日本GP直前! F1中継は今や「自分の好きな映像を選んで観る」時代だ!!


 突然ですが、最近F1観ていますか? 「マクラーレン・ホンダの全盛期は観ていた」、「佐藤琢磨が走っている頃は観ていたけど……」。そんな方も多いハズ。

 2017年のF1日本GPは間近。復帰3年目を迎えるホンダF1の凱旋にも注目が集まる。そんななか日本でF1を“観る”環境がちょっと変わってきた。

文/写真:ベストカーWeb編集部


「決められた映像をみる」F1中継の常識と歴史

 「F1と日本」といえば、1987年から鈴鹿での日本グランプリがスタートし、同時に地上波での全戦中継も始まった。

 ちょうど第2期ホンダF1の黄金時代が重なったこともあり、『マクラーレン・ホンダ』や『セナ・プロスト』に魅せられた人も多いだろう。

 ところが、2011年いっぱいで地上波でのF1中継は終了。BSでの無料中継はその後も続いたが、これも2015年シーズンをもって終了。2016年からTVでの中継はCSでの有料放送のみとなった。

 F1中継といえば、コースのさまざまな場所を走る20台ものF1マシンのうち、特定のシーンを映しだし、時折オンボードカメラ(車載映像)やピットの様子を映すのが“お決まりのパターン”。

 決められた1つの映像だけを、決まった時間に、TVで観るというのが常識だった。

 そんなF1中継の常識が大きく変わってきている。

ドライバー、全体、ピット…3つのF1を選べる新しいスタイル

 2016年から新たに日本でのF1中継を始めたのがDAZN(ダ・ゾーン)という動画配信サービスだ。

 ドイツ、スイスなどに次いで日本でもサービスが始まり、F1だけでなく、欧州サッカーやJリーグ、野球ではカープ、ベイスターズの主催試合も配信。スマホやPCはもちろん、TVの大画面でも各種スポーツを視聴可能だ。

 DAZNのF1中継は、“今までのF1中継”とかなり違う。

 10月2日、DAZNが主催するF1マレーシアGPのパブリックビューイングイベントが東京・銀座のGINZA PLACEで開催。筆者が取材に足を運ぶと、忽然と目の前に現われたのは3つの大画面だった。

 中央の画面には見慣れた中継映像が映し出されるが、面白いのは左右の画面。左にはドライバーのオンボード映像、右の画面にはピットレーンの様子とともに、順位などのデータ類とF1チームやドライバー等がSNSで発信した投稿が表示される。3つの画面に、同時にすべて違う映像が流れているのだ。

 例えば、通常の全体映像をTVで観ながら、同時にランダムで表示されるオンボード映像をスマホやiPadで観ることもできるし、順位やピット回数などのデータもチェックできる。

 今回のイベントと同じように、DAZNのユーザーは誰でも観たい映像を選べる。1つの画面を選べるだけでなく、同時に他デバイスで2画面表示することも可能なのだ。

次ページは : 元F1ドライバーが語る「受け身なF1の視聴スタイルが変わった!」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ