ジャガーのコンパクトSUV「E-PACE」受注開始!! ジャガーとしてはお手頃価格?

■全幅1900mmはちょっと大きいと思うが、それでもこの価格は◎

 2018年2月22日より、全国のジャガー正規販売ディーラーにてジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE」の受注を開始した。

 E-PACEのサイズは全長4410mm、全幅1900mm、全高1650mm。比べてみると、

◎トヨタC-HR 全長4360mm、全幅1795mm、全高1550mm

◎日産エクストレイル 全長4590mm、全幅1785mm、全高1680mm

 こうして並べると「これで……コンパクトSUV……?」とも思うが、まあジャガー自身が「コンパクト」と言っているので、コンパクトSUVとなる(先行して発売しているF-PACEがさらに大きいので、それと比較して、ということだとも思うが)。

 エンジンは2種類の 2Lガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンをラインアップに持ち、それが9速ATと組み合わされる。

 価格帯は451万円〜751万円と「ジャガーにしてはお買い得」と言えるものの、かなりワイドレンジ。

 昨今のSUVブームに乗って、かなり売れそうではある(兄貴分のモデルであるF-PACEは発売2年で全ジャガーモデルの約3割を占めるほどの存在感を持つようになった)。

 以下、公式リリースから引用

■クーペスタイルのSUV

 ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、新型コンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE(Eペイス)」を、2018年2月22日(木)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

 新たにジャガーのラインアップに追加する「E-PACE」は、ダイナミックなフロントグリルやヘッドランプ、ロングホイールベース&ショートオーバーハング、ドライバーにフォーカスしたコックピットなど、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」からインスピレーションを得たデザインを取り入れ、さらに、スポーツカーのようなドライビング・パフォーマンスと、SUVならではの広々とした室内空間と実用性、そして最新のコネクティビティを兼ね備えた、5人乗りの新型コンパクト・パフォーマンスSUVです。

 リアウィンドウ上のスポイラーと一体化したダイナミックなルーフラインは「E-PACE」ならではのクーペスタイルを表現しており、サイドにプレスラインを入れることでグラマラスながらも引き締まったボディに仕上げています。さらに、動物のジャガーの親子をモチーフにしたグラフィックを、フロントウィンドウの隅と、ドアミラーから路面を照らすアプローチライトに採用しているほか、ジャガー柄のシートラベルやセンターコンソールフロアなど、「E-PACE」独自の遊び心のあるデザインも随所に配し、個性を際立たせています。

■エンジンと4WDシステム

 エンジン・ラインアップは、設計から生産まで自社で手がけ、軽量設計とスムーズで高効率のパフォーマンスを生み出す、2種類のINGENIUMガソリン・エンジン(最高出力183kW/249PS、221kW/300PS)と1種類のINGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力132kW/180PS)を用意し、ジャガーとしては初となる9速オートマチック・トランスミッションを組み合わせています。

 前輪と後輪のトルク配分を高度に制御するAWDシステムを全グレードに搭載し、足回りには強化されたマクファーソンストラット式フロント・サスペンションと「F-PACE」ゆずりのインテグラルリンク式リア・サスペンションを採用して、ジャガーならではのダイナミックでスポーティなハンドリングを提供します。さらに、最高出力221kW/300PSのINGENIUMガソリン・エンジン搭載モデルには、よりコーナーリング性能の向上に主眼をおいたアクティブ・ドライブラインを標準装備しています。

 これは、通常走行時にはトルクを前輪50%、後輪50%に、安定した路面での巡航時には前輪に100%を割り当て、燃料消費を抑えるとともに、前輪がスリップするなどAWDが必要な条件では瞬時(0.3秒以内)に後輪へトルクを伝達し、グリップレベルに応じて、後輪に最大100%まで配分、スムーズで安定した走行を可能にするものです。コーナーリング時にはリア外輪により多くのトルクを配分するトルクベクタリングでヨーレート(回転運動)を発生させ、RWDのスポーツカーのような走りを実現します。

■ボディサイズと室内

 全長4,410mm、全幅1,900mm、全高1,650mmのコンパクトなサイズでありながら、広々とした室内空間や実用性の高さも「E-PACE」の特長のひとつです。リアシートを折りたたむと最大1,234リットル(通常時は577リットル)の大容量を確保する最大幅1.3mのラゲッジルームに加え、奥行のあるセンターコンソールには取り外し式のカップホルダーを備え、小型のタブレットや750mlのペットボトル4本をフラットに収納できます。左右のフロントドアにも十分な深さのあるドアポケットを備え、充実した室内の収納スペースを確保しています。

■快適装備と安全技術

 10.2インチタッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」には通信機能を新たに導入し、コネクティビティ機能を強化しています。スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能になります。

 また、周囲の状況をモニターし、状況に応じて点灯/消灯、減光、ビームの距離を自動的に最適な配光をおこなうマトリックスLEDヘッドライトや速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示などの主要データをフロントガラス上にカラーで投影する第2世代のヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)といった先進のシステムもオプションで用意しています。

■ラインアップ

 ラインアップは、2018年モデルのみの展開となる限定グレード「FIRST EDITION」を含む、全24機種を展開します。「FIRST EDITION」は、サテングレーダイヤモンドターンドフィニッシュの20インチスタイル6014アロイホイールやフレームレッドツインニードルコントラストステッチを施したエボニーウィンザーレザーシート、「FIRST EDITION」ロゴ入りのメタルトレッドプレートなどの専用デザインを施した特別な1台です。全体の印象を引き締めるブラックパックやパノラミックサンルーフ、HUDなどを標準装備し、エクステリアカラーは、「FIRST EDITION」専用カラーのカルデラレッドをはじめ、サントリーニブラック、ユーロンホワイトの3色から選択できます。

■グレード別価格表

<INGENIUMディーゼル・エンジン搭載モデル 9機種>
E-PACE 2.0L D180、4,510,000円
E-PACE S 2.0L D180、5,190,000円
E-PACE SE 2.0L D180、5,720,000円
E-PACE HSE 2.0L D180、6,200,000円
E-PACE R‐DYNAMIC 2.0L D180、5,040,000円
E-PACE R‐DYNAMIC S 2.0L D180、5,720,000円
E-PACE R‐DYNAMIC SE 2.0L D180、6,250,000円
E-PACE R‐DYNAMIC HSE 2.0L D180、6,730,000円
E-PACE FIRST EDITION 2.0L D180、7,380,000円

<INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル 15機種>
E-PACE 2.0L P250、4,750,000円
E-PACE S 2.0L P250、5,430,000円
E-PACE SE 2.0L P250、5,970,000円
E-PACE HSE 2.0L P250、6,440,000円
E-PACE R‐DYNAMIC 2.0L P250、5,280,000円
E-PACE R‐DYNAMIC S 2.0L P250、5,960,000円
E-PACE R‐DYNAMIC SE 2.0L P250、6,500,000円
E-PACE R‐DYNAMIC HSE 2.0L P250、6,970,000円
E-PACE FIRST EDITION 2.0L P250、7,640,000円
E-PACE S 2.0L P300、6,050,000円
E-PACE SE 2.0L P300、6,580,000円
E-PACE HSE 2.0L P300、7,060,000円
E-PACE R‐DYNAMIC S 2.0L P300、6,580,000円
E-PACE R‐DYNAMIC SE 2.0L P300、7,110,000円
E-PACE R‐DYNAMIC HSE 2.0L P300、7,590,000円

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ