新型カローラトレック電撃発表!! 日本導入はあるか!?

 カローラのワゴンにトレンドのクロスオーバー仕様が誕生!

 2019年9月25日、欧州でトヨタが新型カローラトレックを発表。国内仕様は初の3ナンバーモデルとなり話題の新型カローラに、欧州では早くもクロスオーバー仕様となる派生モデルが追加された。

 スバルのXVやアウトバックなど、ハッチバックやワゴンをベースとしたクロスオーバーは、トレンドのモデル。

 流行りのジャンルに新顔として登場するカローラトレックは、名実ともに人気モデルとなり得るのか? 日本導入の可能性と合わせて解説したい。

文:永田恵一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】普通のワゴンからあか抜けた!? 新型カローラトレックの内外装


流行りのクロスオーバー風! カローラトレックの特徴は?

欧州仕様のカローラツーリングスポーツをベースに、最低地上高をアップ。フェンダーアーチにギミックを追加するなどクロスオーバー化されたカローラトレック

 まず強調したいのは、カローラトレックは独立したボディではなく、現状、欧州で販売されるカローラツーリングスポーツに追加された1グレードであるという点。

 この点を踏まえてカローラトレックを紹介していくと、カローラツーリングスポーツに対する違いは、最低地上高の20mmアップ(135mmから155mm)、エクステリアでは前後バンパー下部の樹脂製ガード、フェンダーの黒い樹脂製のオーバーライダー、サイドシルの樹脂製ガードの追加など。

 インテリアはシート生地の若干の変更程度で、同じ乗用車とクロスオーバーでも、スバル インプレッサスポーツとXVほどの違いはないというのが率直な印象だ。

 例えるならトヨタのアクアに設定されるクロスオーバーと標準車と同等の違いといったところだろうか。

日本仕様のカローラツーリングに対して、全長は155mm、全幅は45mm拡大されている欧州仕様のカローラツーリングスポーツ

 なお、カローラトレックのボディサイズは、各部のパーツ追加などにより全長4670mm×全幅1805mm×1455mmと若干拡大している。

(カローラツーリングスポーツは全長4650mm×全幅1790mm×1435mm)

 設定されるパワートレーンは1.2L・直列4気筒ターボ、1.8Lハイブリッド、2Lハイブリッドの3種類。

 ハイブリッドは前者が日本のカローラツーリングやプリウスと共通、後者はレクサスUX250hと共通で、駆動方式はトレックを含めカローラツーリングスポーツはFF(前輪駆動)のみとなっている。

 予防安全装備、運転支援システムに関しては最新版のトヨタセーフティセンスが付くため、日本のカローラツーリングと同等だ。

カローラトレックの日本導入はあるのか?

新型カローラトレックのリアスタイル

 この2年くらいの中期的な期間で見ても、日本導入の可能性は充分あると思う。

 理由は2つで、1つは日本車においてミドルクラスのクロスオーバーは、スバル XVの独占状態となっており、この市場をスバルの一人勝ちにするのはトヨタとして悔しいところだろうという点。

 (その割にトヨタも含め、スバル以外からミドルクラス以上のクロスオーバーが出なかったことはやや不可解だ)

写真はクロスオーバーワゴンの先駆けともいえるスプリンターカリブ。2002年に生産終了となった

 2つ目は、トヨタのラインナップを見ると、ボディが小さめのミドルクラスSUVはC-HRしかなく、C-HRはSUVと言いながら乗用車方向に車の性格を相当振っていること。

 そして、クーペルックなことなど、登場から約3年経った今も充分売れているにせよ、万人向けの車とは言いにくい点が挙げられる。

 そこにカローラトレックが投入されれば、機能はさほど変わらず実用的ということで、それなりに台数も見込めるのではないだろうか。

日本導入なら期待したい「3つの要素」

写真は日本仕様のカローラツーリング。欧州仕様よりひとまわりコンパクトなボディが特長。この日本仕様をベースとしたカローラトレックであれば国内でのニーズもより高まる

 カローラトレックを日本でも販売するのであれば、カローラツーリングと同様の日本専用ボディをベースにすることに加え、3つほど手を加えてほしいと思う。

 最も大きな点は、最低地上高の拡大だ。欧州仕様カローラトレックの155mmでは「乗用車に毛が生えた程度」というのが率直な印象だ。

 近年、日本は首都圏でも大雪が毎年のように降ることもあり、深い雪への対応やクロスオーバーの隠れたメリットとなっている乗り降りのしやすさとSUVのような見晴らしの良さも欲しいことを考えると、最低地上高は180mmくらいあると嬉しい。

(※スバル XVの最低地上高は200mm)

 2つ目は4WDの設定で、RAV4が使っている最新版のシステムであれば素晴らしい。

 3つ目にシートやラゲッジスペースを水や汚れに強いものにして、ガシガシ使える雰囲気が欲しい。

 もし、カローラトレックが日本導入され、このあたりもカローラツーリング同様に日本向けに手を加えてくれると、最近のトヨタの勢いやハズレのなさも含め、堅実な戦力になってくれそうな予感がする。

【画像ギャラリー】普通のワゴンからあか抜けた!? 新型カローラトレックの内外装

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ