よもやのリタイアも光明!? ホンダF1 開幕戦で見えた期待と課題

 ついにF1“解禁”、2020年開幕戦がオーストリアで開催された。バーチャルではなく現実のF1サウンドがアルプスの山々に響き渡る様子は、F1ファンにとって胸躍る瞬間だ。

 F1開幕戦オーストリアグランプリは、2020年7月5日に決勝を迎え、ようやくスタートを切った。ホンダは今季もレッドブルとアルファタウリの2チーム、4台にパワーユニットを供給。レッドブルにとってはホームレースでもあり優勝への期待も高まっていた。

 しかし、レッドブル・ホンダのエース、マックス・フェルスタッペンは、2位でスタートしながら、レース序盤にリタイア(マシントラブル)。チームメートのアレクサンダー・アルボンは波乱の展開でレース終盤、優勝も視野に入れ、王者ルイス・ハミルトンを追ったが接触、13位完走扱いでレースを終えた。

 異例のF1シーズンは、2週連続で早くも今週末7月12日に第2戦の決勝を迎える。果たしてホンダF1は飛躍できるのか? 開幕戦で見えた期待と課題を、津川哲夫氏が解説する。

文:津川哲夫
写真:Getty Images / Red Bull Content Pool、HONDA

【画像ギャラリー】黄金期から最新マシンまで! 豪華絢爛 ホンダの歴代F1マシン


ホンダが開幕戦に投入したパワーユニットの実力と意味

レッドブル・ホンダがタッグを組んで2年目のシーズン。ホンダはアップデート版のパワーユニットを開幕戦に投入した

 開幕戦の舞台レッドブルリンクでは、その名の通りレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、2018年そして2019年と連勝、実に相性の良いサーキットだ。

 昨年はホンダパワーユニット(PU)搭載初年度での見事な力勝ち、これはホンダF1にとっても13年ぶり、ホンダF1プログラムが現行のフェーズに入ってのまさに初優勝。

 レッドブルリンクは海抜700mを超える高所。通常よりも希薄な空気は、エンジンマネージメントとエアロに大きな影響を及ぼす。

 さらに昨年は気温が異様に上昇。これはあらゆる冷却を苦しくさせ、最強のライバル・メルセデスAMGは、オーバーヒートのトラブルを抱えていた。しかし、冷却を含めエアロ(=空力)巧者のレッドブルとホンダの絶妙なコラボは、この難題を征し優勝を決めた。

 メルセデスは、これを教訓に開発を進め信頼性の向上を狙い、この開幕レースにはさらにステップアップした開発PUを搭載。もちろん、信頼性ばかりでなくパフォーマンスの向上も加えて。

 ホンダも同じくステップアップしたPUを投入。しかし本来ならフランスグランプリ(GP)辺りでの搭載予定であったハイスペック型ではなく、信頼性向上と予定よりは若干低めのパフォーマンス向上での“中間的ステップアップPU”を搭載した。

「パフォーマンスも上がってはいるが信頼性重視」

ホンダF1のテクニカルディレクターで、かつてはゲルハルト・ベルガーの担当エンジニアでもあった田辺豊治氏(=写真右)

 ホンダの田辺TD(テクニカルディレクター)も「パフォーマンスも上がってはいるが信頼性重視」とこの開発PUを語る。

 これもレッドブルリンクでの確実なリザルト……もちろん優勝……を狙っての判断だったはずだ。

 今シーズン型マシンの「RB16」は、昨年のRB15に比べてホンダPUに特化した開発がなされ、昨年からより向上したホンダPUとともにエアロ、メカニカルでも走行性能の向上が徹底されている。これらの向上は昨年の神経質さを緩め、小気味よいフットワークを得た。

 残念ながらプラクティス(練習走行)ではセッティングが決まらず、僅かとは言えまだ若干の神経質さが顔を覗かせていたが、この裏にはホンダPUのパフォーマンスアップが、田辺TDの語る控え目な向上ではなく、現実にはしっかりとしたパフォーマンスアップを果たしているからのように思える。

 実際、ホンダ搭載ドライバーの4人全員がホンダPUのパフォーマンス向上に満足感を見せている。

 このオーストリアの開幕戦は、PUもエアロもアップデート版を持ち込むも、実走行テストのないぶっつけ本番、コースや気候へのマッチングは極めて難しい。

 それでもフェルスタッペンは、予選で2台のメルセデスの背後に並ぶポジション、充分な戦闘力を証明。特にノックアウト方式の予選2回目「Q2」を、唯一ミディアムタイヤで通過している。

 これは他のトップチームが皆ソフトタイヤを選択したなかでのこと、レッドブル・ホンダとフェルスタッペンの潜在能力の高さを垣間見た予選であった。

レッドブル・ホンダに優勝の芽は充分あったが…

予選ではメルセデスに差をつけられながらも3位を確保したレッドブル・ホンダのフェルスタッペン。昨年も優勝しているだけに期待は高まったが……

 さらに決勝では、ハミルトン(メルセデスAMG)が予選で黄旗無視、スターティンググリッド降格ペナルティを受けたことで、フェルスタッペンは2番手のポジション。

 スタートもそつなくこなし、メルセデスのバルテリ・ボッタスを至近距離で追尾、この時点ですでにフェルスタッペンの勝利を予想するには充分であった。彼のタイヤはミディアムでライバル達は皆ソフトなのだから。

 残念ながらフェルスタッペンのレッドブル・ホンダにアンチ・ストールが働いてしまうというトラブルが発生、電気系の問題でエンジンは回らずアイドリング状態に落ち込みリタイア。

 残るチームメートのアレクサンダー・アルボンは、セーフティーカーの出動時にソフトタイヤへ変更、一気にメルセデスを追い上げた。タイヤの状態とスピード差を考えればアルボンには優勝の芽も出てきたのだが……。

開幕戦で見えたレッドブル・ホンダの期待値は?

レース終盤、ハミルトン(=写真左)を抜きにかかるアルボン(=写真右)。優勝の二文字がレッドブル・ホンダに見えた一瞬だった

 第4・第5コーナーでハミルトンを抜き前へ出たアルボンの後輪に、ハミルトンの前輪が接触。アルボンはコース外に押しやられ彼のチャンスは潰された。

 これでハミルトンには5秒加算のペナルティが下されたものの、レッドブルとホンダの希望はここで断たれてしまった。おまけに終盤アルボンのPUにミスファイアが発生、パワーが落ちリタイアを余儀なくされた。

 この結果だけで見るとレッドブル・ホンダはまだまだと思うかもしれない。しかしこの結果の裏にはレッドブルの大きな進歩と変化を感じる。

 結果的に電気系のトラブルはあったものの、メルセデスもフェラーリも問題を抱えていて、実は互角。現実にはホンダPUはルノーもフェラーリも抜き、今やメルセデスと肩を並べるところにまで来たことが証明された、もちろん総合的なパフォーマンスで。

 次戦も同じレッドブルリング(決勝=7月12日)、そしてハンガリー、さらにはシルバーストーンでの2連戦……みなフットワークの良いレッドブル・ホンダRB16型のサーキットだ。

 紆余曲折を経て始まったF1グランプリ。幕を上げて見れば予想通り、レッドブル・ホンダへの風向きを強く予感させる、そんな開幕戦であった。

◆F1 2020年シーズンの日程と開催地
第1戦/オーストリアGP/7月5日決勝
第2戦/シュタイアーマルクGP※/7月12日決勝
第3戦/ハンガリーGP/7月19日決勝
第4戦/イギリスGP/8月2日決勝
第5戦/F1 70周年記念GP※/8月9日決勝
第6戦/スペインGP/8月16日決勝
第7戦/ベルギーGP/8月30日決勝
第8戦/イタリアGP/9月6日決勝

(※「シュタイアーマルクGP」はオーストリアGPと同じレッドブルリンクで2週連続開催、「F1 70周年記念GP」はイギリスGPと同じシルバーストンサーキットで開催)

【画像ギャラリー】黄金期から最新マシンまで! 豪華絢爛 ホンダの歴代F1マシン

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ