まるでお祭りの度胸試し!? 1982年~1994年のイタリアラリーシーンは観客も命がけ!!

まるでお祭りの度胸試し!? 1982年~1994年のイタリアラリーシーンは観客も命がけ!!

 世界ラリー選手権(WRC)は1973年にスタートした。だがそれ以前からラリーイベントは存在し、欧州のクルマ文化の一翼を担っている。

 そんな背景もあって、お祭りのような側面もあり、かつては競技車と観客の距離は極めて近く、フェンスもないところで走行中のマシンに触るようなシーンも見られた。

 そんな今では考えられないような1982年~1994年のイタリアのラリーシーンを振り返る。

文/佐久間 健、写真/佐久間 健、ベストカー編集部、LANCIA

【画像ギャラリー】爆走するラリーカーが目と鼻の先!! 昔のラリーはクルマ版牛追い祭りだ!?


■国内では出場、海外では撮影のラリー版2足のわらじ時代

A110アルピーヌ。流麗なエクステリアデザインにファンが多い一台。2017年に本車をデザインモチーフとした新型が登場したのも記憶に新しい

 私がWRCの取材に初めて訪れたのは、1974年のツール・ド・コルスだ。WRCが始まったのが1973年なので開催2年目だったことになる。

 この時のスタート~フィニッシュに設定されたのは、コルシカ島のバスチアで、2日間開催のラリーだった。

 ランチアがワークスカーとしてストラトス、ルノーはA110アルピーヌ、ルノー17ゴルディーヌなどが出走。島を1週するようなコースだったようだが、初めてWRCに行ったというだけで、写真も今見ると、まだまだへたっぴーであまり記憶にない。

 このあと、ベルギーのローカルイベントを1戦挟んでイギリスのRACラリーを取材し、その後1か月ぶりに帰国したわけである。

 このころは国内ラリーに自分で参加しており、ラリーに参戦しないときは写真を撮るということを続けていて、たまにモンテカルロラリーに行ったりしていた。

 ところが1982年にサンレモラリーに友人が参戦することになり、それではということで一緒にいくこととなった。

■ラリーにフェラーリが!? 意外とかっこよかったグラベルの跳ね馬

土煙をあげて失踪するのはフェラーリ308! 未舗装路を走るフェラーリはかなり違和感を覚えるが、当時のローカルラリーではフェラーリの姿を見るのも珍しくなかった

 サンレモには何度も訪れているが、いろいろ衝撃的な出来事があったことを記憶している。このころのサンレモは、ターマック(舗装路)とグラベル(未舗装路)の両方がコースにあり、この時は1日目はターマックだった。

 そしてこの時トップに立ったのは全くの無名ドライバーで、車両はフェラーリ308! ここから「えっ!?」という感じだった!

 そして2日目はトスカーナのグラベルコース。ラリーカーをまっていると、観客をかき分けて白いフェラーリがドリフトで激走してくるではないか。

 これがカッコイイ! 現在までWRCを200回ほど取材しているが、グラベル・ターマックを含めてフェラーリがWRCを走っているのを見たのは、この時が最初で最後である(この当時イタリアのローカルラリーにはフェラーリは結構走っていたらしい)。

次ページは : ■ワルター・ロールの駆るオペル アスコナが目前に!!