価格は700万円台?? ミドシップ化は60年前からの悲願?? 新型コルベットの温故知新

 スポーツカーが寂しい時代ではあるものの、やはり速さ、そして運転する楽しさの追及はクルマの進化で欠かせない部分だ。

 アメリカが誇るスポーツカー「コルベット」は古き佳き時代を残すFRスポーツだった。「だった」というのはなんと新型がミドシップへと変革を遂げたから。

 そしてデザインがとにかくかっこいい!! まだまだ日本導入は先になりそうだが、新型コルベットの全貌をお届けしよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:Chevrolet


■初のミドシップでも研究に60年を費やした自信作

 1954年の初代コルベット(C1)から数えること8代目。C8となった新型コルベットは60年以上にわたり守り続けたFRレイアウトからの脱却を図った。

 かと言って60年も守ってきたことを「そろそろやめよっか」とはならぬもので、アメリカを代表するスポーツカーとしての歴史を鑑みるとこの決断は大きな勇気が必要だったに違いない。

 「ミドシップにしてから変わっちゃったね」と言われないために、相当に力を入れて開発を進めたのは確実だ。

デザインを見ればまるでフェラーリのようだが、フロント先端部など要所要所にコルベットの特徴が散らばっている

 もちろん急な思い付きでミドシップのコルベットを開発したわけではない。あまり知られていないことだがシボレーは60年にわたりミドシップを研究している。

 「CERV(Chevrolet Engineering Research Vehicle)」と名付けられた研究車両たちがその歴史だ。

 1960年に製造されたCERV Iは葉巻型のフォーミュラカーのようなスタイル。ミドシップにはすでにV8エンジンを搭載していた。

 途中CERV IIを経てCERV IIIでは5.7LのV8ツインターボをミドシップに搭載している。このCERV IIIこそ新型コルベットの基礎を築いたクルマとも言えそうだ。

 つまるところ、決してコルベットはいきなりミドシップになったわけでもなくその基礎研究はコルベットの歴史とほぼ同じ期間、並行して行われてきたということ。

これがミドシップコルベットの原型ともいえるCERV III。V8ツインターボをミドに搭載し、4WD、そして4WSを採用していた画期的なモデルだった。ジャガーXJ220に似ているスタイリングだ

 もうひとつ安心材料があるとすればエンジンだろう。伝統あるV8大排気量エンジンが引き続き採用される。

 ”LT2″と呼ばれる6.2LのV型8気筒NAエンジンは基本的には現行型をベースにしたものだろう。現段階ではスーパーチャージャー仕様の発表はない。

 パワーも495hp、トルク637Nmというとんでもないスペック。 またオイルの循環は先代から採用されていたドライサンプで、コーナリング時のオイルの片寄りの低減も図られる。

ミドに搭載されるV8エンジン。ご覧のとおりの直噴エンジン。今後スーパーチャージャーをはじめとした過給機の設定はあるのだろうか?

 0-60マイル(0-96km/h)加速は3秒以下との公式発表もありその俊足ぶりは間違いなさそうだ。

 またトランスミッションは8速DCTが搭載されると発表された。いよいよコルベットにもDCTの波が押し寄せた感もあるのだが、まだまだ北米をはじめ3ペダル人気は高い。

 現行型のような3ペダルMT(※現行型は7MT)の設定は期待したいところ。

これまで標準車ではウィングの設定はしてこなかったコルベットだが、新型は小ぶりながらしっかりしたウィングを備える。サイドビューは美しい

■デザインはF22ラプターがベースってどういうこと??

 シボレーによる新型コルベットのプレスリリースにおもしろい一文があった。 デザインについての解説だ。

True to its aeronautical and racing roots, the 2020 Stingray’s canopy-forward stance was inspired by F22s, F35s and other modern fighter jets and Formula One racing

 キャノピーをより前方に位置したデザインは航空力学やモータースポーツをルーツに持ち、F22、F35、そしてF1からインスパイアされたという。

フロントウィンドウの張り出し感は最新鋭戦闘機をイメージしたとのこと。サイドから見てもスタイリングはかっこよく見える!!

 F1だけならよくある表現だが、そこにF22やF35など最新鋭の戦闘機を比喩表現に持ってくるのはなんともアメリカらしい。

 また実用性の高さについても、新型コルベットは多くの点で「普段使い」ができるスーパーカーになっているようだ。

 トランクが特に凄くて驚愕の356.8Lの容量を誇る。ゴルフバック2セットを飲み込む収納は我慢が不要な2シーターになりそう。

ゴルフバックを楽々と飲み込むトランクスペース。初代NSXもゴルフバックを積載できるってのが話題だった

 さらに嬉しいのが右ハンドルの設定が公になったこと。これまで左ハンドルのみが導入されてきたコルベットに、ついに右ハンドルが導入される。

 生産は2019年下旬からスタートするとのことで、今後の日本導入が待ち遠しい!!  気になる価格だが海外の情報では6万ドル程度(約647万円)からの設定という情報もある。

 日本市場では現行型が1200万円台という価格ということを考えるとなかなか700万円台でも厳しい値付けかもしれないが、価格の正式発表が待ち遠しい。

【新型コルベット スティングレースペック】
・エンジン=V8 6.2L
・出力/トルク=495hp/637Nm
・ミッション=8速DCT
・全長×全幅×全高=4630×1934×1234mm
・ホイールベース=2722mm
・重量(乾燥重量)=1530kg
・タイヤサイズ=前245/35ZR19 後305/30ZR20(ミシュランパイロットスポーツALS)
・最小回転径11.6m

コクピットは斬新だ。助手席側にズラッと縦に並んだスイッチは空調系のもの。ディスプレイなどはドライバーよりにオフセットされている

■現行型有終の美?? 1200psの史上最強コルベット登場

(ベストカー2019年7月26日号)

 新型コルベットの話題で盛り上がっているものの、現行型シボレーコルベット(C7)もまだまだアツい。

 なんと歴代最強となる1216psものパワーを発揮するフルチューンエンジンを搭載した「HPE1200」がこのほど、正式に発表された。

HPEが開発した1200psの現行コルベット。もちろんチューニングカーだが、その完成度は多くのセレブリティも認めるほど

 このマシンを手がけたのは、圧倒的なパフォーマンスのチューンドコンプリートカーを次々に生み出し続けている米国の有名チューナー、「ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社」(HPE社)だ。

 同社はこれまで850ps版の「HPE850」、1000ps版の「HPE1000」をリリースしているが、今回はその最強チューニングプログラムとして登場する。

 HPE1200は、ノーマルのコルベットZR─1が搭載するLT5エンジン(V8、6.2L SC)の排気量を7Lまでアップして専用チューニングを実施。

 ノーマルの最高出力766ps/最大トルク96.8kgmから1216ps/147.5kgmまで向上させているというのだからたまらない。

 トランスミッションについてはノーマルが採用している7速MTと8速ATのままなのだが、同社の予測スペックによれば0〜100㎞/h加速はなんとブガッティシロンよりも速い2.2秒。

 当然新型コルベットもお呼びでない状況。そして最高速は370km/h以上。もはや新幹線より速いハイパーカーだ。

やる気満々のリアスタイル。1200psと聞けばウィングもただの飾りではないことはすぐわかる

 そのいっぽうで、HPE社の保証(3年間で走行距離3万6000マイル=約5万7600km)がつくというのも特筆ものだ。

 ただ、残念ながらシボレーの公式保証は対象外になってしまうのだという。まあ、これだけハイスペックなチューニングエンジンにHPE社の保証がつくというだけでも充分な気はするが……。

 気になる価格は顧客以外には非公開とのこと。うーん、きっと高い。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ