ニッポンのレースを変えよ!! スーパーフォーミュラ大変革の方向性と今後

ニッポンのレースを変えよ!! スーパーフォーミュラ大変革の方向性と今後

 10月25日、全日本選手権を開催する株式会社日本レースプロモーション(以下JRP)は都内において2022年以降の持続可能なモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト、「SUPER FORMULA NEXT 50」の始動を発表した。

 ’73年に全日本F2000選手権として始まった国内最高峰フォーミュラカーレースは、F2、F3000、フォーミュラ・ニッポン、そして現行のスーパーフォーミュラと名称を変更しながら歴史を重ね、’22年には50周年の節目を迎える。

 折しも自動車業界全体がコロナ禍、そして脱炭素社会の大号令のもと転換期を迎えており、モータースポーツもその影響を受けずにはすまない。この変化に真摯に向き合い、これからの社会において必要とされるモータースポーツを目指すことがこのプロジェクトの目的だ。

文/段 純恵、写真/HONDA

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラに新プロジェクト始動!! そして第6戦もてぎで野尻智紀が2021年シーズン王者に!!(6枚)画像ギャラリー

■『社会に必要とされる』モータースポーツを目指す

社会において必要とされるモータースポーツという表現は昨今のコロナ禍でのモータースポーツの『扱い』を念頭に置いてのものだろう。『五輪がよくて四輪がダメ』という状況を打破しようという狙いが見える

 プロジェクトのテーマは3つあり、ひとつめは『ドライバーズファースト』。

 これまでにも日本のトップフォーミュラから世界で活躍するドライバーが誕生しているが、今後さらにその価値を高め、国内はもとより世界中のレーシングドライバーや子供たちに憧れられるレースを目指そうというもの。

 情報発信の進化や一部大会の「土日2レース制」導入、そして若手ドライバーやエンジニアなどの育成にも注力するという。

 テーマのふたつ目は『モビリティとエンターテイメントの実験場』。

 モビリティ面では、シリーズパートナーであるトヨタ、ホンダと協力して開発段階の技術を搭載したテストカーを走行させるなど、実証実験による技術進化を狙う。

 パワートレーン、シャシー、タイヤ、素材、燃料等あらゆる面で市販車両も含めたカーボンニュートラルの実験場とし、バイオ燃料や植物由来の天然素材によるシャシーの導入等を目指す。

 エンターテイメント面では、映像、音楽、データ、通信、AI、ゲーム、アニメーション等、様々な切り口から新しいモータースポーツカルチャーの創造に挑戦するという。

 3つめは『デジタルシフト』。

 ’22年の年明け早々にもスマホに最適化させたスーパーフォーミュラの新しいデジタルプラットフォームを立ち上げ、ファンが見たいコンテンツをいつでもどこでも見られる環境を整備。レースのライブ中継、全ドライバーのオンボード映像や様々な車両データ、無線音声等をファンは観戦体験できるようになるという。

■希望が持てるプロジェクト内容ではあるが……

第6戦もてぎで2021年のシリーズチャンピオンを獲得した野尻智紀。次の50年は彼らをはじめとした若い選手たちにかかっている

 というわけで、国内トップフォーミュラレースの明るい未来を予感させるプロジェクトの内容にいやが上にも期待は高まってくるが、ちょっと待てよ。

 この壮大な計画を実現させるための人材や原資の確保、メーカー間の調整はどうなっているのだろう?

 土日2レース開催やスマホ用の新しいプラットフォームの立ち上げ、バイオフューエルの導入などは比較的低い予算でも実現可能な項目だと思うが、それ以外の技術開発および実証実験となると、まとまった予算やメーカー同士の全面合意なくしてあり得ないのではなかろうか。

 エンターテイメントへの参入も、その道の専門業者に丸投げすれば実現は容易だが、既存そして新たなファンを惹きつける充実したコンテンツを目指すなら、それ相応の費用がかかってこよう。

 そしてドライバーを含めた人材の育成。手間暇がかかることこの上ない『人育て』だが、トヨタとホンダがそれぞれに進める育成プログラムとどう違うのかなどを確認するべく、発表会の質疑応答タイムで何度も手を上げたのだが、筆者の挙手は最後まで司会進行役の目に止まることなく時間切れとなった。

 野尻智紀が今季王座を決定した第6戦で、複数のマシンが絡んだかのように見えるアクシデントがあった。そのシーンをテレビカメラがとらえていなかったことで状況の詳細が確認できず、事故現場の手前をスロー走行していた大湯都史樹(23)に事故の原因を問う声もあがった。

 しかしそれはコントロールタワーからの指示による減速だったことが後に判明。競技長名で「特定の選手に原因があったものではない」と発表もされた。

 しかし、そもそも『減速して隊列の後ろに下がれ』と指示するより先に、青旗の提示もしくは振動で遅いマシンの存在を他に伝えられただろうし、なんとなれば全チームにむけて「減速中の大湯を安全に抜くように」と無線を飛ばすこともできたのではなかろうか。

 レースはドライバーやチームだけで成立させられるものではない。世界に誇るスーパーフォーミュラになるためには、レースに関わる一人ひとりが『世界水準』とは何なのかを意識していることが大前提だ。このシリーズがNEXT 50を経て正しい方向性で発展していくことを願っている。

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラに新プロジェクト始動!! そして第6戦もてぎで野尻智紀が2021年シーズン王者に!!(6枚)画像ギャラリー