【キックスも来年6月発売へ!!】東京モーターショー未出展の大物新車 5選

「東京モーターショー 2019」が閉幕してから早3週間。同ショーではホンダの新型フィットが世界初公開され、2020年2月の発売を発表。ほかの出展車でも、新型レヴォーグプロトタイプやハスラーコンセプトなどがデビューを控えている。

 東京モーターショー出展→1年以内に発売というパターンは、いわば新車投入の“王道”。しかし! モーターショーに出なくとも、着々とデビューに向けて準備が進められている新車もある。

 なかでも特に注目度の高い「モーターショーに出なかった大物新車」の最新情報を、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説。2020年から2021年にかけて、大物新車投入の動きが加速しそうだ。

文:遠藤徹
CG/写真:編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】続々新型登場!! 注目新車 5選の現行モデルはこちら!


ジューク後継! キックスは来年6月登場へ

日産 キックス(海外仕様)。日本ではジュークが生産終了となり、その実質的な後継モデルとしてキックスが導入される

 日産 キックスは、ジュークの後継モデルにあたるコンパクトクロスオーバーSUVであり、2020年6月頃のデビューが有力となっている。

 現行ジュークは、このほど2019年末で生産中止を傘下日産店に通達した模様だ。

 新しいネーミングを与えるのは大幅な路線変更を意味する。ジュークが個性的で尖ったデザインを採用したことで、発売当初は売れ行き好調だったが、短期間で飽きられ、後発のライバル他社に大きく水をあけられる結果となった。

 新型キックスは、その反省のもとに、シンプルでオーソドックスなクロスオーバーボディシェルを採用するはず。正式な日本バージョンのスペックはまだ明らかになっていないが、ボディサイズは全長4350mm、全幅1790mm、全高1650mm程度が予想される。

 ジュークよりも若干サイズアップし、同クラスの人気モデルであるトヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルに近いレイアウトを採用しているはず。

 パワーユニットはガソリン1.5L、1.6リッターターボ、そして目玉となるe-POWERを搭載する。

 このe-POWERはノート、セレナに積んでいるユニットを大幅に改良、発電用の1.2Lエンジンは専用に開発、静粛性を向上、EVユニットも性能アップさせ、現行の極端なエンジンブレーキもリーズナブルな制御を行なうべく改良している。

 1.5LはFFのみで他はFF、4WDとの組み合わせで設定、駆動方式は改良型CVTを採用する。これによって月販5000台以上の量販戦略モデルに仕立てる構えである。

新型ノートはやや遅れて21年にも登場

現行型は2012年登場と、すでに7年が経過する人気車、ノート。次期型(予想CG)はプラットフォームなども刷新するフルモデルチェンジとなる見込み

 日産の次期型ノートは2021年9月頃登場する見通し。

 現行モデルの発売が2012年8月28日であるから、実に9年ぶりの世代交代となる。現行モデルがヒット作であるから、エクステリアデザインは大きく変えない。全幅1695mmの5ナンバーサイズも引き継がれる。

 ただ、中身は新開発のプラットフォーム、クオリティアップ、使い勝手の向上、軽量化による燃費、走行性能の向上が図られる。安全対策も最新のデバイスを採用する。

 パワーユニットは、改良型3気筒1.2Lガソリン、同スーパーチャージャー、e-POWERを搭載する。

 このe-POWERはキックス用と基本的に同じ新開発バージョンとなる。スーパーチャージャーはFFのみだが、他は4WD車も設定する。

 自動運転支援デバイスのプロパイロットも進化させて標準装備車を設定する。これによってフィット、ヤリスと共に登録車のトップセラー争いに参戦することになる。

マツダ6も新型へ着々! 目玉は新SKYACTIV??

マイナーチェンジでアテンザから車名変更されたマツダ6。新型(予想CG)は予想より遅れていたが、いよいよ2020年にもデビューの方向で開発が進められている

 マツダ6は2020年7月頃の世代交代が予想される。次期型はキープコンセプトでセダン&ステーションワゴンの2シリーズ構成は継承される。

 パワーユニットはガソリンが2L、2.5L、2.5Lターボ、ディーゼルは2.5Lを搭載。FFはこれらすべてに設定、4WDはディーゼルのみのラインアップ。

 開発中で同時にデビューしそうなのは「SKYACTIV-X 2.5L」である。

 現行2.5Lとは別物の新開発ユニットでSKYACTIV-Xにベストマッチングのボア&ストロークを採用し、16という高圧縮比と希薄燃焼、モーターアシストユニットを組み合わせてさらなるハイレベルの自然圧縮着火によって低燃費&高性能の高度な両立を実現する。

 現行2Lよりもさらにポテンシャルアップを図っている。

新型ヴェゼルもNEWフィットベースで来年末発売へ

フィットに続き、ヴェゼルの新型(予想CG)もスタンバイ! デザインはまだ流動的ながら、新型フィットベースで来年末の登場が濃厚だ

 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」は、2020年12月下旬にもビッグチェンジする。

 次期型はキープコンセプトでボディサイズもほぼ継続する。新型フィット同様に新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用する。

 パワーユニットは、1.5Lガソリン、1.5Lハイブリッド、1.5Lターボを搭載。ハイブリッドは現行の1モーター&2クラッチ方式から2モーター&リチウムイオンバッテリーとの組み合わせに変更し、高性能&低燃費の両立にさらなる進化を施す。

 駆動方式との組み合わせは、FFがすべてのパワーユニットに設定、4WDは1.5Lガソリン、ハイブリッドをラインアップ。

 トランスミッションはガソリン、ターボがCVT、ハイブリッドは電気式CVTを採用。安全パッケージの「ホンダセンシング」は最新のデバイスをパッケージングに組み込む。

 この他、従来のクロスオーバーSUV仕立てやラフロード4WD色の強い別シリーズを設定する可能性もある。

 フロントマスクにメッキメタル板を組み込んだ、ワイルドな大型グリルデザインを採用。足回りを強化し、大径タイヤを履かせラフロード走破性を強化している。1.5ターボと4WDとの組み合わせによるチューンで仕立てる。

レクサスISは来年マイチェン&新型は翌年見通し

レクサス ISは2020年にビッグマイナーチェンジで競争力維持を図るとともに、新型も平行して開発を進める

 レクサスISは2020年6月頃にビッグマイナーチェンジが行われ、フルモデルチェンジによる世代交代は1年後の2021年中盤になる見通しとなっている。

 フロントマスクは最近のレクサス新型車にならい、大型スピンドルグリルなどを採用し、一段とプレミアム感を強調した顔立ちとする。パワーユニットの変更はない。

 ビッグマイナーチェンジでは内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラー設定、安全対策強化などが行われる。

 安心パッケージのレクサス版も最新の進化デバイスを採用する。

【画像ギャラリー】続々新型登場!! 注目新車 5選の現行モデルはこちら!

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ