トヨタの屋台骨を支える新車&新技術開発情報 5選

 次期スープラや次期クラウンといった華やかな新車の発売情報とは別に、10年先、20年のトヨタを支える技術開発が存在する。

 本稿ではそんな、重要ではあるけれどあまりメディアには出てこない、それでもしっかり進んでいるトヨタの重要な技術開発や、まだそれほど大きく取り沙汰されていないクルマの開発状況について紹介してゆきたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年3月26日号「トヨタ&レクサスの秘密」より


■次期ノア/ヴォクはユニバーサルデザインへ

 2014年1月に現行型にフルモデルチェンジしたノア/ヴォクシー。さらに同年10月に3番目の兄弟車となるエスクァイアも加わり、5ナンバーサイズBOXミニバンの定番として現在も高い人気を誇っている。

ミニバンの最激戦区で日産セレナ、ホンダステップワゴンといった強豪を相手にトップを走るノア/ヴォクシー/エスクァイア
ミニバンの最激戦区で日産セレナ、ホンダステップワゴンといった強豪を相手にトップを走るノア/ヴォクシー/エスクァイア

 このノア/ヴォクシー/エスクァイアは昨年7月にビッグマイナーチェンジを実施しており、それで売れ行きを大幅に伸ばした。次期型へのフルモデルチェンジは2020年の計画となっている。

 2001年、FRだったタウンエースノアからFFプラットフォームへ一新されて以来3代にわたり大きく基本コンセプトを変えることなく、このクラスのスタンダードとして室内居住性と使い勝手を徹底的にブラッシュアップしてきたが、次期型ではトヨタが次世代モビリティとして開発を推進しているユニバーサルデザインの考え方が取り入れられるという。

「ユニバーサルデザイン」とは誰にでも優しいデザインという考え方で、高齢化を迎える国内のみならずあらゆる人にとって使い勝手のいいクルマを目指す、という考え。

 例えば乗降時のフロア段差を小さくしたり、シート配列をお年寄りにも使いやすくしたり、赤ちゃんをベビーシートに乗せるときに楽な姿勢を取ることができるなど、車体構造から大きく変化させてくる可能性が大きい。

■いよいよ登場間近、新型センチュリー

 日本が誇る究極のVIPカー、センチュリーがいよいよ今年、新型として登場する。

 発売時期は、今年7月頃で決定した模様。すでに販売店では有力顧客に向けた事前説明が実施されており、価格など詳細は決定していないが、先代型より大幅に値上げして1800万~2000万円と案内されているようだ。

新型センチュリー。先代型は国内唯一のV12エンジンが搭載されていたが、新型では旧型LS600hと同じ5L、V8のハイブリッドとなる
新型センチュリー。先代型は国内唯一のV12エンジンが搭載されていたが、新型では旧型LS600hと同じ5L、V8のハイブリッドとなる

 プラットフォームは旧型レクサスLSをベースとしており、パワートレーンも5L、V8ハイブリッドで、旧型LS600hを踏襲するものの、センチュリーはあくまで後輪駆動。東京モーターショーに出品されたモデルはブラックだったが、従来と同じようにシルバー系など5色程度のラインアップとなる予定。

 すでに生産も販売も終了した先代型は国産唯一のV型12気筒エンジン搭載車であったが、新型はV8ハイブリッド。少し寂しくもあり、トヨタの形式にこだわらない進化の追求に納得もした。

■新型MIRAIは2020年デビューで準備中

 世界初の一般向け量産燃料電池車として登場したMIRAIだが、デビューは2014年11月なので、すでに3年が経過している。

 ちょっと特殊な存在ということもあり、次期型はそもそも存在するのか、という声もあるが、これは水素供給インフラとも大いに関連しているし、そもそもエネルギー政策とも密接に関連しているだけに、なかなか今後の見通しが見えてこなかった。

トヨタの次世代技術を象徴するモデル「MIRAI」。水素ステーションで水素を充填する
トヨタの次世代技術を象徴するモデル「MIRAI」。水素ステーションで水素を充填する。次期型、開発が進んでいるようです

 結論からいうと、トヨタは燃料電池車(FCV)に本気だ。現状では水素供給の問題や車載水素タンク生産キャパシティなどの問題で生産台数は限られているが、トヨタは2020年の東京オリンピック前に次期型MIRAIを投入し、大会公式車として東京都内に大量に走らせるという狙いを持っているという。

 現行型MIRAIで洗い出した問題点をフィードバックし、現在ではオーバークォリティとされる部品を最適化することでコストダウンも可能となる。スタイリングなどについてはまだまだ見えてこないが、東京オリンピックで世界が注目するなか、目を引くアイコンとなることは間違いない。

■日本最高級車「レクサスLS」にも燃料電池仕様アリ

 そしてもう一台、こちらも『大本命』と言えるのがレクサスLSのFCV(燃料電池車)だ。2015年の東京モーターショーにLSをイメージさせる車体に燃料電池ユニットを組み合わせたコンセプトモデルを投入していたが、この仕様は現在も着々と開発が進んでいるという。

2017年の東京モーターショー、レクサスブースに登場したLSの燃料電池車。こちらも着々と開発は進んでいるという
2015年の東京モーターショーに出品されたLSの燃料電池ユニット

 レクサスLS自体は昨年フルモデルチェンジを実施して5代目となったが、FCVはこの新型のボディで登場予定。やはり次期型MIRAIと同じく2020年の東京オリンピック時に大会役員などVIP車としてお披露目される計画だという。

 基本的な車体、シャシーは現在販売されるLSを踏襲し、フロントフード下にFCスタックを配置するパッケージ。後輪モーターに加え、前輪もモーター駆動する4WDとなる。

■「コンセプト愛i」は絵に描いた餅ではない

 昨年の東京モーターショーでトヨタのメインステージに展示された『コンセプト愛i』は、そのカタチやインテリア、語られたコンセプトなどを聞くと、あくまでも今後トヨタが目指すコンセプトを具現化した、本当の意味でのコンセプトカーなのだな、と思ってしまうだろう。

コンセプト愛iのこの姿を見る限り、到底実現しない『コンセプトモデル』というイメージで見てしまうだろうが、実はTNGAプラットフォームをベースにしたEVで、充分走行可能なのだ
コンセプト愛iのこの姿を見る限り、到底実現しない『コンセプトモデル』というイメージで見てしまうだろうが、実はTNGAプラットフォームをベースにしたEVで、充分走行可能なのだ

 だが、トヨタはかなり本気で、近い将来のモビリティとしてAI技術を融合した自動車を開発することを目指している。

 コンセプト愛iについてもプラットフォーム自体はすでに市販モデルに採用されるTNGA仕様でパワートレーンはEV。フロントタイヤを駆動する。

 ハイブリッドで培った制御技術やバッテリーなど知見豊富なトヨタだからEVについては実用化へのハードルは低い。実際、この車体デザインではないだろうが、コンセプト愛iで提案されたコンセプトを盛り込んだ試作車は実走行を間もなく開始するという。

 さらにこのモデルに搭載される注目技術がAIを活用した自動運転。

 トヨタの基本スタンスは、「運転はあくまでもドライバーが行い、危険が迫ったときにクルマ側が危険回避のサポートをする」というもので、この技術を『ガーディアン』と呼んでいる。

 AI技術はドライバーの眠気などの運転能力低下を、本人が意識しない超初期レベルで検知して、早め早めに対策するといったことに役立てるという。

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ