レクサスの真打ち 最少&最安値SUV「UX」ついに発表!! これは売れる!!

■価格は390万〜509万円、月販計画台数900台

2018年11月27日、トヨタ自動車は全国のレクサス店にて、新型SUV「UX」を発売した。

UXはヒット中のコンパクトSUV「C-HR」のレクサス版で、同ブランド最小のSUVとなる(最安値車としてはCT200h 377万〜477万円があるが、SUVとしてはこのUXが最小であり最安値車)。

写真は新型ハイブリッドを搭載するUX250h“version L”

ボディサイズは全長4496×全幅1840×全高1540mmで、ベース車であるC-HRと比べると(全長4360×全幅1795×全高1550mm)、ひと回り大きく、やや背が低い。

最も注目すべきはこのUXで国内初搭載となる「M20A-FXS」ユニット。2.0Lガソリンエンジン+モーターの組み合わせで(C-HRは1.8L+モーター)、トヨタの次期主役級ユニットと言われており、将来的には次期プリウスや次期カローラハイブリッド、C-HRなども順次このユニットが搭載される見込み。

ベースはトヨタC-HRと共通だが、サイズはひと回り大きく、搭載されるパワーユニットも別物

ドライバーの運転行動やナビに組み込まれた地図情報をもとに、バッテリーの充放電を効率よく制御する「先読みエコドライブ機能」を初採用。またC-HRには存在しない、ハイブリッドの4WD仕様(E-Four)が用意されている。

グレード構成は、大きく分けて2.0L純ガソリン仕様の「UX200」(390万円〜474万円)と2.0L+モーターのハイブリッド仕様「UX250h」(451万円〜509万円)のふたつ。これにそれぞれ「version C」、「version L」、「F SPORT」が用意される。

「F SPORT」は専用アルミホイール、専用のシートやステアリング、メーターを採用。さらに専用のチューニングにより、ドライバーの運転操作に忠実で、よりスポーティな走行性能を追求している。きめ細かい減衰力の制御を行うリニアソレノイド式AVSとパフォーマンスダンパー(リヤ)を設定し、優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現しているという

挑戦的なデザインながら上品さも漂う「UX」。それでいてレクサスのなかでも安値で扱いやすいボディサイズを持っており、世界的なSUVブームの後押しも受けて、おそらくレクサス最量販車となるだろう。月販計画台数は900台。RXやNXもそれくらい売れているので、車両本体価格を考えると控えめな数字といえる。

走行性能も評判が高いC-HRがベースなだけに、「走り」が気になる。早く試乗してみたい。

停止位置メモリー機能付きハンズフリーパワーバックドアも装備

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ