新型BMW 3シリーズ 日本仕様正式発表!!! ディーゼルは年内追加

スポーツセダンの本命、新型 BMW 3シリーズの日本仕様がついに正式発表! 通算7代目となる新型の日本発表会が1月30日に都内で開かれ、同日先行受注をスタート。3月9日からいよいよ発売開始となる。

発表会檀上では「日本では(国産の)セダン市場が縮小しているなか、その代替で(3シリーズを)買い求めるユーザーも多い」というコメントも聞かれたが、調べてみると2012年登場の現モデルは、2013年に年間1万8739台、新型登場を控えた2018年でも年間7997台を日本で売り上げている。

「最近、魅力的な国産スポーツセダンも少ないし……」という日本のユーザーの叫びを物語るような数字だが、今や日本で買える正統派スポーツセダンの筆頭候補となった3シリーズは新型でどのような進化を遂げたのか? 明らかになった日本仕様のバリエーション、価格などを詳しくレポートしたい。

文:ベストカー Web編集部
写真:奥隅圭之


注目の日本仕様は2Lガソリンターボのみでスタート

写真左手が330i Mスポーツで右が320i。ともに2Lガソリンターボエンジンながら、出力が異なる2つの仕様が用意されている

330iの2Lターボエンジンは従来型から改良が施され、スペック面でも6ps/5.1kgm向上。最高出力は258ps/5000rpm、最大トルクは40.8kgmとなっている

新型の紹介をする前に、まずは従来型のバリエーションをざっと振り返っておきたい。従来型3シリーズの日本仕様は、1.5Lと2Lのガソリンターボ、そして2Lのディーゼルターボという3種類のエンジンを軸に、直列6気筒ターボエンジンを搭載した「340i」などもラインナップしていた。

このうち注目の新型は、まず2L直列4気筒ガソリンターボエンジンモデルのみを先行導入。高出力版の「330i」と、それより若干出力が控えめな「320i」というパワーが違う2種類のエンジン仕様に応じてグレードを設定している。

なかでも注目は海外仕様にない「320i」の方。現時点では日本専用という同モデルの最高出力は184ps、最大トルク300Nmというパワー&トルクで、「330i」のそれより74ps、100Nmほど低いスペックながら、欧州より平均速度が低い日本の道路環境を考慮し、いち早く日本だけに先行導入されたモデル。「330i」より安価な価格設定(後述)もポイントだ。

さて、取り回しやすさも左右する注目のサイズは全長が4715mm、全幅は1825mmと従来型比でそれぞれ拡大。55kgの軽量化やホイールベースの拡大と合わせて、走りと居住性の向上が期待できる半面、1800mmちょうどだった全幅の拡大には「(僅か25mmとはいえ)3シリーズも大柄になったなぁ」というのが正直な印象だ。

そして、新型の大きなトピックとして予防安全性能も強化されている。自動ブレーキなどに用いる3眼カメラシステムはBMWの日本販売モデルとして初採用。これによって、従来以上に長距離の危険予測やワイドな視野角度での危険予測も可能になるという。

気になる価格と売れ筋グレードは?

新型BMW 3シリーズのスリーサイズは、全長×全幅×全高:4715×1825×1430mm

さて、注目の価格はどうか? グレード構成は下から順に「320i SE」、「320iスタンダード」、「320i Mスポーツ」、そして「330i Mスポーツ」の全部で4つ。

唯一の400万円台グレードとなる「320i SE」は、緊急自動ブレーキや先行車追従型のクルコン(ACC)などが装備されず、しかも受注生産モデルのため、実質的なスタートグレードはその上の「320i スタンダード」からといったイメージ。

そして、BMWが売れ筋と目論むのが「320i Mスポーツ」だ。BMWジャパンによると「従来型では最も売れ筋だった」という同グレードは、先述の自動ブレーキやACCはもちろん、標準車と比べて10mmローダウン+ハードなダンパーセッティングの「M スポーツ・サスペンション」やクロスレシオ化された8速スポーツATなども標準装備する“本命グレード”。

それでいて価格は従来型の320i Mスポーツと据え置きの583万円に設定したというが、この価格は、モデルとしては古くなってしまったレクサス IS300hのFスポーツ(569万4000円)やアウディ A4の2.0 TFSIスポーツ(556万円)、ベンツC200アバンギャルド(552万円)あたりとバッティングする価格。

ややキャラは異なるものの、国産セダンではクラウンやスカイラインの最上級グレードを狙っているユーザーにとっても視野に入る。BMWとしても“ギリギリ500万円台以内の価格”は日本市場を見据えて意識的に設定したようだ。

■新型 BMW 3シリーズのグレードと価格

・320i SE/452万円 ※受注生産
・320i スタンダード/523万円
・320i Mスポーツ/583万円
・330i Mスポーツ/632万円

どのモデルが買い? ディーゼルの追加はいつ?

330i Mスポーツのリアスタイル。現行型比で-10mmの低重心化が図られ、スポーティセダンの佇まいをもつ“らしい”スタイルだ

となれば、どのモデルが買いなのか? コストパフォーマンスを重視したいユーザーにとって第一の選択肢となるのは「320i スタンダード」。もう少し予算に余裕があり、外観や足回り含めBMWらしいスポーティさを重視したいなら筆頭候補は「320i Mスポーツ」だろう。また、『よりパワフルなモデルを』というなら600万円台に突入する「330i Mスポーツ」もある。ただ、「320i スタンダード」でも先述のように安全装備を含めた必須装備はきちんと揃っている。

できる限りコストを抑えたいというユーザーには「320i SE」もあるにはあるが、自動ブレーキはオプションでも付けられないし、内外装含め装備はかなり簡素。受注生産なので納期もかなり長くなるであろうことを考えても、現実的な選択肢ではなさそう。

さて、ここまで紹介したのは初期導入されるモデルについてだが、気になるのは“今後”。

BMW 3シリーズは、従来型もディーゼルエンジンモデルなどを後から追加して徐々に日本仕様のバリエーションを増やしてきた。そこで、海外仕様にあるディーゼル車は日本に来るのか? BMWに聞くと「日本でもやはり需要があるので、そう遠くない時期に導入できると思っていただければ」とのことで日本導入は確実。年内にも導入される予定だ。

もうひとつ、海外にある仕様として、3L直列6気筒ターボエンジンを積む「340i」も気になる存在だが、こちらも今年中に日本導入される見込み。パワフルなモデルを求めるユーザーはこちらを待つという選択肢もある。

いやはや「3シリーズも随分と立派になったなぁ」と新型を見るとつくづく思わされる。走りも含めた性能や完成度は間違いなく立派になっているし、日本で買えるスポーツセダンとしては恐らく第一の有力候補となるだろう。同時に(価格や車格も)立派になってしまったなぁと感じるのも事実。

そういう声もあるからこそ、従来型では後から1.5Lターボエンジンの「318i」(469万円)を追加したのだろうし、新型でも確実に追加されるであろうワゴンの「ツーリング」系と合わせて、今後のバリエーションの拡大も楽しみに待ちたい。

■新型 BMW 320i Mスポーツ【日本仕様】

全長:4715mm(+70mm)
全幅:1825mm(+25mm)
全高:1430mm
ホイールベース:2850mm(+40mm)
車重:1560kg(-20kg)
エンジン:直列4気筒ターボ、1998cc
最高出力:184ps/5000rpm
最大トルク:30.6kgm/1350-4000rpm(+3.1kgm)
価格:583万円

※()内は従来型320i Mスポーツとの比較

スポーツシートを採用した330i Mスポーツの内装

ホイールベース拡大の恩恵でレッグスペースまわりの広さも期待できるリアシート

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ