ノートNISMO S大好評、トヨタ新HV戦略ほか新型情報続々入電!!

 毎日新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回もさまざまな新情報を取材してきてくれました。

 日産ノートe-POWER NISMO Sの売れ行き、エクストレイルの改良情報、トヨタのハイブリッド戦略などなど、新型車情報を仕入れてクルマ選びの参考にしてください。

文:遠藤徹


■9月25日に発売したノートe-POWER NISMO Sが大好評

 日産が9月25日、ノートに「e-POWER NISMO S」を設定、発売しました。パワーユニットは従来の1.2L+モーターのe-POWERシステムと同じですが、「S」専用チューニングが施され、パワー、トルクともにノーマルのノートe-POWER NISMOの約25%アップ、136ps/32.6kgmを発生します。

 価格は標準ノートe-POWER NISMOより18万3600円高い267万1920円(レカロシート付きは294万1920円)で、専用ボディ補強、サスチューン、強化スタビなど、性能を考えるとかなりのバーゲンプライスといえます。

 各販売店にはすでに多くの受注が入っており、首都圏のディーラーを中心に、この仕様を積極的に販売していく方針を固めています。

ノートe-POWER NISMO S。セレナe-POWERと同じパワーを持つユニットを搭載。足回りもきっちり専用セッティングされ、内容を考えるとかなりお買い得な仕様

■11月5日にエクストレイルを一部改良

 日産は11月5日にエクストレイルを一部改良します。

 今回の改良は安全装備を中心に仕様向上を図るだけで小幅の手直しに留まります。従来モデルは9月7日に生産を打ち切り、在庫一掃セールに入っていますので、30万円前後の大幅値引きで買える状況にあります。

写真は現行型エクストレイル。2013年12月から発売されており、スケジュールどおりなら来年12月にはフルモデルチェンジを予定している。焦点はe-POWERが搭載されるかどうか。この点、情報が入り次第お伝えします

■トヨタ次世代ハイブリッドは2Lに排気量拡大か?

 トヨタは従来の1.8Lハイブリッド車を2ℓハイブリッドに変更する方針のようです。現行1.8Lハイブリッド車の実用燃費や走行性能を次世代モデルで進化させるには排気量アップが必須なこと、それにライバル他社のミディアムクラスハイブリッドは2Lが主流で、1.8Lでは絶対的な性能で劣るという判断によるものです。

 今後、2020年にヴォクシー/ノア/エスクァイア、2021年にプリウスがフルモデルチェンジするため、量販モデルではこれらから次世代2Lハイブリッドを搭載する見込みです。

 ただし、レクサスブランド車は今年11月27日に発売する新型SUVのUX250hに先行搭載します。

■改良プリウスはPHV似のデザインを採用か?

 前回のレポートでお伝えしたとおり、トヨタは12月、プリウスを3年振りにビッグマイナーチェンジする、と各ディーラーに通達を出しました。

 改良モデルではプリウスPHV似の外観デザインを採用する見込みです。PHVはリアガラスがダブルバブル形状のためワイパーを装着できないのがネックで、これをどう解消しているかが注目されます。現行モデルは10月いっぱいあたりでオーダーストップとなる見通しです。

写真は現行プリウス。2018年12月にビッグマイナーチェンジを実施する

■現行プリウスがマイチェン前に25万円以上の値引き発生中

 今年12月のマイナーチェンジ実施を前に、現行プリウスは25万円以上の大幅値引きも出ています。

 プリウスの値引きは7月までは15万円強に引き締めていたので、現在は10万円以上も拡大していることになります。現行モデルは10月いっぱいまで生産を継続するので、格安で買うなら今が狙い目となっています。

■ホンダHV専用セダンは12月20日頃の発表、発売

 ホンダは、ハイブリッド専用セダン(インサイト)を12月20日頃の発表、発売を軸に、デビューのスケジュール調整をしています。

 シビックセダンをベースにした3ナンバーサイズの4ドアセダンで、パワートレーンは新開発の直噴1.5L+2モーター方式を採用し、同クラス最高の低燃費と動力性能の両立を目指しています。

 これまでのインサイトは5ドアハッチバックのボディで販売不振に終わった反省から、4ドアセダンに切り替えたと思われますが、セダンでの量販は難しいとの指摘もあり、どのようなマーケット評価になるか注目されます。

ホンダの新型ハイブリッドセダン。車名は「インサイト」になるはず。北米仕様は先行して発表済

■新型CR-Vは堅調な立ち上がりか?

 8月30日に発表した新型CR-Vはその1カ月前から事前予約の受付をスタートさせています。初期受注では2Lハイブリッド車と1.5Lターボ車の構成比は半分ずつで、納期は8月31日発売の1.5Lターボが2カ月待ちですが、11月1日発売のハイブリッドは年末ぎりぎりの納車となり、オプションによっては来年に持ち越すケースも出始めています。

 9~12月の受注目標は1万台(月平均2500台)ですが、実際の受注台数はこれをはるかに上回るペースで推移しています。

いよいよ日本仕様が発表発売されたホンダの新型CR-V。ライバルは日産エクストレイルやトヨタハリアー

■次期フィットシリーズは新型ハイブリッドで燃費向上

 ホンダは、2019年~2020年に世代交代するフィットファミリー(フィット、シャトル、グレイス、ヴェゼル)のハイブリッドを従来の1モーター2クラッチ方式から2モーター方式に切り替える方向で開発を進めているようです。これによって1モーター方式よりも格段に燃費と走行性能を向上させることが可能との判断によるものと思われます。

 1.5Lハイブリッドの2モーターユニットは12月下旬に発売する新型ハイブリッド専用セダン(インサイト)に先行搭載されます。なおこの新型セダンはクラリティと同じPHEVも搭載されると思われます。

■新型フォレスターが絶好調の売れゆき

 6月20日に発表、7月19日に発売(ハイブリッドのアドバンスは9月14日)した新型フォレスターが絶好調な売れゆきとなっています。月販計画を2500台に設定したのに対して、8月下旬までの受注累計は8000台以上に達した模様です。納期は2.5Lが3カ月待ち、2Lハイブリッドは4カ月待ちとなっています。

 売れ筋はドライバーモニタリングシステムと2Lハイブリッドを搭載するアドバンスで、シリーズ全体の半分強を占めています。ボディカラーはクリスタルホワイトパール(3万2400円)が最も多く、オプションによっては納期が来年にずれ込むケースも出始めています。

販売好調の新型フォレスター

■トヨタの売り方は大部分がマンスリーオーダー方式に

 首都圏にあるトヨタ販売店筋によると「最近のトヨタ量販モデルは大部分が、月ごとに注文してから生産する、マンスリーオーダー方式であり、多くが2カ月程度の納車待ちとなっている」といいます。メーカーや販売店のモータープールでの在庫を極力減らすのが狙いです。

 他社は売れ筋を見込んで生産する「見込み生産」で、見込みが外れると長期在庫になるリスクがあります。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ