世界ラリー選手権(WRC)、2019年に日本開催へ!

世界ラリー選手権(WRC)、2019年に日本開催へ!

■開催は2019年11月、愛知・岐阜で!

 2018年1月12日、幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2018」にて、FIA WRC(FIA世界ラリー選手権)日本ラウンド招致準備委員会の設立が発表された。

 開催予定地は愛知・岐阜の両県を含む中部地域で、競技やイベントの中心施設は愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)。

 招致準備委員会によると、今後のスケジュールは2018年夏頃にJAFからFIAへと申請が上がり、同年11月に開催予定地にてリハーサルイベントを開催、12月にFAIの国際競技カレンダーへ掲載されることで正式な開催決定となる。

 イベント日程は2019年11月を予定。

 FIA WRCは、F1やWECなどと並ぶ世界最高峰の自動車競技シリーズとして長い歴史を持つ。招致が決定されれば、日本での開催は10年ぶりとなる。

■自民党モータースポーツ振興議員連盟会長よりコメント

 招致準備委員会の設立にあたり、自民党の古屋圭司議員より、以下のメッセージが届けられた。

「このたびは、世界ラリー選手権(WRC)日本開催準備委員会が設立され、WRCをふたたび日本で開催するべく、その活動がスタートしたとのこと、おめでとうございます。

 私は岐阜県の恵那市の出身であり、また自由民主党モータースポーツ振興議員連盟の会長も務めさせていただいております。それだけに、WRCを私の地元の中部地域で開催したいという活動は、私自身の期待を二重にふくらませてくれるものです。

 ご存知のように、昨年来トヨタ自動車がWRCへの挑戦をスタートしておりますが、愛知、岐阜を中心とした中部エリアには、ラリー開催のためのしっかりとした土壌があります。

 日本は世界有数の自動車輸出大国であり、自動車産業は日本経済の一端をしっかりと担っています。自動車に関わる就労人口も直接・間接を含めると500万人を超えるという推計もあります。その一方で、モータースポーツが文化としてしっかり国民に浸透しているかというと、決してそうではありません。

 昨年のインディ500マイルで優勝した佐藤琢磨選手は、一夜にしてアメリカのスーパースターとなり、大きな名誉と莫大な賞金を手にしました。ヨーロッパでは国王や国家元首がF1グランプリの観戦に訪れる機会も多く、また公共インフラである一般公道を封鎖してのレースも数多く開催されています。こうしたことが可能なのは、欧米ではモータースポーツ文化が歴史に根ざし、しっかりと育まれてきたからでしょう。

 WRCの日本開催を実現することで、モータースポーツ文化をさらに定着させて行くことができれば、日本における自動車産業はさらに活性化するでしょう。

 2019年、WRC日本開催が実現することを、わたくしも議員連盟の会長として、またいちファンとしても待ち遠しく感じています」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン&カローラ 大特集 ベストカー5月10日号

 ベストカー5月10日号が、4月10日に発売。今号の巻頭は、トヨタの2大巨頭、クラウンとカローラのニューモデルを総力特集! 新型クラウンに関しては判明した全スペックを掲載するとともに、スバル フ...

カタログ