プロドライバーも参戦! ステイホームで盛り上がるeモータースポーツ!


 スーパーGTを統括するGTアソシエーションは、2020年のスーパーGTの開幕戦を7月17~18日の日程で富士スピードウェイにて行うことを発表した。

 序盤の4戦は無観客での開催を発表しているものの、ようやくレーシングマシンの活躍を見ることができそうだ。

 レースを開催できない期間のレース界は、プレイステーション4用のレーシングシミュレーター「グランツーリスモSPORT」に代表されるようなeモータースポーツによって支えられてきた。

 総務省が6月5日に発表した発表した4月の家計調査で、ゲームソフトへの支出が2倍に増えたとのことだが、それほどステイホームとゲームマシンとの親和性は高いというわけだ。

 ステイホームのレーシング界は、世界的にeモータースポーツが注目を浴びている。本物のレーサーがバーチャルなレーシングマシンで戦っているのだ。

 今回はeモータースポーツに詳しい森吉雄一氏に国内のeスポーツについてレポートしてもらった。 

文:森吉雄一/写真:Toyota


■プロが家からレースゲームに参戦!

TOYOTA GAZOO Racingは3、プレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』内でGRスープラによるワンメイクレースを開催している

 今、レースゲームやレーシングシミュレーターを使った「在宅レース」が熱い!! オンライン上では毎日のようにプロレーシングドライバーやプロゲーマーがバトルを生配信している。

 趣味でレースゲームを楽しむ人やシミュレーターでトレーニングするユーザーにとってプロレーシングドライバーといえば雲の上のような存在だ。

 その憧れのプロドライバー達が、大挙して身近なレースゲームなどのeモータースポーツ界に流れ込む、言わば「逆流」のような現象が起きている。

 近年盛り上がりを見せているeモータースポーツだが、ここに来てその人気は一気に加速しとんでもなく面白いことになってきている。

 ご存じの通り新型コロナウィルスの影響で大勢のファンが集まるレースイベントは今のところほとんどが中止。

 F1やスーパーGTをはじめ、人気の高い国内外のレースもまだシーズンが始まっていない上に、今後の開催予定は全く予測がつかない。当然レース業界は過去に経験したことのないほど深刻な打撃を受けているというのが現状だ。

 残念ながらレーシングドライバーはマシンに乗り込むこともなくレースどころかテストや練習すらできない状況。

■トヨタ系ドライバーが中心になって盛り上げる!

左から2019年のスーパーGT・GT500クラスのチャンピオンの大嶋和也選手と山下健太選手、そしてチームを率いた脇阪寿一監督。トヨタ系のドライバーがeモータースポーツを盛り上げている!

 他にプロドライバーとしての仕事といえばイベントインストラクターやゲスト出演などが主な業務だが、それこそ人が集まるイベントも全て中止となってしまっている。

 だけど暗いニュースばかり並べてもしょうがない。リアルレースが無理ならバーチャルレースがある。

「今だからこそ、モータースポーツを楽しもう!」と、以前からeモータースポーツ大会のゲスト解説者としても活躍中の脇阪寿一選手や小林可夢偉選手などトヨタ系のレーシングドライバーが立ち上がった。

「プロゲーマーVSプロレーサー」など見ていて楽しい企画をYoutubeで実況配信を始めたのだ。その波はメーカーやカテゴリーを超え多くのプロドライバー達に瞬く間に広がって大変な盛り上がりを見せ始めている。

 まさに在宅ワークならぬ「在宅レース」だ。その見所はプロドライバーとしてのドライビングテクニックやレースの組み立てはもちろんだが、今までヘルメット越しで見ることができなかった表情やコメントも予想以上に面白い。

 ピリピリしたサーキットと違い自宅でリラックスしてしゃべりながら楽しそうにレースする姿もファンにはたまらない。

次ページは : ■トヨタがeモータースポーツのためのスタジオを設立

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ