悔しいぃぃぃ!! フェラーリ58年ぶりの快挙おめでとう……ル・マン24時間トヨタは惜しくも2位に沈む

■フェラーリが58年ぶりの快挙達成

51号車は大きなトラブルもなく走り抜けた。事前のテストがかなりの効果を発揮した
51号車は大きなトラブルもなく走り抜けた。事前のテストがかなりの効果を発揮した

 残り5分を切り1分35秒のギャップまで8号車は追い上げたがそのまま51号車が逃げ切った。1965年以来、フェラーリが58年ぶりの優勝を飾った。やや政治的な香りのする性能調整(BOP)の問題もあったがフェラーリとて24kgのウェイト増を強いられたのは変わらない。

 もちろんトヨタの37kgに比べると軽いBOPだが、それでも58年ぶりに総合優勝を果たしたフェラーリには大きな拍手を送りたい。単なる運でもなく、軽いウェイトだけでもなく、やはり彼らには実力があったのに違いない。ちょっとしたラッキーで勝たせてくれるほどル・マンは簡単なものではないからだ。

 2024年、そして水素時代に向けてトヨタのリベンジに期待しよう。そして2024年のル・マンの前に2023年WEC富士での優勝を見せてほしい!!

【画像ギャラリー】58年ぶりの快挙達成!! 00周年にふさわしい激闘を見よ(3枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!