シューマッハにヒント!? 日本人F1ドライバーがなかなか生まれないのは実力以外に理由あり?

 2017年のF1も残すところあと1戦。日本勢では、ホンダが復帰3年目を奮闘中だ。いっぽう日本人F1ドライバーは2014年の小林可夢偉以来途絶え、2018年も誕生の可能性は低い。

 F1には過去に多くの日本人ドライバーがいた。中嶋悟に始まり鈴木亜久里、片山右京、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨、中嶋一貴、小林可夢偉……彼らはそれなりの活躍をして、充分にF1ドライバーの才能を発揮していた。

 しかし、ほぼ全てのドライバーが志半ばで、F1を去ってしまった。野球やスケート、卓球など多くのスポーツで若い日本人スターが世界を舞台に活躍している。

 数多くの才能ある日本人ドライバーがF1を走りながらも、その実績をF1史に残してゆけなかったのはなぜだろうか。そして、ホンダやトヨタなど日本メーカー系チーム以外でなかなか走れないのはなぜだろうか。

文:津川哲夫/photo:INDY CAR


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ