッショナルドライバー・大井貴之氏が、超スペックマシンでレース参戦! 

 ハイスピードバトル動画も参考になるし、美しいサーキットガールの映像もありますので、皆さまぜひお楽しみください! 

 SUGO全開アタック動画はマジでためになります。はい。

文:大井貴之


<LOTUS CUP JAPAN

 ベストカーOBの大井貴之(おおいたかし)、Global MX-5 Cupに続き、再びベストカー代表としてワンメイクレースにエントリーして参りました。

 今回のレースは、LOTUS CUP JAPAN。イギリス生まれのピュアスポーツカー、ロータスエリーゼ&エキシージのナンバー付き車両で争われるワンメイクレース。

 その中でも、最もパワフルなエキシージ・スポーツ・350という最高峰のクラスにゲストドライバーとして参戦する機会を得た。

 エキシージ・スポーツ・350は、1130kgの軽量ボディに3.5LのV6エンジンにスーパーチャーヂャーまで付けちゃった350psのハイパワーエンジンを搭載したモデル。

 一つ前のNC型ロードスターにWRX STIより強力なパワーユニットを搭載した2WDと言えば、どれだけのモンスターかが想像しやすいだろう。

 レースに使用されるクルマは、市販のエキシージ・スポーツ・350にロールバーなどが装着されたワンメイクレース用スペシャルモデル。価格は、ベース車両の972万円+約100万円。

 決して安いクルマではないが、スポーツカーバブルと言っても良いほど価格が高騰しているこの時代。

 0-100km/hを3.9秒で加速し、274km/hの最高速を誇る軽量ミドシップスポーツカーというパフォーマンスから考えたら1000万円は決して高くはない。

 このレース最大の魅力は、JAFのNゼロ規定でレースが行われていること。ユーザーのカスタマイズが許されるのは、足回り(スプリング&ダンパー)とLSD、ブレーキパッド、そしてホイールとバケットシートくらい。

 だからコストが抑えられるうえ、週末のワインディングドライブに使うことも出来る。この1台でスポーツカーライフが満喫出来てしまうということなのだ。

<今回の目論見>

 日本でロータスを販売するLCIから連絡を受けたのは4月頃だった。富士、SUGO、もてぎの3レースだったらどれが良いですか? という選択肢が与えられ、オレはSUGO! と即答した。

 そこにはちゃんとした理由がある。エントラントは関東エリアが中心。だから富士ももてぎも練習量が多いに違いない。

 対するSUGOは、他のサーキットとは違いコーナー進入時に微妙なスピードコントロールが必要なコーナーが多く、ドライバーの腕がモノを言うサーキット。

 しかも7月上旬となれば雨の確率が高い。ウエット路面となるとレコードラインの路面μが極端に低下する。条件が悪くなればなるほど腕と経験で有利になる。と言いながら今回はゲストドライバー。

 表彰台はもちろん、リザルトにも残らないが、勝負するからには負けは許されない。

 と、意気込んで仙台へ。梅雨の真っ只中の筈だった7月8日。SUGO入りすると真夏の暑さが待っていた。

 気温30℃を越え、路面温度は午前中から40℃オーバー。苦戦の匂い。

次ページは : <セッティング走行>

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ