ホンダF1 開幕戦で見えた期待と課題 よもやのリタイアも光明!?

 ついにF1“解禁”、2020年開幕戦がオーストリアで開催された。バーチャルではなく現実のF1サウンドがアルプスの山々に響き渡る様子は、F1ファンにとって胸躍る瞬間だ。

 F1開幕戦オーストリアグランプリは、2020年7月5日に決勝を迎え、ようやくスタートを切った。ホンダは今季もレッドブルとアルファタウリの2チーム、4台にパワーユニットを供給。レッドブルにとってはホームレースでもあり優勝への期待も高まっていた。

 しかし、レッドブル・ホンダのエース、マックス・フェルスタッペンは、2位でスタートしながら、レース序盤にリタイア(マシントラブル)。チームメートのアレクサンダー・アルボンは波乱の展開でレース終盤、優勝も視野に入れ、王者ルイス・ハミルトンを追ったが接触、13位完走扱いでレースを終えた。

 異例のF1シーズンは、2週連続で早くも今週末7月12日に第2戦の決勝を迎える。果たしてホンダF1は飛躍できるのか? 開幕戦で見えた期待と課題を、津川哲夫氏が解説する。

文:津川哲夫
写真:Getty Images / Red Bull Content Pool、HONDA

【画像ギャラリー】黄金期から最新マシンまで! 豪華絢爛 ホンダの歴代F1マシン


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ