全日本ダートラ北海道ラウンド開催 コクミ&秋間夫婦参戦記


 2021年7月31日(土)~ 8月1日(日)、コロナ禍拡大の影響で2回延期された「全日本ダートトライアル選手権北海道ラウンド」が、マスク消毒等対策を施して3度目の正直で無事開催された。

 本稿では世界を覆う感染症の下でも草の根モータースポーツ普及に努めるその姿勢に敬意を表し、(両選手のご好意により)車体に大きく「ベストカー」と貼って参戦してくださった、秋間忠之選手と小出久美子選手(KUMI-VICIC)の活躍をお届けします。

文/ベストカーWeb編集部、金野英樹
写真/金野英樹、東山哲也、KUMI-VICIC

■トラブルがあっても楽しいのがダートラの醍醐味

 2021年7月31日、最高気温37℃猛暑のなか、北海道砂川市にある「モータースポーツランド砂川」にて、全日本ダートトライアル選手権、北海道ラウンドの公開練習が始まりました。総参加台数はじつに108台。

 小出久美子選手は「JD3クラス」にてゼッケンNo76、栗林ケノール横町Wシビックで参戦。秋間忠之(アキマただゆき)選手は「JD2クラス」にてNo84ウルト栗林ケノールランサー(ランエボ)にて参戦しました。

秋間選手のランエボの雄姿。ダートラにはランエボがよく似合う。秋間選手、1995年から3年連続Dクラスチャンピオン、1999年度にはCIIIクラスチャンピオンを獲得している
秋間選手のランエボ。だいぶ目立つところに「ベストカー」と入ってます。ありがたし

 パドックでマシンのメンテとウォーミングアップを終えスタート待ちの列へ。「Heat1」(第一走)を終えた小出選手がコースの状況を伝えにダッシュでアキマ選手と打ち合わせ。打ち合わせを終え、秋間選手がスタート。

 左の第1コーナーまでは全開、その後、下段のくねくねしたテクニカルから再び上段のコースに! 快調に走ってるエンジン音が響きます。上段に上がってきて、左コーナーで尋常じゃないほどの砂煙が上がり、一瞬エンジン音も聞こえず。チョッとヒヤッとしましたが無事ゴール。アキマ選手のHeat1は3位と、順調なすべり出しでした。

 続いて1日目「Heat2」。スタート直前で、秋間選手のマシンのシーケンシャルのモニターが突然故障、何速に入ってるか判らない状態で走り、4.5秒落ちで公開練習では6位。パドッククローズまで配線やコネクター等を調べたが、ハッキリした原因は掴めず。…と、あれこれいじっていると、何故かモニターが復帰。その他は順調で、タイヤも新品に組み換えて明日の決勝に備えました。

 JD3クラスの小出選手は、一流の男性ドライバーと混合の中、トップとの差は5秒で8位につけて決勝に臨みました。

全日本選手権といえど、アットホームな雰囲気なのがダートラの魅力。トラブルにもドライバー自ら対処します

■決勝はクラス8位と4位…がんばれ!

 いよいよ8月1日決勝、くもり空で昨日より凌ぎやすいと思いきや、にわか雨の後は蒸し風呂状態。最高気温34℃の中での競技になりました。

 朝、会場に着いて一番気になってたシーケンシャルのモニター状態を確認すると、なんとか動いた模様。No.76小出選手は、2日目「Heat1」のタイムを1.5秒縮めて「Heat2」ゴール。JD3クラス8位で、ポイントGET。

 No.84アキマ選手は、快調に走りきり「Heat1」はJD2クラス2位。気合い十分で臨んだ「Heat2」、コースが若干荒れていて巧みにサイドブレーキ等を使って工夫しながら走ったものの、Heat1のタイムには及ばず、惜しくも4位でフィニッシュ。昨年よりは好成績となり。今シーズンは期待できるのではと思います。

秋間選手は4位、小出選手は8位でした。おつかれさまでしたー
小出選手のシビックも大活躍。さすが全日本ダートトライアル選手権でレディースチャンピオンを5回も獲得しているだけのことはある

 小出選手、秋間選手は全日本ダートトライアル選手権のほか、東北、北海道の地方戦にもエントリーしており、モータースポーツに真摯に向き合うおしどり夫婦。今シーズンは9月10日からのラリー北海道にもエントリー予定で、着々と準備を進めています。昨年のラリー北海道では、国際ラリー部門で堂々の3位入賞。今期も活躍を楽しみにしています!

ラリー期間中は登別グランドホテルにて宿泊。こういう活動が「クルマの楽しさ」を下支えしているわけです

 小出選手、秋間選手の所属するドライバーチーム「KUMI-VICIC」では、レディースのダート練習会を近日中に開催予定とのこと。こちら詳細が決定次第お知らせします。世界中が感染に覆われていても、モータースポーツの「灯」はともり続けております。がんばれ!

■全日本ダートトライアル選手権スケジュール