新RAV4発売日判明! アルファード絶好調!! 次期タントなど新車の「いま」が全部判明

 2018年末から2019年にかけて、早くも多くの新型車とその情報が登場し、新車市場は活況の様相を呈しています。

 本稿では毎日自動車ディーラーを回り、日々新しい新型車の情報を聞いて回ってくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏より、各メーカーの新車情報を伺った。

 今回の目玉はトヨタの新型SUV、RAV4の発表発売日、アルファード/ヴェルファイアの売れ行き、新型エクストレイルの動向などなど。今回も盛りだくさんでお届けします。

文:遠藤徹
ベストカー2019年1月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■新型RAV4は2019年4月10日の発表、発売

 トヨタは新型RAV4を2019年4月10日に発表、発売する方向でスケジュール調整を行っている模様です。販売店は、全国的には当面カローラ店、ネッツ店の併売となりそうで、東京地区などのメーカー資本店地域は4月に1法人に統合するため全店扱いとなります。

 パワーユニットは海外向けでは2.5L&3.5Lを搭載しますが、国内仕様はこれと異なる見込みです。2Lガソリンエンジン&2Lハイブリッド、もしくは2.5Lガソリンエンジン仕様で同様の組み合わせになるのが有力となっています。

 また、ハリアーがアッパーミディアムクラスなのに対して、RAV4はミディアムクラスで、ラフロードでの走破性のよさも配慮し、最低地上高が高いのが特徴となります。

 乗車人数は、2列シート5人乗りと3列シート7人乗りを設定する見込みです。

2018年3月のニューヨークショーで先行公開された次期型RAV4。日本市場での発表発売は「2019年春」と明言された。今回4月であることが判明

■アルファード/ヴェルファイアの納期が2019年4月以降に

 2018年11月に一部改良したラグジュアリーミニバンのアルファード/ヴェルファイアが好調な売れゆきを見せています。そのため、12月上旬現在の納期は2019年4月中旬で、4カ月待ちとなっています。

 この改良モデルは、見栄えのよさや安全対策強化がウリとなっています。

 一昨年のマイナーチェンジで外観を大きく変更したことによって、ヴェルファイアよりもアルファードのほうが人気は高くなっている状況は、いまも続いているようです。

■ノア/ヴォクに続くエスクァイアも1月7日に一部改良&2列シート5人乗り設定

 2019年1月7日、ヴォクシー/ノアの改良と同様に、姉妹車のエスクァイアも一部改良を実施し、同時に特別仕様車など追加モデルを設定しました。改良の内容は、インテリジェントクリアランスソナーの標準装備化と2列シート5人乗り車の追加で、これは姉妹車と同様の内容になります。

ノア/ヴォクシー/エスクァイアそろって安全装備の充実を中心とした一部改良を実施し、各モデルに合った特別仕様車を設定。写真はエスクァイアの特別仕様車「Gi“Premium Package・Black-Tailored”」

 また、姉妹車と異なり内外装をブラック加飾した特別仕様車「ブラックティーランド」を初めて設定します。

■エクストレイルが2019年1月11日発表で一部改良

 日産はエクストレイルを2019年1月11日発表、28日発売で一部改良しました。

 今回の改良は内外装の変更はなく、ペダル踏み間違い加速抑制装置やオートハイビーム機能の装備などの安全対策強化と、ナビパッケージの標準装備車設定などを実施。ペダル踏み間違い加速抑制装置は後側では障害物を認識し、前側は障害物に加えて人も検知します。

 価格は、これら装備の充実化によって、5万円程度の値上げとなります。

 また同時に「オーテック仕様」も発表しました。

一部改良とともに追加モデルとして設定されることが発表されたエクストレイルのオーテック仕様

■CX-5が追加モデル、特別仕様車の設定で同クラスのトップセラーに

 ミディアムクラスのSUV、CX-5が好調な販売推移を見せています。2018年11月における登録台数は5193台でミディアムクラスのSUVではトヨタハリアー、日産エクストレイル、スバルフォレスター、ホンダCR-Vという強豪を抑えトップブランドに浮上しているのです。SUVジャンル全体ではトヨタC-HRに次いで2位であり、ホンダヴェゼルも抜いています。

 CX-5は2018年10月中旬に一部改良が行われ、2.5Lターボや特別仕様車「エクスクルーシブモード」を設定し、商品ラインナップを強化したのが好調な売れゆきに貢献しました。成約後の納期は約2カ月待ちであり、生産が追いつかないほどの人気ぶりとなっています。

マツダの新世代を代表するCX-5。ディーゼル仕様も評判が高く、ミドルクラスSUVのなかでも存在感を増している

■新型フォレスターが絶好調で納期は2019年4月以降に

 2018年6月下旬にフルモデルチェンジした新型フォレスターが、引き続き好調な販売推移を見せています。これによって、2018年12月上旬現在の納期は3月上旬ですが、2019年に入ると4月以降にずれ込む状況になっています。

 また、発売当初は2Lのe-BOXERエンジンを搭載したグレードの「アドバンス」の受注構成比は40%でしたが、これが直近では60%に跳ね上がり、納期がより長期化する傾向が強くなっています。それでもスバルとしては、増産を控え、しばらく様子を見ることにしており、納期の長期化はもう少し続きそうな状況が伺えます。

■次期型タントに派生モデル設定か?

 ダイハツは2019年中にも投入する次期型タントに派生モデルを設定する方向で開発を進めている模様です。

 ライバルのホンダN-BOXに「スラッシュ」、スズキスペーシアに「ギア」を設定していることに対抗させる狙いがあるようなのです。

 どのようなコンセプトになるのか明らかになっていませんが、最もニーズの高い「スペーシア・ギア」のようなSUV色の強い仕様になる可能性が高いです。

 次期型タントは新開発プラットフォームによってクラス最大の居住空間や安全性の大幅向上を実現し、EV走行可能なフルハイブリッドを採用するなど、強力なウリが盛りだくさんになることから、その派生モデルは次期型の投入後1〜2年後の発売に先送りされる可能性もあります。

2019年内に発売が予想される新型タント(本誌予想CG)。登録車を含む2018年の暦年販売台数トップがホンダN-BOX、2位がスズキスペーシア。そうしたライバルに追いつき追い越すため、ダイハツタントは商品力を高めてデビュー予定

■新型デリカD:5ディーゼル車の人気は高いか? それとも今一歩か?

 2019年2月に発売するビッグマイナーチェンジしたデリカD:5のディーゼル車は2018年11月下旬から事前の予約受付を開始しています。

 その予約状況は、首都圏にある三菱自動車の販売店によると「滑り出しは好評か不評かの判断が難しい状況にある」といいます。フロントマスクは個性が強く、好き嫌いが明確に分かれているようなのです。また、従来モデルに比べると価格が約40万円もアップして、高過ぎるといった声も強くあります。

 マイチェンした新型の走りは2.2Lクリーンディーゼルと、ATが6速から8速に切り替わったことで、パワフルかつ静かでなめらかといったことがウリになっています。そのため発売後は、試乗を通じて売り込みの強化を進める方針です。

2018年末にデザインが公開されたビッグマイチェン版デリカD:5。正式発表発売は2019年2月を予定

■レクサスUXの売れゆきが好調にスタート

 2018年11月27日に発売したコンパクトSUVであるレクサスUXが好調な販売推移を見せています。

 2018年12月上旬現在の納期はガソリン車が2019年の2月末、ハイブリッド車が3月で、ハイブリッド車のうち人気色であるスーパーホワイトの車両の納期は5月となっているのです。人気モデルであるハイブリッド車の受注構成比は70%に達しています。

レクサスのラインアップのなかでも最も多い販売台数が見込めるUX。プラットフォームはトヨタC-HRと共通するが、乗ればわかるがまったくの別物。搭載される2Lハイブリッドユニットも評判高し

 発売当初に設定された月販目標台数は900台ですが、発売1カ月前から行われた事前予約の台数はこの6倍にあたる5500台であり、好調な滑り出しを見せています。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ