インプレッサにSTI仕様のコンセプトカーが登場!! 市販前提!

いよいよ明日、1月11日から幕張メッセにて「東京オートサロン 2019」が開幕! 国内自動車メーカーを始め、タイヤメーカー、アフターパーツメーカーなどの様々なカスタムカーが一堂に会する。

なかでも注目の1台が、スバルが出展するインプレッサ「STIコンセプトモデル」。今でこそWRX STIがスバルのイメージリーダーとなっているものの、かつては“STIといえばインプレッサ”というイメージが強かった。

現在インプレッサにSTI関連モデルは設定されていないが、今回出展されるインプレッサ STIコンセプトモデルは、2018年発売のWRX S4に続く「STIスポーツ」の第4弾となりそうだ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:SUBARU


インプレッサベースに“専用の内外装パーツ”を装着

インプレッサ STIコンセプトモデルのリアスタイル。2トーンのカラーリングやセンター出しの2本マフラーが、“普通のインプレッサ”との違いをアピール

スバルが東京オートサロン2019の出展概要を発表したのは、2018年の暮れも押し迫った12月25日のこと。既報のとおり、フォレスターの「STIコンセプトモデル」が出展されることも明らかとなり、話題をさらった。

>>【フォレスター STIコンセプトモデル】スバルの出展概要

そのフォレスターと同じくスバルブースの目玉となるのがインプレッサの「STIコンセプトモデル」だ。公式リリースによると、インプレッサ STIコンセプトモデルは「2.0i-S アイサイト」グレードをベースに、専用の内外装パーツを装着。インテリアでは質感の高いボルドー内装を採用しているという。

……が、明かされた内容はこれだけ。あとは当日のお楽しみということなのだが、このインプレッサ STIコンセプトモデルは、ただのコンセプトカーではない。

出展車はインプレッサ「STIスポーツ」に発展濃厚!!

フロントの外観。フロントグリルはSTIのバッジが入った専用パーツ

写真は2018年9月に発売されたWRX S4「STIスポーツ」

スバルとSTIが関わるモデルといえば、カタログモデルではWRX STIが頂点。さらに限定車ではWRX STIをベースにファインチューンを施した「S208」などのコンプリートカーも即日完売するほど話題を集めている。

こうしたモデルとは別に近年、スバルとSTIの共同開発グレードとして設定されているのが「STIスポーツ」だ。

2016年にレヴォーグ、2017年にはBRZに、そして2018年にはWRX S4にもこのSTIスポーツが設定されるなど、WRX STI以外のスバル車のトップグレードとして、1年ごとに設定車種を増やしてきている。

これに続く形で登場する見込みとなるインプレッサ「STIスポーツ」のプロトタイプが、今回出展されるインプレッサ「STIコンセプトモデル」というワケだ。

先に触れたとおり、インプレッサ STIコンセプトモデルの詳細は発表されていないが、これまでに発売された「STIスポーツ」に準じた専用装備は、一通り装着されていると考えていいだろう。

写真をみてもダークグレーの専用アルミホイールやパフォーマンスマフラー、専用フロントグリルなどSTIパーツが装着されているのが見て取れる。さらに市販版ではSTIスポーツの“定番装備”であるSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング「ダンプマチックII」も装着されるだろう。

こうしたメーカー系のワークスチューニングカーもオートサロンの見所のひとつ。会場でお披露目される“実車”に注目だ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ