JAF公認のeモータースポーツレース開催! SFドライバーたちが大激闘!


 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためにレースが延期されている中で、eモータースポーツが盛り上がりを見せ、プロドライバーが参加するようなイベントも開催されている。

 人気が高いのはやはりプレイステーション4のグランツーリスモスポーツだが、2020年6月12日には新型のプレイステーション5が発表された。

 さらに配信映像による発表イベントでは、新しいグランツーリスモ7の映像も公開されている。ハード・ソフトともに発売日はまだ発表されていないが、多くのファンが登場を心待ちにしている。

 厚生労働省がイベント開催のガイドラインを発表したことで、ようやく国内レースの日程が発表されている。「2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権」は、2020年8月29~30日のツインリンクもてぎを皮切りに全7戦で戦われることとなった。

 開幕が待ちきれないファンのために「JAF認定スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ・スペシャルラウンド」というコンテンツが準備され、その模様をJ SPORTSが配信した。現在はYouTubeでも観覧可能となっている。

 今回は2020年5月14日に開催されたこのeモータースポーツイベントをレポートする。

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラ・ヴァーチャル・スペシャルラウンドの様子

文:森吉雄一/写真:JRP、costick.


■JAF認定スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ・スペシャルラウンド

スタートシーンの様子

 このイベントは実際に2020年シリーズにエントリーしている16人のドライバーが参戦するという国内eモータースポーツとしてかつてないほど豪華な顔ぶれでの開催となった。

 だが、タチアナ・カルデロン選手(唯一の女性ドライバー)のみチームオーナーの道上龍選手が代役として出走、レジェンドドライバーが若手ルーキーとどう戦うのかも注目された。

 今回使用されたのはリアルドライビングシミュレーターであるPlayStation4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』。コースはオートポリス、マシンはもちろんSF19(スーパーフォーミュラ用ワンメイクシャシー)、エンジンはトヨタとホンダが選べるなどグランツーリスモらしいリアリティー溢れる設定だ。

 レース実況には実際のレースでマイクを握るピエール北川氏、解説には現役レーシングドライバーでもあり「つちやエンジニアリング」代表 土屋武士氏とグランツーリスモ開発に携わる山田和輝氏(「YAM23」)を迎えた。

 リアルレース視点とヴァーチャル側からの両視点からのコメントが分かりやすくて新鮮だ。

■ルーキーとベテランが魅せた予選

ゲームならではのテクニックが光った予選

 まずは予選。各ドライバーは自宅などグランツーリスモをプレイできる環境からリモートで紹介され、各車1アタックのみのスーパーラップ方式で行われた。

 中でも注目されていたのは今期F3からのステップアップを果たしたルーキー大湯都史樹選手。なぜ彼が注目されるかというと3~4月に行われた鹿児島国体グランツーリスモSPORT部門オンライン予選で全国3位という驚きの結果を残して話題となった。

 その実力は本物、アタックラップに入る手前の最終コーナーでは一人だけラインを大きく取り、よりアクセルを早く全開にしてストレートの伸びを得られるようなアタックラインを走行。

 これはゲーム特有のライン(実車だと埃に乗ったりタイヤカスを拾ってしまう)で、この走りからも完全にグランツーリスモをモノにしていることが伺えた。本人の「自信がある」というコメント通りしっかりとポールポジションを獲得。

 2位には坪井翔選手、3位福住仁嶺選手、4位には平川亮選手とシミュレーター経験の多い若手ドライバーが続いた。

 そんな中ベテランの野尻智紀選手が魅せてくれた。他のドライバー全員がハンドルコントローラーで実車さながらの操作を行っているのに対し、野尻選手は「誰もが楽しめる」とPlayStation4標準コントローラーを使用。

 一般的に標準コントローラーだとどうしても動きがカクカクしてしまうプレイヤーが多いのだが、野尻選手はハンドルコントローラー以上のスムーズなドライビングを披露。素晴らしい走りで5位に食い込んでみせた。

次ページは : ■リアルなレースを彷彿とさせる見応えのある決勝ラウンド

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ