【登場秒読み!! 元祖スタイリッシュSUV】新型ハリアー2020年5月登場!!

 トヨタのSUVであるハリアーは、初代モデルが1997年にデビューして現行モデルが3代目となる。初代はセンセーショナルを巻き起こし大ヒットした日本のSUVブームの火付け役ともいえる。

 初代、2代目、3代目とも共通しているのは都会的でスタイリッシュなキャラクターで、それは次期型でも踏襲されるという。

 現行モデルのデビューは2013年で、次期型の情報もいろいろ入ってきているなか、ここでは遠藤徹氏が独自ルートで入手した次期型情報に加え、販売現場の声も交えながら次期型ハリアーの最新情報をお届けする。

文:遠藤徹/写真:TOYOTA、平野学、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】人気SUVに君臨する歴代ハリアー


消滅の噂を跳ねのけて新型登場

現行ハリアーは2013年にデビュー。ボディサイズは全長4725×全幅1835×全高1690mmでホイルベースは2660mm。2LのNA&ターボ、2.5Lハイブリッドの設定

 トヨタのアッパーミディアムクロスオーバーSUVである「ハリアー」が2020年5月のゴールデンウイーク明けにもフルモデルチェンジしてデビューすることが確定的となった。

 現行モデルの登場が2013年11月13日であるから、6年半ぶりの世代交代となる。

 2019年4月10日、新型RAV4の投入でミディアムクラスのコンセプト分けが難しくなったこともあり、次期型ハリアーは存在しないという噂もあった。

 しかし次期型ハリアーはサイズ&クォリティアップし上級シフトし、ハイオーナークロスオーバーSUVとしてFFベースモデルの最高峰に君臨する。

スタイリッシュSUVのコンセプトは継承

フロントマスクは原稿よりさらにシャープな印象に仕上げられると予想。ハニカムグリルのほかに横桟グリルでスポーティ感を演出する可能性もある

 現行モデルのボディシェルは曲面フォルムのスポーティ&スタイリッシュなクーペ感覚のシルエットで仕立てられているが、この路線は基本的には引き継がれる。

 ただフロントマスクはガラリと変わる。現行シリーズは比較的オーソドックスで横型メッキグリルと横長6灯式異形ヘッドライトと大型台形ハニカムアンダーグリルとの組み合わせだが、こうしたデザインではなく、最近のトヨタ車の顔のトレンドともいえる、より大型のハニカムグリルで押し出しの強さをアピールする。

 人気の高いGRスポーツのデザインを一部取り入れた顔つきに近い印象ともいえそう。

3列7人乗りの設定の可能性大

 プラットフォームは新世代トヨタのクルマづくりを盛り込んだ「TNGA」を採用。

 ボディサイズは全長4880×全幅1875×全高1650mm程度になると予想され、現行よりもサイズアップするはず。全長を150mm程度伸ばすのは3列シート7人乗りを設定するのを考慮してのことと思われる。

ハリアーはスタイリッシュなエクステリア以上にクォリティの高いインテリアの満足度が高いという。次期型のインテリアはさらに質感アップが図られるはず

 当然のことながら主軸2列シート5人乗りも用意する。3列シート7人乗りは多人数乗車の利便性だけでなく、3列目シートを倒すことで、広い荷室スペースが確保でき、レジャー用品、カサモノを積載でき、海や山、キャンプ場などの出かけるのに便利といった配慮もある。こちらは遅れて追加するかたちを取る可能性もある。

 ホイールベースは50mm程度延長し、走行性と居住性の向上を図る。パワーユニットは2Lターボ、2.5Lガソリン、2.5LハイブリッドでそれぞれFF、4WDを設定。

現行ハリアーは2.5Lハイブリッドは4WDの設定しかない。ユーザーはFFのハイブリッドが欲しくても買うことができない。次期型ではFFのハイブリッドを設定する

RAV4とは差別化

 トランスミッションはターボが6AT、2.5LガソリンとハイブリッドはCVTとの組み合わせとなる。

 現行ユニットに比べると2Lガソリンの代わりに2.5Lを設定、2.5Lハイブリッドは4WDのみだったのがFFもラインアップする。

現行ハリアーは2017年6月のマイナーチェンジで2Lターボエンジンが追加された。次期型モデルにもこの2Lターボエンジンは搭載される

 現行シリーズではFFの2Lが販売の中心だったが、FFの2.5Lガソリン&2.5Lハイブリッドをメインに売るように上級シフトさせる。

 RAV4が4WD中心のラフロード志向のラインアップに対して新型ハリアーはFFメインでシティ走行を意識したコンセプトで仕立てるのは従来どおりといえる。

RAV4は2019年4月に販売を開始し販売絶好調。オフロードを堪能できるポテンシャルの高い4WDも好評だ。次期型ハリアーはこの路線は追求せず

全店扱いの新型車のトップバッター!?

 安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」はアルファード&クラウン並みないしはプラスαのデバイスを装備した最新の進化バージョンを標準装備する。

 オリジナル用品を装着したりするカスタムバージョンの「TRD」、「モデリスタ」バージョンも新しい装備とデザインを同時にデビューする。

 現行モデルにも設定されているスポーツバージョンの「GRスポーツ」は約1年後の発売となる見込みである。

現行ハリアーは2017年9月にGRスポーツを追加。大胆な大型ハニカムグリルを装着しノーマルモデルと差別化。新型はデビュー後約1年で追加されると思われる

 月販目標は安定期に3000台、スタートダッシュでは5000台規模に拡大する見通しだ。

 現行モデルは全国規模ではトヨペット店の専売であるが、次期型からは全系列店扱いになる。2020年5月からは全トヨタ車が同様になるので、新型ハリアーはこれにタイミングを合わせるように万全の態勢でデビューすることになる。

証言1:トヨタモビリティ東京営業担当者

 現行ハリアーは新型RAV4の登場以降、販売が頭打ち傾向にあった。搭載しているエンジンがほぼ同じなのに価格が20万円以上も安い。

 RAV4は2.5Lハイブリッドが2WD、4WDのどちらも選べるのに、ハリアーは4WDのみだから2WDのハイブリッドが欲しいお客さんはRAV4に代替えすることになる。

現在クーペタイプのSUVの人気が高いが、次期型ハリアーの登場でさらにヒートアップすること確実だ。リアピラーは現行よりも傾斜がきつくされるはず

 新型ハリアーではおそらくどちらも選べるようになるはずだから、高級感やクオリティを重んじるユーザーにとっては新型ハリアーを選ぶことになるはずだ。

 ラフロード走行を意識したお客さんは引き続きRAV4志向だが、クオリティ&シティ走行重視派は2WDの新型ハリアーに代替えするようになるので、今後はどちらにするか迷うことはなくなると予想している。

証言2:首都圏トヨペット店営業担当者

 これまでハリアーはトヨペット店の専売モデルだったから、RAV4を意識することはなかった。ただ2020年5月からは新型ハリアーが発売になると同時にRAV4も扱うようになるので、売り分けを考える必要が生じてくる。

 4WD中心に売り込むのはオフロードにも強い4WD、新型ハリアーは上級&ハイクオリティでシティ走行を重視した2WD派に選んでもらいたいといった売り方になると思う。

 これまで2Lガソリン車が売れ筋だったが、新型ではFFの2.5Lハイブリッドがメインの売れ筋とクォリティアップ志向になると思う。ただRAV4は来夏にはPHVが加わるので、こちらは新型ハリアーよりも高くなる可能性がある。

初代から一貫している都会的でスタイリッシュなSUVというコンセプトは次期型モデルにも踏襲される。クォリティアップによりライバルは輸入車SUVがメインとなる

【画像ギャラリー】人気SUVに君臨する歴代ハリアー

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ