12年ぶり! WRC(世界ラリー選手権)が日本にやってくる! SS観戦チケットは即完売も追加販売決定。その魅力とは?


 本年11月10日(木)~13(日)にかけて、WRC(世界ラリー選手権)日本ラウンド「ラリージャパン」が行われる。WRCはF1と並んで自動車競技の最上位クラスで、日本では2004年~2010年に北海道で実施されたが、その後しばらく日本ラウンドがなく、今年は12年ぶりの開催となる。場所は愛知県東部から岐阜県南東部のエリアで、愛知県豊田市を中心に、6つの市町村にまたがって行われる。本記事では、観戦の上で知っておきたいラリーの基本ルールや、見どころを解説する。

文・写真/外江彩

【画像ギャラリー】12年ぶり! WRC(世界ラリー選手権)が日本にやってくる! その魅力を写真でチェック(5枚)画像ギャラリー

■何が魅力? ラリーの基本ルール

 F1をはじめとする「レース」では、早くゴールした順番が争われるのに対し、「ラリー」はゴール順ではなく、定められた地点間の「時間の正確さ」を競う。レースは主にサーキットなどクローズドな場所で周回を重ねるが、ラリーは基本的には公道で、地図を参照しながら次々と場所を移動する。各移動区間には「基準タイム」が設定されており、いかに基準タイムで正確に走れたかが順位となる。各車にはドライバーとコ・ドライバー(助手席)の2人が乗車し、ドライバーが運転を担当、コ・ドライバーがナビや時間の計算などを行う。

 ただ、それではほとんど差がつかないため、基準タイムが0秒に設定される、つまり速ければ速いほど基準タイムに近くなる「スペシャルステージ(SS)」がいくつか設けられる。SSでは一般車は通行止めとなり、道交法も守らなくてよく、ラリーカーは限界まで速く走る。ラリーカーの全力走行が見られるので、最も人気の見どころとなる。SSでも、レースのような一斉スタートとは違い、スタート地点からゴール地点までを1台ずつ順番に走る。ハイパフォーマンスなラリーカーが全開で走る様は圧巻である。

 ラリーカーは市販車をベースに改造した車両が用いられる。今シーズンは、トヨタのヤリスやヒュンダイのi20、フォードのプーマなどが上位陣の常連となっている。

当初、2021年にWRC開催予定であったが、コロナ禍のため中止となり、代わりにセントラルラリーが行われた。岡崎SSでのヤリスWRCによるデモ走行

■見どころ1:スペシャルステージ(SS)

 やはり一番の見所は、ラリーカーが全力で走るスペシャルステージだろう。今回のラリージャパンでは、19のSSが予定されている。公道を用いる都合上、競技のための通行止めより前に観戦場所に入り、競技後の通行止め解除まで出られない場所が多いので、観戦スケジュールを立てる上では注意が必要だ。また、駐車場が設けられているSSもあるがごく少数で、多くのSSでは近隣の広い駐車場からバス移動するパーク&ライド式となっている。

 ラリーは同一場所を周回するものではないため、SSでは各車を見るチャンスは眼の前を通過する1回だけだ。スタート順は、正式にはwebサイトなどで随時更新されるが、基本的には上位からスタートする。それゆえ、最速のクルマが最初に来るので、ボンヤリしていると見逃してしまう。また、写真撮影をする人にとっては、一発勝負となるのがSS観戦の難しいところだ。

SSを疾走するラリーカー(全日本ラリー 新城ラリーにて)

 チケットは、残念ながらSSエリアチケットは瞬時に売り切れとなってしまったが、8月8日に追加販売が決定。発売日は8月26日(金)なので、観戦を希望している人は事前の準備を怠りなく。公式サイトはこちら

■見どころ2:サービスパーク

 大会の拠点となるところを「サービスパーク」と呼ぶ。1日の最初と最後は、各車サービスパークからスタート/ゴールする。今回のラリージャパンでは、愛知県豊田市の豊田スタジアムがサービスパークとなる。サービスパークでは、戻ってきたクルマを各チームのメカニック達がメンテナンスし、翌日や次のSS、天候などを考慮したセッティング変更やタイヤ交換などが行われる。整備にかけられる時間は定められているため、クルーたちのキビキビとした動きや、ドライバーとエンジニアとのコミュニケーションの様子が見られる。SSでは各車は一瞬で眼の前を通り抜けてしまうのに対し、サービスパークではまじまじと見ることができるので、特にクルマのメカニズムやラリーの戦略に興味のある方にはオススメである。

 また、大会の最初には「セレモニアルスタート」(11/10(木)17時~)、最後には「セレモニアルフィニッシュ」(11/13(日)17時~)というイベントが行われる。

 チケットは上記の公式サイトから購入可能。1日ごとにチケットが必要なので、連日観戦予定の方は注意されたい。

次ページは : ■見どころ3:リエゾン

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ