日本GP直前! F1中継は今や「自分の好きな映像を選んで観る」時代だ!!

突然ですが、最近F1観ていますか? 「マクラーレン・ホンダの全盛期は観ていた」、「佐藤琢磨が走っている頃は観ていたけど……」。そんな方も多いハズ。2017年のF1日本GPは間近。復帰3年目を迎えるホンダF1の凱旋にも注目が集まる。そんななか日本でF1を“観る”環境がちょっと変わってきた。

文/写真:ベストカーWeb編集部


「決められた映像をみる」F1中継の常識と歴史

「F1と日本」といえば、1987年から鈴鹿での日本グランプリがスタートし、同時に地上波での全戦中継も始まった。

ちょうど第2期ホンダF1の黄金時代が重なったこともあり、『マクラーレン・ホンダ』や『セナ・プロスト』に魅せられた人も多いだろう。

ところが、2011年いっぱいで地上波でのF1中継は終了。BSでの無料中継はその後も続いたが、これも2015年シーズンをもって終了。2016年からTVでの中継はCSでの有料放送のみとなった。

F1中継といえば、コースのさまざまな場所を走る20台ものF1マシンのうち、特定のシーンを映しだし、時折オンボードカメラ(車載映像)やピットの様子を映すのが“お決まりのパターン”。

決められた1つの映像だけを、決まった時間に、TVで観るというのが常識だった。

そんなF1中継の常識が大きく変わってきている。

ドライバー、全体、ピット…3つのF1を選べる新しいスタイル

2016年から新たに日本でのF1中継を始めたのがDAZN(ダ・ゾーン)という動画配信サービスだ。

ドイツ、スイスなどに次いで日本でもサービスが始まり、F1だけでなく、欧州サッカーやJリーグ、野球ではカープ、ベイスターズの主催試合も配信。スマホやPCはもちろん、TVの大画面でも各種スポーツを視聴可能だ。

DAZNのF1中継は、“今までのF1中継”とかなり違う。

10月2日、DAZNが主催するF1マレーシアGPのパブリックビューイングイベントが東京・銀座のGINZA PLACEで開催。筆者が取材に足を運ぶと、忽然と目の前に現われたのは3つの大画面だった。

中央の画面には見慣れた中継映像が映し出されるが、面白いのは左右の画面。左にはドライバーのオンボード映像、右の画面にはピットレーンの様子とともに、順位などのデータ類とF1チームやドライバー等がSNSで発信した投稿が表示される。3つの画面に、同時にすべて違う映像が流れているのだ。

例えば、通常の全体映像をTVで観ながら、同時にランダムで表示されるオンボード映像をスマホやiPadで観ることもできるし、順位やピット回数などのデータもチェックできる。

今回のイベントと同じように、DAZNのユーザーは誰でも観たい映像を選べる。1つの画面を選べるだけでなく、同時に他デバイスで2画面表示することも可能なのだ。


中央の画面。おなじみの中継映像が映し出される


左画面のオンボード映像。レース中は、いつでも、ドライバーのオンボードを観ることができる


右画面のピットレーン映像。瞬時に今、誰が何位なのかを把握し、ピットレーンの様子も観られる

元F1ドライバーが語る「受け身なF1の視聴スタイルが変わった!」

今までの“受け身な”F1の視聴スタイルは変わりつつある。そう語るのは、この日ゲストで登場し、DAZNのF1中継でも解説を務める元F1ドライバーの山本左近だ。

「(DAZNは)自分が今、『ドライバーのオンボードを観たい』とか、『全体の映像を観たい』といった“観る側の希望”を叶えてくれるシステム。受け身で観るのではなく、自分が観たいものを観られるのが、これまでとの大きな違いだと思う」

「正直な話、TVの前でF1を観なくていいのが一番の特長だと思います。スマホやタブレットなど自分が持っているもので、ベッドルームでもリビングでも、外でも、電車の中でも(F1を)観ることができる」

与えられた映像だけでなく、自分が選んだ映像を、どこでも観られる。まるでTVゲームのような感覚が新しい。


イベントにゲストで登場したサッシャ氏と元F1ドライバーの山本左近氏。サッシャ氏はラジオDJやモータースポーツ番組の実況などマルチな場で活躍。両名でDAZNのF1中継で実況・解説も務める

今までと違うF1中継をファンはどうみた?

「F1を観ていたのは……そうですね、琢磨選手が走っていた頃なので(観戦は)久々ですね」と語るのは、イベントに参加した『ベストカーアンバサダー』の沼尻さん。

他の参加者も「F1は昔観ていたけれど、最近はちょっとご無沙汰で……」と口を揃える。

鈴鹿での日本GP開催以前からF1ファンだったというベストカーアンバサダーの南さんもそのひとりだ。

「個人的に最近のF1は面白くないと思っていたんです。ずっとメルセデス1強が続いている印象で。でも今日久々に観たらけっこうバトルも多くて、またF1が面白くなってきたのかなと感じました」

ほかにはこんな声も。

「地上波時代は観ていたんですけど、久々にF1観たいなと思って応募しました。僕はロードバイクが好きで、その実況をやっているサッシャさんの実況を聞けて楽しかったです」(ベストカーアンバサダー/加藤さん)

「私はずっとF1が好きで観ているのですが、CSだと実家で観なきゃいけないので大変。昨年DAZNにしたのですが、(どこでも観れる)自由度があるし、見逃してもレース後7日間はいつでも観られるのもいいですよね」(ベストカーアンバサダー/宅見さん)


◆  ◆  ◆

今年のF1日本GPは、予選が10月6日(土)、決勝が10月7日(日)ともうすぐ。「久々にF1、観てみようかな」という人にも、「長年TVでF1を観ている」という人にも、“新しいF1体験”は試してみる価値ありだ!

※視聴方法などの詳細はhttps://www.dazn.com/ja-JPへ。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ